埼玉周辺の山

  • 甲武信ヶ岳

    体力度
    難易度

    奥秩父の主脈上にある甲武信ヶ岳は、日本百名山に選定されている。山頂は山梨県・埼玉県・長野県の県境に位置しており、それぞれの旧国名の頭文字をとってその名がついた。

  • 雲取山

    体力度
    難易度

    雲取山は、埼玉県・東京都・山梨県の3県にまたがる山で、東京都の最高峰である。山頂に至るコースは複数あるが、よく整備された登山道が多く、一般的には奥多摩駅からバスを利用しての鴨沢ルートが特に人気だ。頂上からは奥多摩の山々はもちろん、空気の澄んだ日には富士山を望むこともできる。

  • 両神山

    体力度
    難易度

    鋸歯状のゴツゴツした稜線が特徴的で、秩父山域でもひときわ特徴的な山容。稜線にはチャートの岩稜が目立つ。4月中頃からアカヤシオやミツバツツジが綺麗に咲く。10月頃には綺麗な紅葉を楽しむことができる。古代から修験の山とされ、地域の方々によって今でも信仰されている。山頂付近にある両神山神社奥宮の狛犬は秩父山域に多い狼が鎮座している。

  • 武甲山

    体力度
    難易度

    武甲山は、埼玉県秩父地方にある山。日本二百名山のひとつに数えられるこの山は、石灰岩の採掘地としても有名で、山の北側斜面は採掘のため大きくえぐれた地形となっている。登山には主に2箇所の登山口が利用でき、それぞれ横瀬駅、浦山口駅が最寄りとなる。

  • 伊豆ヶ岳

    体力度
    難易度

    伊豆ヶ岳は、埼玉県にある標高851mの山で、奥武蔵エリアで最も人気があると言っていいだろう。その要因のひとつに、駅から直接登ることができるという手軽さが挙げられる。その手軽さの中にも、スリリングなクサリ場や広大な展望、樹林の生い茂る尾根道など、変化に富んだ山歩きを楽しめるのがこの山の持ち味だ。