熊本周辺の山

  • 阿蘇山

    体力度
    難易度

    世界的規模のカルデラを形成し、その中心の中岳は今もなお噴煙を上げる活火山である。阿蘇五岳(根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)は、圧倒的な存在感を示し、国内外の観光客が押し寄せる人気スポットである。高岳・中岳以外は、火山ガスの影響も少なく、冬期以外は、比較的初心者でも気軽に登山を楽しめる。特にミヤマキリシマの開花時期がお勧めで、くじゅう連山より開花がやや早いのが特徴。なお、火山活動の活発な時期は、入山規制に伴い、登山禁止になることもある。また、熊本地震等の影響により、登山禁止ルートがあるので、火山ガス規制情報も含めて事前確認をすること。また、2018年6月現在、高岳直登の仙酔峡ルートは登山禁止となっている。復旧中の道路手前に車を停め、入山することも禁止されている。

  • 根子岳

    体力度
    難易度

    阿蘇五岳の内、最も東に位置する。遠くから眺め阿蘇山が容易に認識できるのは、根子岳のギザギザした山容のためである。最高点の天狗岳は最も険しく、登頂するには熟練した技術を要する。(現在、天狗岳ルートは登山禁止)一般的な登山は東峰山頂を対象とし、大戸尾根ルートは初心者でも登れる。ただし、登山道は典型的な火山土で滑りやすく、熊本地震及び、大雨等の災害時に崩壊した箇所もある。やせ尾根の部分は滑落事故も発生しており注意が必要。秋の紅葉の時期は、阿蘇山系の中で最も美しいとされる。

  • 俵山

    体力度
    難易度

    阿蘇の大噴火によって形成されたカルデラ外輪山の西側に位置し、山腹の草原は春の風物詩「野焼き」によって維持されている。四季を通じて阿蘇の草原の花々を鑑賞でき、熊本市内から30分ほどで麓までアクセスできるため、気軽に登山ができることで人気が高い。2016年の熊本地震により、一部の登山道では崩壊箇所があり、通行可能だが注意が必要。初心者は俵山峠を登山起点にするとよい。揺ヶ池(通称萌の里)と地蔵峠からも登山可能だが、距離があるので経験者向き。