静岡周辺の山

  • 富士山

    体力度
    難易度

    日本一の標高を誇る富士山は、毎年7月から9月の開山期間中に全国や海外から多くの登山者が訪れる。開山期間中の主要な登山口は4つあり、いずれも5合目スタートとなるが、それぞれ標高や山頂までの距離は異なるため、自分にあった登山道を選んでみよう。標高が高いため、高山病対策と防寒には気を配りたい。

  • 間ノ岳

    体力度
    難易度

    間ノ岳は山梨県と静岡県にまたがる山で、南アルプス北部にある山。2014年4月1日に、国土地理院の最新の衛星測位システムによって標高が改定され、北アルプスの奥穂高岳と並び、日本で3番目に高い山になった。 周辺の山域は高山植物の豊富な山域だが、山頂付近は岩屑帯で高山植物などは少ない。 また、麓から直接山頂まで行ける登山道がないため、間ノ岳単体で登られることは少なく、白峰三山縦走の際などに登られることが多い。

  • 荒川岳

    体力度
    難易度

    荒川岳は南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)中央部にある前岳・中岳・悪沢岳(東岳)の3つの山の総称である。これらの山を総称して荒川三山と呼ばれることもある。最高峰は悪沢岳(3,141m)で、そのため荒川岳全体を悪沢岳と呼ぶこともある。深田久弥による「日本百名山」には「悪沢岳」として掲載されている。

  • 赤石岳

    体力度
    難易度

    赤石岳は南アルプス南部に位置する山。北岳・間ノ岳・悪沢岳に次いで、南アルプスで4番目の高さを誇る。山頂直下の南に赤石岳避難小屋があり、約700 m北に小赤石岳のピークがある。 荒川岳と聖岳という、どちらも大きな山に挟まれている山ではあるが、堂々とそびえる巨大な山容は南アルプス南部の盟主にふさわしいだろう。

  • 塩見岳

    体力度
    難易度

    塩見岳は長野県伊那市と静岡県静岡市葵区にまたがる山。 山頂は100 m足らずの距離を隔てて西峰と東峰に分かれ、標高は西峰が3,047m、東峰が3,052mである。鉄の兜にも似たドーム形の独特な山容で、遠方から眺めると独立峰のようなその山容が目立つ。