桜平から根石岳、東天狗、西天狗岳ピストン

2018.08.05(日) 05:52 - 2018.08.05(日) 13:28
前回麦草峠から歩いて途中であきらめた天狗岳。唐沢鉱泉からは行ったことがあるので、今回は桜平から登ってみました。 今回も快晴! 見たかった天狗岳から根石岳への稜線が綺麗に見れて満足でした。 唐沢鉱泉からよりも、桜平からの方が大きな段差がないので歩きやすいかな。

写真

いつも通り、深夜到着。
寝る前に星空撮影の練習をしてみました。
一番明るく赤く光っているのは、多分火星だと思います。

いつも通り、深夜到着。 寝る前に星空撮影の練習をしてみました。 一番明るく赤く光っているのは、多分火星だと思います。

真ん中あたりの線状の光は、たぶん流れ星です。
シャッタースピードを25秒くらい開いていたので、拡大すると全部の光がちょっとだけ縦長です。
やっぱりもう少し明るいレンズが必要か…

真ん中あたりの線状の光は、たぶん流れ星です。 シャッタースピードを25秒くらい開いていたので、拡大すると全部の光がちょっとだけ縦長です。 やっぱりもう少し明るいレンズが必要か…

駐車場の木に生えていた苔。

駐車場の木に生えていた苔。

上の駐車場です。

上の駐車場です。

今回は根石岳から東天狗、西天狗に行きます。

今回は根石岳から東天狗、西天狗に行きます。

ゲートの横を通ってスタートです。

ゲートの横を通ってスタートです。

コンクリートに動物の足跡。

コンクリートに動物の足跡。

砂防ダムがだいぶ完成してきましたね。

砂防ダムがだいぶ完成してきましたね。

夏沢鉱泉です。
登山届はここで出していきます。

夏沢鉱泉です。 登山届はここで出していきます。

夏沢の流れって何?

夏沢の流れって何?

ホタルブクロにミツバチが入っていきました。

ホタルブクロにミツバチが入っていきました。

朝日が射してきた。

朝日が射してきた。

苔が輝いています。

苔が輝いています。

草の夜露もきれい。

草の夜露もきれい。

早朝にお風呂を沸かしているんですね。

早朝にお風呂を沸かしているんですね。

オーレン小屋。

オーレン小屋。

ネパール研修ありってすごい!

ネパール研修ありってすごい!

峰の松目でしょうか?

峰の松目でしょうか?

箕冠山、天狗岳へ向かいます。

箕冠山、天狗岳へ向かいます。

小屋の脇の道を登るみたいです。

小屋の脇の道を登るみたいです。

胞子が飛び出しそう!

胞子が飛び出しそう!

振り返って、林の向こうは阿弥陀岳?

振り返って、林の向こうは阿弥陀岳?

今回は鳥をこんな近くで撮れた!名前はいつも通りわからないけど。

今回は鳥をこんな近くで撮れた!名前はいつも通りわからないけど。

箕冠山山頂。何もないです。

箕冠山山頂。何もないです。

根石岳のふもとです。西天狗が見えた!
何度か同じおじさんに写真撮ってもらいました。
前日は硫黄岳へ行ったそうですが、曇ってて全然景色は見られなかったらしいです。

根石岳のふもとです。西天狗が見えた! 何度か同じおじさんに写真撮ってもらいました。 前日は硫黄岳へ行ったそうですが、曇ってて全然景色は見られなかったらしいです。

初めて見たコマクサ。
こま(馬)感はないけど。

初めて見たコマクサ。 こま(馬)感はないけど。

根石岳に登ります。

根石岳に登ります。

東の方。

東の方。

コマクサ群生してますね。

コマクサ群生してますね。

根石岳山頂。
このあたりだけ風が強かった。
風が集まりやすい地形なのかな?

根石岳山頂。 このあたりだけ風が強かった。 風が集まりやすい地形なのかな?

ここでも撮ってもらった。

ここでも撮ってもらった。

西天狗岳と、東天狗岳。
遠くに蓼科山。

西天狗岳と、東天狗岳。 遠くに蓼科山。

振り返ると、赤岳も見えてきた。

振り返ると、赤岳も見えてきた。

根石岳山荘。

根石岳山荘。

西の方。
北アルプスは見えないな。

西の方。 北アルプスは見えないな。

西天狗岳の山頂は人でいっぱい。

西天狗岳の山頂は人でいっぱい。

東天狗岳もいっぱい。

東天狗岳もいっぱい。

尾根を団体さんが歩いてる(笑)

尾根を団体さんが歩いてる(笑)

根石岳から少し降りたところ。
東天狗岳へ登ります。

根石岳から少し降りたところ。 東天狗岳へ登ります。

ここから東側へ下りれるんですね。

ここから東側へ下りれるんですね。

ここの白と、緑と青のコントラストが良いね。

ここの白と、緑と青のコントラストが良いね。

自撮り。
バックパック新調しました。
Amazonのプライムデイで。

自撮り。 バックパック新調しました。 Amazonのプライムデイで。

根石岳方面を振り返る。
この稜線が良い!!

根石岳方面を振り返る。 この稜線が良い!!

ホタルブクロっぽいのが、すごく群生してます。

ホタルブクロっぽいのが、すごく群生してます。

山頂まであとちょっと。

山頂まであとちょっと。

西天狗岳と東天狗岳を近くから。

西天狗岳と東天狗岳を近くから。

東天狗岳山頂!

東天狗岳山頂!

北側。
蓼科山までは見えます。

北側。 蓼科山までは見えます。

これはこの前登ったにゅうかな。

これはこの前登ったにゅうかな。

天狗の庭でしたっけ?

天狗の庭でしたっけ?

黒百合ヒュッテ

黒百合ヒュッテ

蓼科山のアップ。

蓼科山のアップ。

ここでも撮ってもらった。
こんなに自分の写真があるのは珍しい。

ここでも撮ってもらった。 こんなに自分の写真があるのは珍しい。

遠くに見える一番高い所が金峰山。

遠くに見える一番高い所が金峰山。

南アルプス。
三つ並んでいるのが右から仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳。その左のはっきりしたピークがない所が鳳凰三山。登ったことないのは北岳だけ!

南アルプス。 三つ並んでいるのが右から仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳。その左のはっきりしたピークがない所が鳳凰三山。登ったことないのは北岳だけ!

西天狗岳へ向かいます。

西天狗岳へ向かいます。

上の方に月(半月)が見えます。

上の方に月(半月)が見えます。

西天狗岳山頂。

西天狗岳山頂。

やっぱり北アルプスは見えない。

やっぱり北アルプスは見えない。

南アルプス

南アルプス

赤岳

赤岳

阿弥陀岳

阿弥陀岳

横岳

横岳

赤岳から阿弥陀岳の縦走は、結構きつそうだな。

赤岳から阿弥陀岳の縦走は、結構きつそうだな。

硫黄岳。
あっちも人がいっぱい。

硫黄岳。 あっちも人がいっぱい。

阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、根石岳と全部が一枚に収まった!

阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、根石岳と全部が一枚に収まった!

前に見た時も思ったけど、根石岳山荘って面白い形ですね。

前に見た時も思ったけど、根石岳山荘って面白い形ですね。

硫黄岳のトレイル。

硫黄岳のトレイル。

稜線好きには、この景色がたまらない。

稜線好きには、この景色がたまらない。

また、東天狗岳へ登ります。

また、東天狗岳へ登ります。

八ヶ岳特有の縞枯れ。

八ヶ岳特有の縞枯れ。

東天狗岳山頂から下りるところ。
高所恐怖症には結構きつい所です。

東天狗岳山頂から下りるところ。 高所恐怖症には結構きつい所です。

東側。森の中になんかある。

東側。森の中になんかある。

みどり池としらびそ小屋らしいです。

みどり池としらびそ小屋らしいです。

よくあんな崖っぷちに立つなぁ。

よくあんな崖っぷちに立つなぁ。

この辺りは、こんな板状の岩が多いです。

この辺りは、こんな板状の岩が多いです。

西天狗岳の下の方に大きな岩がありますね。

西天狗岳の下の方に大きな岩がありますね。

荒々しい岩です。

荒々しい岩です。

真ん中に吸い込まれそうな景色。

真ん中に吸い込まれそうな景色。

トンボが多いです。

トンボが多いです。

富士見パノラマのゲレンデがギリギリ見えた。

富士見パノラマのゲレンデがギリギリ見えた。

根石岳から。

根石岳から。

近くで見るとこんな感じだったんですね。

近くで見るとこんな感じだったんですね。

また、コマクサ。

また、コマクサ。

飛行機雲だ。

飛行機雲だ。

箕冠山。
行きとルートを変えて、夏沢峠を回ってみます。

箕冠山。 行きとルートを変えて、夏沢峠を回ってみます。

西天狗岳と東天狗岳の間に、根石岳。

西天狗岳と東天狗岳の間に、根石岳。

縞枯れの中。

縞枯れの中。

硫黄岳が大きくなってきた。

硫黄岳が大きくなってきた。

夏沢峠です。

夏沢峠です。

オーレン小屋のテント場。

オーレン小屋のテント場。

ここへ泊って、ゆっくり登っても良いかな。

ここへ泊って、ゆっくり登っても良いかな。

オーレン小屋からの硫黄岳。

オーレン小屋からの硫黄岳。

小さな野イチゴ発見。

小さな野イチゴ発見。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。