新潟周辺の山

  • 火打山

    体力度
    難易度

    火打山は妙高戸隠連山国立公園内の新潟県糸魚川市と妙高市にまたがる山。 東西に緩やかな稜線を持つ山で、頂上付近は傾斜がさほど急でないため冬期には雪がべったりとついて真っ白な姿を見せる。主峰の他、西側にやや低い影火打(かげひうち)の峰がある。

  • 妙高山

    体力度
    難易度

    妙高山は標高2,454mの成層火山。日本百名山、北信五岳の一つであり、その中では最高峰。 新潟県を代表する山のひとつであり、越後富士(えちごふじ)の異名を持つ。近隣の火打山、焼山と共に頸城三山を形成している。山麓には温泉が沸き、冬期ウィンタースポーツのリゾートエリアとしても知られる。

  • 高妻山

    体力度
    難易度

    高妻山は新潟県妙高市と長野県長野市にまたがる標高2,353mの山。戸隠連峰の最高峰で戸隠裏山の一峰。日本百名山のひとつ。 樹林が主体の山であるが標高は高くきれいな三角錐の山容から、戸隠富士とも呼ばれている。

  • 苗場山

    体力度
    難易度

    2,000mを超える山頂は広大な高層層湿原となっており、いくつもの池塘が点在している。また、展望にも優れ、7月中旬頃からは数々の高山植物が咲き誇り、まさしく雲上の楽園の様相を呈する。9月下旬以降の湿原の草紅葉も一見の価値あり。登山コースはいくつかあるが、和田小屋から(手前に駐車場有)山頂を目指す祓い川コースが比較的便利。日帰りも可能だが、山頂にある山小屋に一泊して、広大な湿原の高山植物群と景観とゆっくりと楽しむのも、この山の魅力を一層引き立てる。

  • 平ヶ岳

    体力度
    難易度

    平ヶ岳は新潟県魚沼市と群馬県みなかみ町の境界にある山で、その名のとおり平らな高層湿原の広がる山体が特徴。その山容から平ヶ岳は、周辺の会津駒ヶ岳や燧ヶ岳、至仏山に登ると、すぐわかる。しかしその山深さゆえ、山麓の人里からはまず望むことはできず、幻の山と呼ばれてきた。