雪倉岳の写真
読み方:ゆきくらだけ

雪倉岳

2610 m

体力度
4
体力度とは?

雪倉岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

雪倉岳のモデルコース

雪倉岳の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

雪倉岳の基本情報

出典:Wikipedia

  • 白馬岳の北に位置する後立山連峰の一座で日本二百名山
  • 白馬岳から北上した三国境から先は登山者も少ない静かな縦走路
  • 雪倉岳には避難小屋しかなく、南側の白馬山荘か北側の朝日小屋が最寄りの有人小屋となる
雪倉岳(ゆきくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,611mの山。日本二百名山の一つ。富山県と新潟県にまたがり、山域は中部山岳国立公園に指定されている。 「雪」の字がつく日本の山のうちでは最も標高の高い山である。また、標高2,600m以上の山としては国内で最も北にある。国内では、雪倉岳より北に、それより高い地点はない。 積雪期には雪の間のところどころに岩が顔をのぞかせる。その岩を地元猟師らが「倉」と呼んでいたことから、雪と倉の山という意味で「雪倉岳」と呼ばれるようになったという。山頂から東に1.4km程の位置に銀鉱山跡があり、天保のころまで採掘が行われており、その作業道が登山道となっている。山頂から北北東1km程の位置に雪倉の池がある。(1917年に木暮理太郎が命名。) 日本で初めて氷河地形の存在が示された山であるとする説がある。 朝日岳と白馬岳との中間に位置し、縦走の経由地として通過されることが多いが、高山植物が非常に豊富で、登山者も少なく、静かな山歩きが楽しめる。周辺は白馬岳連山高山植物帯となっている。

雪倉岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

雪倉岳周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

雪倉岳周辺の山

YAMAP STORE