三重周辺の山

  • 日出ヶ岳

    体力度
    難易度

    大台ヶ原は奈良県と三重県の県境にある山。山全体が特別天然記念物に指定されており、三重県最高峰の山。最高点の一等三角点の基準点名が「大台ヶ原山」であるが、国土地理院による地図には日出ヶ岳と表記されている。標高1,400mから1,600mの複数の山と、これらの山に囲まれた東西5kmほどの台地上の地帯を大台ヶ原といい、吉野熊野国立公園の一部として指定され、景観を保護するために特別保護地区に指定されている。 大台ヶ原は西大台と東大台に分類され、日出ヶ岳山頂は東大台に位置する。西大台は環境省により立入り人数が制限されており、事前申請を行い手数料を納付した上、当日までにレクチャーを受けなければならない。

  • 高見山

    体力度
    難易度

    高見山は奈良県吉野郡東吉野村と三重県松坂市との境界にある山で、台高山脈の北端に位置している。遠方から見た尖った姿から「関西のマッターホルン」とも呼ばれており、冬には樹氷、特に寒い日には樹々に「海老の尻尾」がつく。昔は高角山、高水山などと呼ばれた。冬季にいくなら6〜8本爪の軽アイゼンが必須。オススメのシーズンはやはり樹氷が見ることのできる冬。冬山デビューにちょうど良い。高見登山口から小峠に向かう道は伊勢南街道で、石畳の道をたどると、古市場跡など街道筋にまつわる史跡がある。

  • 三峰山

    体力度
    難易度

    良く整備された登山道でとても歩きやすい。特に、他の山が雪深くて入れない時期でも軽アイゼンで登ることができ、美しい霧氷を楽しむ事ができる。

  • 御在所岳

    体力度
    難易度

    鈴鹿山脈の盟主として著名な御在所岳は、手軽に山頂近くに登れるロープウェイや、ふもとの湯の山温泉で知られ、観光客も多い。急峻な岩壁やツツジ科の花々が美しい、変化に富んだ山だ。関西百名山および鈴鹿セブンマウンテンに選定されている。 なお、駐車場は観光シーズンになると朝早いうちに混雑する。源泉掛け流しのグリーンホテル内の温泉や、片岡温泉には、マイカーが便利。