ふじわらだけ

藤原岳(三重県・滋賀県)

1,140 m

難易度
12345
2
体力度
12345
3
難易度・体力度とは?

藤原岳(三重県・滋賀県)の基本情報

  • カルスト台地が広がる花と展望の山
  • 春にはフクジュソウをはじめ山野草が咲き競う花の山
  • 独特のカルスト地形が見られる石灰岩の山

日本三百名山の藤原岳(ふじわらだけ)は、三重県いなべ市(旧藤原町、北勢町)と滋賀県東近江市(旧永源寺町)にまたがり、鈴鹿山脈の北端、御池岳の南に連なる標高約1,140mの山。全山が石灰岩で、山頂近くには雨水によって溶けた岩が林立する「カレンフェルト」やすり鉢状の「ドリーネ」と呼ばれるカルスト地形が広がる。山頂からは、伊勢平野、伊勢湾、木曽三川などのパノラマが見渡せる。東斜面は石灰岩の採掘が進み中腹まで地肌がむき出しになっているが、北東部は落葉広葉樹を中心とした豊かな自然が残る。花の山としても知られ、春のフクジュソウをはじめとする山野草が咲き競う。よく整備された表登山道(大貝戸道)と谷に沿った急勾配の裏登山道(聖宝寺道)があり、裏登山道登山口にある鳴谷山聖宝寺は天台宗の開祖、伝教大師最澄の開基とされ、伊勢西国三十三箇寺の第二十九番札所となっている。

藤原岳(三重県・滋賀県)のモデルコース

三岐鉄道西藤原駅から徒歩15分ほどの藤原岳登山口休憩所から出発。神武神社の脇を直進して登山道に入り、スギ林の中を緩やかに登り、その先の急坂をジグザグに登る。二合目の標識を過ぎて急坂を登り切ると、四合目の広場に着く。さらに登ると聖宝寺道が合流する八合目の広場に着く。道はこの先も急傾斜が続くので、浮き石や残雪で滑らないように注意。スリップ事故を防ぐためにも冬期はアイゼンが欲しい。3~4月にかけてフクジュソウの花が見られ、九合目付近からは花の数が増える。樹木がまばらになると、避難小屋の藤原山荘に出る。藤原岳山頂へは南の鞍部まで下って登り返す。山頂からは御池岳や鈴鹿南部の山々が見渡せる。下山は来た道を忠実に戻る。時間があれば、藤原山荘から往復1時間ほどの天狗岩まで行ってみたい。藤原岳山頂同様展望がすばらしい。

藤原岳(三重県・滋賀県)の活動日記

藤原岳(三重県・滋賀県)の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

藤原岳(三重県・滋賀県)周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 11.9
  • 平均気温 0.1
  • 最低気温 -6.8

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.20(月)

    101

    115

    20%

  • 01.21(火)

    111

    112

    30%

  • 01.22(水)

    203

    157

    70%

  • 01.23(木)

    202

    1610

    50%

  • 01.24(金)

    200

    138

    40%

  • 01.25(土)

    202

    128

    50%

  • 01.26(日)

    202

    118

    50%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(三重県いなべ市藤原町坂本)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

藤原岳(三重県・滋賀県)周辺の山