のうとりだけ

農鳥岳

3,026 m

  • Yamanashi
  • Shizuoka
難易度
12345
3
体力度
12345
5
難易度・体力度とは?

農鳥岳の基本情報

  • 白峰三山の南端を守る奥深き山

農鳥岳は山梨県と静岡県にまたがっており、山頂は南東側の農鳥岳と、北西側の西農鳥岳に分かれている。北岳・間ノ岳とともに白峰三山のひとつに数えられている。春になると、山頂東面に白鳥の形の残雪が現れるためにこの名前がついたとされる。

農鳥岳のモデルコース

南アルプスの3000mの稜線を2泊3日で縦走する。登山口の広河原はマイカー規制があるので、タクシーやバスなどでアクセスする。また3日目の下山は奈良田に降りるので、車でアクセスする人は奈良田に車を停めるのがベスト。2日目の北岳周辺から大門沢小屋までのコースタイムはかなり厳しめなので、早朝出発、こまめなエネルギー補給が必要。大門沢の下りは徒渉もあり、斜度も急なので転倒などには注意すること。見所は何と言っても北岳〜間ノ岳〜農鳥岳の3000m稜線。とても気持ちがよく、天気がいい日には富士山を左前方に見ながらの稜線歩きが楽しめる。

農鳥岳の活動日記

  • 35

    128

    19:49

    21.2 km

    2,743 m

    冬季農鳥岳

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.12.07(土) 2 DAYS

     12月になり、上高地、広河原が代表されるように各地の登山道までの道路が冬季閉鎖をされ、山の選定が難しくなる今日この頃。 しかし、冬山には登りたい、それも3000m級の山に。でも車道なんて歩きたくない。 そんな中、今回選定した山は「農鳥岳」。実は農取岳の登山口である奈良田は台風19号の影響で通行止めになっていましたが、11/29に通行止めが解除されました。 さらに今回は3000m級の冬山ということもあり、強力な山仲間であるS氏との登山。S氏とは8月の猛暑の中、越後三山縦走して以来の山行です。 YAMAPでは台風19号以降に農鳥岳まで行った活動日記はありませんので、登山道の状況も含め投稿したいと思います。 ※ルート詳細は写真コメント欄に。

  • 78

    14

    09:15

    10.6 km

    749 m

    白峰三山縦走・二日目

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.06(日) 日帰り

    二日目のルートです。 ガイド本通り、北岳山荘→中白根山→間ノ岳→西農鳥岳→農鳥岳→大門沢小屋と進みました。 今回、最大の目的地だった間ノ岳に行けたのは、非常に嬉しかったです。 北岳のおまけ的に見られがちな山ですが、北岳と農鳥岳の間にあるからこの名前です、とか、かなり可哀そうな扱いを受けている山ですが、何が何が。なかなかに達成感を得られるし、見事な展望を楽しめる、ここに行く価値がある山だと思いました。 西農鳥岳では滑落負傷者を見かけました。 幸い、レスキュー手配もされており、医師の登山者が手当てもされていたので、無事救助されていったので良かったのですが、万が一、人の少ない山で自分がこうなっていたら。と、考えさせられる事態でした。 農鳥小屋は休憩に寄ってバッジを買っただけですが、ここにいた変なオヤジが気になって帰ってからネットで調べると、なかなかの名所だったんですね。 予定段階ではここでの一泊も考えたんですけど、泊まらなくて良かったのか悪かったのか。。 せめて、あのオヤジの写真と、ここでのトイレだけでも経験しておくべきだったかな?(^0^) 大門沢下降点から大門沢小屋までは、ひたすらの急な下り。 絶対に登りたくないルートですね。

  • 31

    106

    10:04

    24.4 km

    3,347 m

    ヤマップ42山目 南アルプスに行きました。

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.06(日) 日帰り

    久しぶりの休みの日曜日、南アルプスに行きました。 天気の良い所を探していると、南、北アルプスは、雨が降らなそうだったので、日帰りなので、南にしました。 奈良田~大門沢小屋~農鳥岳 奈良田の駐車場に6時すぎに到着して歩き始めます。 なだらかな林道をしばらく行くと登山道になり、いくつかの吊り橋や丸太の橋で沢を渡ります。 沢沿いをしばらく登ると、大門沢小屋です。 美味しい水を頂き、一服します。 ここから稜線まで急登が続き、心が折れそうになります! 稜線に出ると、視界が晴れて素晴らしい景色に癒されます。 少し登ると農鳥岳です。 農鳥岳~西農鳥岳~間ノ岳~北岳山荘 西農鳥岳まで遠く見えるのですが、すぐに着いた感じです。 目の前に間ノ岳が、ドーンといます! だいぶ下りて農鳥小屋です。 一服して、間ノ岳のきつい登り返しが待っています。 13時に間ノ岳に到着です。 広河原~奈良田の最終バスは、16時40分なので急ぎます。 素晴らしい稜線を歩き、北岳山荘です。 時間が無いので北岳山頂は、残念だけど諦めました。 北岳山荘~八本歯のコル~大樺沢二俣~広河原 少し登って分岐から北岳を巻いて八本歯のコルです。 この前行った吊り尾根がよく見えます。 残り2時間です。 早く下りたいのですが、パイプの階段がたくさんあり、早く歩けません。 大樺沢二俣で、残り1時間15分です。 走って下ります! 頑張ったので、広河原に時間内に到着しました! 時間の制限があると、山を楽しむ余裕が無いなと、改めて感じる山行でした。 お疲れ様でした。

  • 32

    805

    09:50

    26.6 km

    3,264 m

    農鳥岳、西農鳥岳-2019-10-06

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.06(日) 日帰り

    天候まあまあだったので唯一登ってなかった三千㍍峰の農鳥岳へ。 金曜日飲み会🍻あり土曜日❌仕方なく土曜日夕刻、三島でレンタカー借りて沼津の万葉の湯♨️へ、仮眠取り奈良田駐車場へ🚗 道が素晴らしい✨ほぼ中央車線ある舗装道路✨✨ 朝一のバスで広河原ほ行き北岳、間ノ岳、農鳥岳縦走も考えてましたがレンタカー返却時間が気になり西農鳥岳ピストン。広河原まで縦走しても時間はたいして変わらないかも!でもバス🚌の時間考えると余裕なく、やはりピストン! 今日は登り辛かった‼️なんだろう⁉️ 稜線で🗻を見たかったのですが、ガスで残念ではありましたが、近くの⛰️の眺望はなんとかあり良かったです。

  • 36

    3

    10:04

    20.2 km

    1,783 m

    北岳・間ノ岳-2019-10-05

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.05(土) 日帰り

    10月5日、南アルプスの最高峰にして日本で二番目に高い北岳に登頂し、続けて、間ノ岳、農鳥岳を登ってきた。 家を出てから家に帰るまで24時間以内というのは記録的だと思う。 スケジュールは以下の通り。 23時45分 新宿集合 2時30分 奈良田の駐車場着。満点の星空に息を呑みつつ、強烈な眠気に襲われ、仮眠。 4時30分前 起床して、準備 5時30分 広河原に向けてバスで出発 7時前 登山開始 9時45分 北岳登頂。天気も良く、大パノラマに感動。日本海近くの山から、太平洋まで見渡せた。 11時過ぎ 間ノ岳登頂 12時50分頃 西農鳥岳登頂 13時15分 農鳥岳登頂 17時 林道到達。日没での道迷いの可能性もなくなったから、ここからはウィニングラン的な感じでのんびりと。 18時 奈良田の駐車場着 21時頃 新宿に帰還 南アルプスは岩場が少ないとは言っても、そこは3000メートル級の高峰。雪が残る沢沿いの急登や頂上アプローチはそれなりにキツイ。しかし、それを補って余りある絶景。北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳、南アルプスの他の山々、御嶽山、乗鞍岳、遠く両白山地も見渡せ、富士山、伊豆半島と太平洋、流石に日本第2位の高峰だけある。 アイアンマン明けの後輩は、この時点で相当疲れていたようだが、この時はまだまだ余裕で、疲れているように見えるのは演技だと思っていた。 頂上で昼食的な補給をして、北岳山荘で、水分補給。ここからは水場もないしノンストップで行く計画。中白根山といくつかの偽ピークを越えて、間ノ岳。広い山頂で写真撮影をしている人に出会い、写真を撮り合う。直進すれば三峯岳だが、左方向に向かって農鳥小屋へ。ここは見えてからが遠い。300メートルくらい下って、2900メートル地点の小屋に到着。ここで少し栄養補給をして、ラストの登りで150メートル登り返して、西農鳥岳。これで終わりかと思ったら、農鳥岳までの道が意外と岩場。なんちゃってアルペン気分を味わいながら、予定通り農鳥岳に到着。ここで同じコースを来ていたトレラン同業者に出会う。快適な稜線歩きも大門沢下降点まで。ここからは一気に850メートルまで下る。大門沢小屋までは激下り。ここまでの行程の疲れもあり、膝が痛む。少しペースを落としつつも、ほぼ予定通りに小屋に到着。ここまでくれば傾斜も緩くなってるから、あとは快適に飛ばしていく。沢にかかる橋がアクセントにもなり!4人で遊びながら進む。日暮れ前に、林道に出る。走ればあっという間の残り3キロだけど、余韻を楽しむように話しながらのんびり歩く。輝き始めた月と帰ってきた星を眺めつつ、エクストリーム縦走は、無事に完了。 富士山3776も共に達成した田中、アイアンマン翌週に参加した初登山の久山、そして途中で一緒になった道連れのお方、今回も楽しい山旅をありがとう。またやろう。

  • 55

    118

    21:44

    26.3 km

    2,733 m

    紅組、白峰三山を縦走する(北岳・間ノ岳・農鳥岳)

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.05(土) 2 DAYS

    夏山シーズンの締めくくりとして、1ヶ月前から計画しては雨で断念を繰り返してた「南アルプスの白峰三山」の縦走に行ってきました⛰ 既に登山口から紅葉🍁が始まっており、山頂付近では見頃になってました。 朝5:30、奈良田発のバス🚌に乗りましたが、2台に乗り切らず、次の便まで待つ人もおり、通勤バス並みの混雑でした😨 今回は、まず北岳山荘に⛺️を設営してから北岳に向かうため、大樺沢沿いから左俣コースを進みます。 ⛺️を含む1泊分の装備はズシリと重く、バランスを崩しやすいので、慎重に進みました。特にハ本歯のコルからはハシゴや岩場もあり丁寧に💦 ほぼ予定通りに北岳山荘に到着、見よう見まねで初のテント設営🏕身軽になって北岳にアタック❗️ 日本で2番目の高さからの眺めは、今までに経験したことのない不思議な感じでした。甲斐駒ケ岳や鳳凰山を上から眺めます⛰ その後は⛺️に戻って宴🍻🥃上級者のジェバさん、fanaさんに焼肉野菜炒めをふるまってもらいすっかり満腹で、バタンキュー💤 寒さで何度も目が覚めつつ、2日目は3時起床😳4時半過ぎに出発しました🚶‍♀️ 何回も登り下りを繰り返しながら、中白根山、間ノ岳を乗り越え、ホシガラスや雷鳥にあいさつし、農鳥小屋に8時前に到着、休憩しながら前を見ると、「どうやって登るの?」と思わず嘆く急登😱 あまり先を考えずに一歩一歩進み、西農鳥岳から農鳥岳に到着⛰ 白峰三山のピーククリアの余韻に浸りながらラーメン🍜美味い‼️ さぁ、ここからは長い長い、きつい下りです。 何度もこけそうになりながら3時間、ようやく大門沢小屋に到着💦コーラで生き返り、さらに下っていきます 大門沢小屋から3時間、奈良田🅿️に戻っきました😌3人ともに無事でなによりです テン泊、三山縦走など、はじめての経験が多かった今回の山行、仲間のおかげでとても楽しめました👍ジェバさん、fanaさんありがとう😊

  • 58

    182

    34:06

    27.1 km

    2,818 m

    山梨百名山 北岳・間ノ岳・農鳥岳縦走 98座目.99座目!

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.05(土) 2 DAYS

    山100にリーチをかけるべく紅組で縦走してきました。 奈良田駐車場から始発のバスで広河原へ! 今回気合を入れ過ぎて色々詰め込んだらリュック重過ぎ…ヨロヨロしながら登りました。 前回とは違うコースでコルから登り北岳山荘でテン泊しました。初日に北岳に行き、翌日間ノ岳と農鳥岳を制覇しました。 なかなか歩きごたえのある登山となり楽しかったです😍 残り1座!簡単には終わらなそうです🤗

  • 105

    29

    21:52

    25.7 km

    2,717 m

    白峰三山 テント泊縦走 2019-10-05

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.05(土) 2 DAYS

    山梨百名山98.99座目である間ノ岳と農鳥岳、一度登頂した北岳を登り、白峰三山を縦走してきました。 週末となれば天気に裏切られる日が多かったのですが、この日のコンディションはバッチリだと言う事で結構しました。 車は奈良田の駐車場に止めて始発のバスで広河原まで行き、白峰三山を縦走し奈良田駐車場まで歩くコースとなります。 45Lのザックにテント一式、シュラフや食料を詰め込んで16キロ程の荷物を担ぐ! 奈良田から満員のバスで広河原に到着すと、絶好の登山日和を待っていたかのような人の多さに驚いた。芦安や奈良田から流れ込む人人人😄 本日はいつメンのみやさんとシェバさんと私の三人での登山、私達も広河原を出発し北岳山荘へ向かいます。久しぶりのテント泊装備で体に負荷がかかりました。バテバテで登って行きましたが、夏山と一味違うこの秋へ移りゆく北岳の姿を見上げながら歩くのは中々良い物です。 雪渓も少し残って居て数名の方が歩いていましたので自己責任で立ち寄りました。 雪渓トンネル凄いけど崩れない様願いながら通行😱凄い経験でした。 二俣から八本歯のコルを経由して北岳山荘へ!ココもかなりの急登でした。 とにかく人の多さからいち早くテントを設営して置きたい。ゆっくり寝床確保に努めてその後身軽にして北岳へと言う作戦だ😆 コルを抜けて北岳山荘へトラバースすると素晴らしい稜線が飛び込んでくる。 本当別世界だ!!⛰ 景色が良いと体も軽くなる気がする(笑) 北岳山荘へ到着しテントを設営⛺️メンバー3人とも私がオススメした中華テント!ネイチャーハイクテントを並べて⛺️⛺️⛺️ネイチャーハイク村を設立した(笑)他の方も結構使ってる方が居るんですよ!1万円台で軽量でオールインワンなこのテント!次はバージョンアップ版が欲しい⛺️ テント愛はさて置き、昼ごはんを済ませて身軽にして北岳へレッツゴー! ザックの重さから開放さだとは言え、3000mは中々に息を切らす!素晴らしい開放感の有る登山道は歩いて居て気持ちが良い!標高を上げるに連れ風が冷たく当たってくる。 夏に来たらお花畑なんですが、さすがに今年は終わっていました。一部咲いている箇所もありましたがやはり夏にまた見たいなぁ〜! 北岳山頂に到着! 今日は素晴らしく晴れ渡り、甲斐駒ヶ岳や鳳凰三山、富士山までよく見えます。 初めて来た時は雨で北岳は雲海で鳳凰三山などの高い山の頭しか出ていない状態でした、それはそれで良かったのですが、今回はスッキリした眺望を望む事が出来、大満足です! 明日に備えて今日は早めにテントで休むとしましょう😄 そんなこんなで賑やかなテント飯宴会が始まったのです! ビールは売り切れ寸前でセーフで買えました🍻 とりあえずお疲れ様🍺 今回はシェバさんが凄いものを持ってきました。白州をビンごと持って来てます😄お酒には困らなそうです。 メニューはシュウマイ、焼肉、野菜炒め、焼き鳥、チーズ、ポテチ、ビール、ウィスキー🥃いやー飲んだ食った! そして酔っ払っていつの間にか寝いた。 朝は2時30分に起きましたが、、、、頭が、、、、痛い😱軽く?二日酔いです(笑)ヤバイな、と思いながら朝ご飯を食べる。 どうやらシェバ氏も二日酔いらしい(笑)やっちまったなぁ〜(笑)笑うしかない 一瞬縦走を諦めかけたが4時には出発予定、皆んなきっと二日酔いのはずだが誰一人出発を遅らせようなどと言わず予定より若干遅れながらも予定通り出発した。 2日目の始まりだ。 体はスッキリ、、では無いが重い荷物に苦戦しながら間ノ岳を目指す。 まだ暗い登山道を歩くと空には綺麗な星空が広がっていた✨空が近く感じる気がするほど綺麗でした!うまく伝えられないけど素晴らしい! 北岳山荘方面を振り返ると北岳への登山者の灯りが見えました。 しばらくすると薄っすらと明るくなり始めていました。 するとヘッドライトの明かりの目の前に飛んで来た一羽の鳥が! ん??!!!!!コレは雷鳥さんでは無いですか! まさか初対面は雷鳥さんから来てくれました。何というサービス精神な雷鳥さんでしょうか😄シェバさんも初雷鳥を拝みます! まだ暗いなか有難う!クールに飛んで帰って行きました!😱雷鳥さん、、あんた飛べたのか(笑) 雷鳥に元気をもらい、今日は良い事ありそう、そんな思いで中白根山に到着した頃には辺りは明るく、雲と富士山が紅く染めて御来光のカウトダウンを始めていました。 朝焼けは本当に綺麗ですね! この後今回の間ノ岳、農鳥岳、奈良田コースがいかに大変か目の当たりにする事に、 行けども行けども間ノ岳に付かない!中々険しい天空の稜線に悪戦苦闘しました。 少し高山病なのか息が荒れ、背中の荷物が重くのしかかる。辛い、、、 景色は良いのですが中々のアップダウンに苦戦を強いられる。 やっとの事で間ノ岳へ!山梨百名山98座目達成!北岳が遠くなった気がするが、まだこの日のコースとしては序章に過ぎない😱 次の農鳥岳も姿がハッキリ見えるのだが、ココから一度高度を下げ農鳥小屋を経由して農鳥岳へ進む、この高度下げるのが心に打撃を与えてきます(笑)間ノ岳からは一気に登山者の数が激減します。農鳥小屋までの下り道で本日2度目の雷鳥とも遭遇できました。 凛々しい姿の雷鳥さんと、近くにもう1羽小柄な雷鳥さん!夫婦かな? 昼間の方が毛並みもしっかり見えしっかりその姿を目に焼き付けてその場を後にしました。 農鳥小屋に着くと名物の親父さんがヘルメット姿で登場!山ガールに囲まれてご満悦の様子(笑) 私達もココでしばし休憩し、失われたカロリーを摂取する!腹ペコです。 本当は昨晩食べそびれたカップラーメンを食べたかったが、小麦アレルギーがそれを阻む😰グッとこらえてカバンの隅へ置きアルファ米を頂く、正直アルファ米はイマイチです😄 農鳥小屋から見上げる登山道はかなりの急登で、アレ登れるの?と思うほどに急登の様子! 意を決して登山を再開した。 実際登って見るとなんて事も無く登る事が出来一安心、実際には急登に変わり無く息は大荒れ😰 農鳥小屋から見た山は切り立ち荒々しかったのだが、急登を終え山の反対側に来るとまた山の様子が変わりました。切り立った部分が少なく美しい姿となっていました。 しばらく行くと西農鳥岳に到着、ココが山頂かと思ってしまったがそう甘くは無い様だ😱 しかし3051mも有る! 稜線から見下ろす紅葉もまた綺麗でなんとも言えない! しばらく稜線と岩場を進んで行くと農鳥岳の山頂が見えて来る、見えいるが中々着かないのが稜線歩き😄 バテバテで到着し99座目の山梨百名山をゲットしました! 農鳥岳も後続者が結構歩いて来ていて意外にも人がいる事に驚きです。 ココでもゆっくり食事を取り6時間に渡る下山に向けてエネルギーを摂取する😱 そしていよいよ下山開始です。 広河内岳分岐まではまだまだ美しい高山を楽しむ事が出来ます。広河内岳分岐の鐘を鳴らし🔔下山道を進む この稜線を更に進むと以前行った笹山まで足を延ばす事も可能ですが、今回はそこまで体力が残って居ない。しかし軽快な足取りのシェバさんはしっかりお代わりで広河内岳の山頂を踏んできましたよ! 自分とみやさんは下山を先行します。 広河内岳のタイムが鐘🔔の分岐から40分なので往復1時間20分くらい自分達が先行しちゃいますねーなどと話していたら何と言う事でしょう、物の1時間ちょいで合流した!😱どんな速さであんたは登ったのか不思議でならない!恐るべし変態シェバ氏の脚力に改めて驚かされた1幕でした😆 さて置き下山は稜線歩きと違い、樹林帯の長い長い道となり一気に疲労感が増して来ます。 岩がゴツゴツとした登山道で丁寧に下山しなければあっという間に足を壊す事間違い無し 🦵🦵🦵🦵🦵🦵🦵🦵🦵🦵🦵🦵 慎重に下山します。 大きな沢に当たるとリンドウなどの花も少し見る事が出来癒しを与えてくれました。 しかし依然として下山は進んでおらず、下山道の長さを目の当たりにしました。 大門沢小屋は閉鎖されたと聞いていたので少しだけでも休めればなんて話していたのですが、下山開始2時間30分程度で大門沢小屋に到着すると、何と小屋は閉鎖されて無く営業中でした。嬉しい誤算です😊ココで皆んなでコーラやお茶を購入して一気に飲み干す🥤 うまい!あー生き返る😆とばかりに飲み干しました(笑) 引き続き下山を開始!丸太橋を数回渡り沢沿歩きます。大門沢小屋を出て更に2時間、水力発電所の水門まで下山して来ました。 ココの吊り橋がかなりスリリングでした。 何がスリリングかと言うと、あまりテンションが少ない様で、左右に大きく振られます。また足場の鉄板は薄く頼り無い😱思わず悲鳴を上げつつ渡る羽目になりました(笑)恥ずかしい!みやさんは慣れているのかクールに渡り終えました!さすがです😄 水門で休憩中の事でした!ふと目線を上に上げるとそこには山のキュウイが有りました!名前は後で調べたらサルナシと言うそうです! 山のキュウイは知っていたので皆んなで試食!これがめちゃくちゃ美味い!シェバさんはマスカットの味がするなどと、滅多に味わえない味を堪能しました✌️ ココからしばらく林道を歩き広河原へのゲート前を通過して奈良田の駐車場へ向かい、17時に下山完了し今回の計画を無事終える事が出来ました。 とにかくお腹も空き、ラーメン屋さんに直行です😄YAMAPの消費カロリーか8000カロリーを記録!今日は何食べても大丈夫🙆‍♂️(笑) 沢山食べてホッとしました!いつものみたまの湯に寄り汗を流し帰宅しました! 充実した山行きに大満足でした!辛かったけど高山の稜線歩きは本当気持ちが良かったです!素晴らしい登山仲間にも大感謝です。 良かったら動画もどうぞ🎥 https://youtu.be/1ZRQ52dbHSM

  • 42

    15

    51:03

    25.2 km

    3,226 m

    北岳・間ノ岳・農鳥岳

    Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)

    2019.10.05(土) 3 DAYS

    白峰三山を縦走!?という体力はないので、北岳山荘にテントを置いて、間ノ岳→農鳥岳まで挑戦。 空身の稜線歩き、最高です(笑) 最終日の北岳、悪天候のため眺望ゼロ。

農鳥岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

農鳥岳周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 4.6
  • 平均気温 -8.4
  • 最低気温 -19.7

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.24(金)

    101

    132

    10%

  • 01.25(土)

    206

    91

    50%

  • 01.26(日)

    218

    90

    50%

  • 01.27(月)

    260

    7-1

    50%

  • 01.28(火)

    202

    103

    50%

  • 01.29(水)

    200

    124

    40%

  • 01.30(木)

    200

    123

    40%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(山梨県南巨摩郡早川町奈良田)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

農鳥岳周辺の山