こぶしがたけ

甲武信ヶ岳

2,475 m

  • Saitama
難易度
12345
3
体力度
12345
4
難易度・体力度とは?

甲武信ヶ岳の基本情報

  • 甲斐国・武蔵国・信濃国をまたぐ奥秩父の名峰

奥秩父の主脈上にある甲武信ヶ岳は、日本百名山に選定されている。山頂は山梨県・埼玉県・長野県の県境に位置しており、それぞれの旧国名の頭文字をとってその名がついた。

甲武信ヶ岳のモデルコース

難易度
体力度

起点は西沢渓谷周辺となる。公共交通機関の場合は塩山駅からバスで道の駅みとみ下車。下山口は西沢渓谷入口から塩山駅または山梨市駅。

甲武信ヶ岳の活動日記

  • 62

    34

    11:07

    15.8 km

    1,722 m

    空青くて甲武信ヶ岳そして-2020-01-19

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.19(日) 日帰り

     温泉初花さんを出たワイ、ガソリン入れて、コンビニ寄って道の駅みとみさんで車中泊_(┐「ε:)_朝起きて西沢渓谷無料駐車場まで車で2分ワラ  西沢渓谷→徳ちゃん新道→木賊山→甲武信ヶ岳のピストンです٩( ᐛ )و  昨日と打って変わっての青空(*´꒳`*)展望いいって山のいいところだよね♪、、、山の楽しみって色々あるよね、展望いいところだったり、自然感じたりマイナスイオン出まくり、写真撮るのが好きだったり、山ご飯作るの食べるのだったり、達成感だったり、みんなと行ってわちゃわちゃしたり、何がいいたいのって、1人で行くのは寂しいけど人との出会いがあるのもいいところかなってね、今日は甲武信ヶ岳ワイ入れても5人でしょうか?そんな中で出会えた人シロートに温かくおしゃべりしてくれた人ありがとうございます。とくにN先輩はお友達になってくれてありがとうってことでシメます_(┐「ε:)_

  • 48

    10

    11:30

    14.5 km

    1,671 m

    甲武信ヶ岳(西沢渓谷からピストン)

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.13(月) 日帰り

    2020初登山は、日没までに下山できないという大失態でした。 今年初めて、丸々一日休みがとれたので、山へ行ってきました。 13日は、あまりに天気が良く、当初予定の乾徳山(二百名山)から、現地で甲武信ヶ岳に変更。 スタートが8時とかなり遅め、かつ通常は一泊二日のコースなのに、山小屋は冬季閉鎖中のため日帰りとなります。 雪は少なめで、アイゼンなくても、チェースパイクで行けそうです。何とか日没までには下山できるだろう。 甘かった、、、 途中までは、ほぼコースタイムどおり(いつもは、コースタイムより早いのに、正月ダレです)。尾根に出た途端、雪が深まり、さらにスピードが落ちます。 親切にも新雪だなどと冗談を言う場合ではありません。 抜かれた人は1人、すれ違った人も2人。祝日ですが、冬山に登ろうという物好きは少ないようです。 つまり、登るのに5時間かかる山全体に、数名しか人がおらず、僕はビリ? 山頂の手前に、ほぼ同じ標高の木賊山があります。ここで13時を過ぎており、引き返すべきでした(後から考えれば)。 何も考えず、無風・好天のピークまで這々の体で、下り・登ったのは良いのですが、木賊山まで戻り、ふと我に帰り、既に15時を回っていることに気づきます。コースタイム通りでも明らかに18時(日没後)を過ぎてしまいます。ヤッベ。 雪が深くて、尾根沿いはスピードが出ません。 途中、暗くなる前に、エマージェンシー・バッグから、ヘッドランプを取り出します。良し、点くな。念のため、地図を観るときのLEDランプも首から下げます。 いよいよ暗くなります。まだまだ、2時間以上かかる地点です。さて、ヘッドランプをつけると、点かない 😣 予備の電池も持ってますが、このランプが故障している確率が高い。さて、LEDランプに頼るか。いゃあ暗いなぁ。切り株が、猿とか化け物に見えるよ。暗闇は、ヒトという動物を怖がらせますな。 これは、もしかして遭難? 「50代男性、下山中に道に迷い遭難。甘い判断が命取りに」という見出しが脳裏でチカチカする。 ふと、スマホを取り出し、懐中電灯アプリを立ち上げてみた。うわぁ明るいわ。これ、キナバル山でガイドさんがやってたやつや! 問題は電池の消耗。GPSで地図を確認するにも、救助を呼ぶにもスマホは不可欠だ。使いながら山を下る。木の根や段差に気遣いながら。何分で何%減るのか。それなりに持ちそうだ。 スマホの充電器を取り出して、つなぐ。ウホッ、みるみる50%を越えるぞ。このまま、下山まで行けそうだ。プチパニックを乗り越えた瞬間。 考えてみたら、予備のダウンベスト、携帯カイロ2個、非常食、エマージェンシー・シート(巨大アルミ箔)、お湯も500mlある。20時を過ぎれば、月も昇る。 とにかく、下山道を間違えないことと、怪我をしないこと。慎重に一歩ずつ。 何とか19時過ぎに麓に着きました! 標高2千メートルを前に、酸素が少ないと感じました。正常な判断が失われてたんでしょう。 非常時の準備は入念に、そして特に冬季は計画的に、を思い知りました。 新年早々、大反省です。

  • 23

    79

    08:41

    14.7 km

    1,040 m

    甲武信ヶ岳-2020-01-13

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.13(月) 日帰り

    毛木平から千曲川源流を通過して 甲武信ヶ岳山頂を目指すコース! 今回はピストンでした ここは千曲川源流遊歩道なんだそうた なんてったって遊歩道だよ(^◇^;) そんな簡単では無いと思うけど 雪が無い時はスニーカーとかでも大丈夫なんだろうか? ところで私は当たり前ですが 甲武信ヶ岳には何度も登ってますよ でも毛木平からは初めてでした! mission complete*\(^o^)/* 次は十文字峠だね

  • 49

    132

    08:45

    14.6 km

    1,055 m

    千曲川源流を訪ねて 〜毛木平より甲武信ヶ岳〜

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.13(月) 日帰り

    連休2日目は甲武信ヶ岳‼️ 以前から長野の毛木平から登ってみたいねとは話していたけれど、なかなか実現しなかった。 このタイミングで行ってみよう‼️との話が浮上。 昨日とは違い天気は良さそう。 八ヶ岳の杣添尾根も候補に上がるが、風が強い予報に☀️マークが並ぶ天気予報に対して疑心暗鬼に😅 そんなわけで夜明け前に野辺山駅前を通ると、八ヶ岳全体が雲に包まれているのが月明かりに照らされて見えている。奥秩父方面も高い山のあたりは雲が多い。大丈夫かなぁ😨と思いながらも毛木平へ向かう。川上村の集落部から広大なレタス畑を抜けて毛木平への分岐へ入り、少し行くと酷い凍結😱 ジムニーが滑る‼️すかさず旦那さんのカウンターステア‼️アクセルコントロール‼️ 体勢を立て直すとツルツルしながらも進む。 完全なアイスバーンだ。 すぐに毛木平へ到着。 支度をして歩き出す。 十文字峠方面への分岐を見送り、その後千曲川源流へ4キロの標識のあるポイントへ。 この4キロが地味に長い。 息が切れるような急登ではないけれど、ジリジリと登ってゆく長い長い道のり。登るだけでなくゆるいアップダウンもあり、進んだ感が無いのだ😰 水量の豊富な沢を横目に見ながら千曲川源流の標柱が建つ場所に辿り着くが、源流は雪の下😂 数メートル下がれば水が流れているのに😂 ひとまずここが源流なのねと理解して、先へ進みます。これまでユルユルと高度を上げてきた道も、ここからは一気に登ります。 まずは国師ヶ岳からの主脈縦走路との合流点までの急登。これは辛かった😅 そして合流点からあと100メートル上がれば良いというのに、また緩いアップダウンがあったり😂 そうして進んでいくとようやく岩場の先に山頂が見えてきました。 あぁー😅やっと着いたよ〜💦 力を振り絞って登り切りました。 生憎富士山には少し雲がかかっていたり、八ヶ岳にも雲がまとわりついていたりの景色でしたが、 青空の山頂から奥秩父の山々や南アルプスが見渡せました。 記念撮影をしてそそくさと風の影響を受けない場所へ下山。 展望のある岩場を見つけて陣取る。 山専ボトルに入れてきたお湯で少しぬるめのカップうどんを食べて、また長い長い道のりを下山しました。 毛木平からの甲武信ヶ岳は遠く深い山でした。 これで2日間山を満喫♫ 明日からまた仕事頑張ります😉✨

  • 14

    34

    06:29

    13.7 km

    1,628 m

    甲武信ヶ岳・木賊山-2020-01-12

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.12(日) 日帰り

    午前の天気は晴れ予報だったので決行したが、10:30過ぎから雪に。降雪は標高が下がると少なくなったが、下山まで降り続いた。 道の状態は、標高2000mあたりから一気に積雪量が増え、木賊山の手前から甲武信山頂までトレースが不十分でラッセル気味の歩行が続いた。

  • 25

    65

    06:46

    15 km

    1,061 m

    甲武信ヶ岳

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.11(土) 日帰り

    毛木平駐車場より、初めて、積雪期の甲武信ヶ岳を昇りました。 朝、出遅れたと思って8:40頃に毛木平駐車場に着いたら、なんと、一番乗りでした。その後、1台到着。それだけでした。そして、甲武信ヶ岳では山頂含め、カモシカ以外、誰にも会いませんでした。 難所も特に無く、沢沿い歩き、千曲川源流、そして、山頂の絶景があるのに・・・。しかも、日本百名山なのに・・・。山頂近くの甲武信小屋が営業してないからなのでしょうか?駐車場のトイレが冬季は閉鎖されているからなのでしょうか?でも、西沢渓谷側からもアプローチ無し? 静かな雪山歩きが出来る秘蔵ルートになりました。 古いトレースはあるのですが、足型は無く、山頂付近は何度か踏み抜きましたが、チェーンスパイクでOKでした。もっと低いところで踏み抜いてればワカン使ったんですけど。😓 滑落の危険も無いのでピッケルよりストックが良いですね。 駐車場、au電波有りました。駐車場手前1kmくらい、ずっと、アイスバーンでしたが斜度が緩いので、2WDのスタッドレスでも通過出来ました。

  • 86

    52

    06:49

    15.5 km

    1,342 m

    百名山独り占め☆甲武信ヶ岳 周回ソロ日帰り

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.11(土) 日帰り

    ■ルート 毛木平駐車場から登りは十文字峠、大山、三宝山のルート、下りは千曲川源流のルートの周回ルートで行きました。 ソロ、日帰りです。 寝坊してしまい、4:30起きで自宅5:00出発、駐車場には8:42着です。行くまでが遠いです。 スタートは9:27。戻りは16:40。日没ギリでした。 ■装備 チェーンスパイクでいけました。一応12爪アイゼンは持って行きましたが、使わなくても何とか行けました。 ピッケルもストックもなしで大丈夫でした。(ストックはなんと車に忘れてしまった) ■感想など 駐車場手前600mからいからガチで凍結していたのでビビりました。 駐車場はスケート場状態です。 駐車場には自分の含めて二台しかいませんでした。 その方はピストンというとだったので千曲川源流からの登頂かと思います。 その後は、誰にも会いませんでした。 百名山なのに独り占め、貸し切り状態でした。 十文字峠あたりまでは数日前のトレースがあり少し凍ってた感じなので歩きやすかったです。 大山あたりは道が細く、凍った岩を登ったり少し危険な箇所があり、とてもスリリングでした!! 大山山頂からは眺望がよく、八ヶ岳や北アルプスがよく見えました! 三宝山まではトレースがなく、新雪だったのでかなり歩きづらくきつかったです。 甲武信岳ヶ岳山頂の最後の坂が新雪で膝下あたりまで埋まることが多く、インターバルを入れざるを得ない状況でした。それで思ったよりかなり時間がかかりました。 それで、登頂が予定よりかなり遅くなり、日没がやばいので焦り早々と下ることとしました。 下りは千曲川源流のルートで川の音を心地よく聞きながら、川の凍った部分を写真撮りながら下りました。千曲川の源流だそうです。 なんとか16:40に下山できたので良かったです。 登り甲斐があり楽しめました! 雪があって楽しかった! これでやっと日本百名山10座目です! 写真たくさんとってしまいました。

  • 23

    16

    11:41

    15.6 km

    1,753 m

    ちょい雪の甲武信ヶ岳日帰り

    Kobushigatake (Yamanashi, Nagano, Saitama)

    2020.01.11(土) 日帰り

    雪山に行きたかったのですが、気力不足のため比較的近場の甲武信ヶ岳をピストン。 散々待たされたあげくようやく出てくるラーメン屋のように、山頂からの眺望は素晴らしいもののそれ以外はひたすら樹間の登りが続きます。途中一ヶ所の富士山ビュースポットが救いです。 雪はありましたが雪山と言うほどでもなく、雪のある秋山という程度。登山口に雪はありません。雪が増え始めるのは徳ちゃん新道・近丸新道分岐点あたりからでしょうか。簡易スパイク(?)と12本爪アイゼンで行きましたが、軽アイゼンでも済むかも。早朝は道がアイスバーン化していました。ピッケルは不要かと。なお、近丸新道は昨年の台風で道が荒れたそうで、徳ちゃん新道推奨とのことです。 ところで、靴底に取り付けるスパイクが途中で脱げて紛失したのですが、親切な方が拾って下さったようで、目立つ場所に置かれているのを下山中に見つけました。どなたか存じませんが、ありがとうございました。

甲武信ヶ岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

甲武信ヶ岳周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 6.8
  • 平均気温 -6.6
  • 最低気温 -19.6

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.21(火)

    111

    10-1

    10%

  • 01.22(水)

    212

    121

    50%

  • 01.23(木)

    200

    147

    40%

  • 01.24(金)

    200

    135

    40%

  • 01.25(土)

    202

    112

    50%

  • 01.26(日)

    202

    81

    50%

  • 01.27(月)

    202

    82

    50%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(山梨県山梨市三富川浦)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

甲武信ヶ岳周辺の山