父の青春の穂高へ

2022.10.14(金) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 13
休憩時間
26
距離
10.1 km
上り / 下り
265 / 150 m
DAY 2
合計時間
9 時間 45
休憩時間
3 時間 32
距離
8.5 km
上り / 下り
1682 / 343 m
DAY 3
合計時間
7 時間 34
休憩時間
1 時間 23
距離
17.2 km
上り / 下り
193 / 1666 m

活動詳細

すべて見る

某山岳連盟の講習山行の全三回の最終回。このメンバーとも今日でお別れ。 パーティー登山だけれども、いつものメンバーと、というだけでなく 今回は特別な思いがある山行 生前、父にいくつか質問をしていた。 Q「最後に山に登ったのは?」 A「中学生のおまえと歩いた島々から徳本峠、上高地」 Q「一番思い入れのある山は?」 A「槍、穂高」 Q「もう一度見たい景色は?」 A「雲の平」 先日、納骨式の際に叔母(父の妹)から、「昔、お兄ちゃんに連れられて奥穂高岳登らされたわよ」なんて話もきかされていた。 父は、母や叔母を山に連れて行く時は、手ぶらにさせて、荷物は自分一人で担いでいたらしい。 今回は父と一緒に登る気持ちで奥穂高を目指した。 東京は肌寒く不安定な天気が続いていたが、松本や上高地は快晴で東京より暖かかった。むしろ暑かった。 1泊目は横尾山荘。雲が多かったが月の綺麗な夜だった。 涸沢の紅葉は見ごろを過ぎたということなのか、あまり混雑も無く、ゆっくりと景色を楽しめた。 奥穂高岳山頂はガスも無く、見事な見晴らしだった。近くに見えるジャンダルムに思いを馳せるパーティーメンバーたち。自分は、高所恐怖症スイッチが間違えなく入るだろうと感じていた。 2泊目は穂高岳山荘。雲も無く綺麗な星空で、流れ星の多い夜だった。星に願いを込めて眺めた。 下りでは、相変わらずの膝痛。うめき声が漏れてしまい、メンバーに心配をかけてしまう。 今後しばらくは、膝に負担の無い山行にして、一旦痛みの無い状態を取り戻そう。 槍、雲ノ平に父と一緒に登るためにも。

活動の装備

  • ブラックダイヤモンド(Black Diamond)
    クーロワール
  • マウンテンハードウェア(Mountain Hardware)
    スクランブラー35バックパック
  • ブラックダイヤモンド(Black Diamond)
    ビジョン
  • カシオ(CASIO)
    PRO TREK Climber Line PRW-30-5JF
  • ブラックダイヤモンド(Black Diamond)
    トレイルブリッツ12
  • スポルティバ(LA SPORTIVA)
    トランゴキューブGTX
  • モンベル(mont-bell)
    トレールウォーターパック 2.0L
  • ペツル(PETZL)
    ティカ ハイブリッドコンセプト

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。