中岳(阿蘇山)の写真
読み方:なかだけ

中岳(阿蘇山)

1506 m

体力度
3
体力度とは?
注意情報
掲載日時:2022.04.27(水)
 令和4年4月18日の登山ルート点検に基づき、阿蘇火山防災会議協議会にて安全が確認できたルートについて、登山規制が解除されました。ただし、砂千里ルートの一部については、令和3年10月20日の阿蘇山噴火の影響に伴う火山灰や噴石の影響により、通行不可(立入禁止)です。
 なお、令和2年7月豪雨等によるものと思われる土砂崩れにより、行儀松ルート及び日ノ尾尾根ルートは通行不可(登山ルートとしての通行を推奨しない)と判断しています。

通行可:仙酔尾根ルート、大鍋~東峰~高岳ルート、仙酔峡ロープウェイ跡ルート、火口東展望所ルート、すずめ岩迂回ルート、砂千里ルート(一部)、皿山迂回ルート

通行不可:砂千里ルート(一部)、行儀松ルート、日ノ尾尾根ルート
情報元: 熊本県

中岳(阿蘇山)が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

中岳(阿蘇山)のモデルコース

体力度
2

体力度
2

体力度
2

体力度
2

中岳(阿蘇山)の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

中岳(阿蘇山)の基本情報

  • 阿蘇五岳の一座。最も活発に活動している火山
  • 火口を眺めながら歩くダイナミックなコース
  • 異世界にいるような「砂千里ヶ浜」にも注目

熊本県にある阿蘇山を構成する山の一つで、標高1506m。阿蘇山の代表的な五つの山、高岳、中岳、根子岳(ねこだけ)、烏帽子岳(えぼしだけ)、杵島岳(きしまだけ)は「阿蘇五岳」と呼ばれ、親しまれている。中岳は中央火口丘群のほぼ中央に位置し、最も活発な活動をしている火山であるため、注意が必要。阿蘇山上広場から遊歩道を進んだ先にある砂千里登山口から登られることが多い。砂千里登山口から古い火口跡「砂千里ヶ浜」を歩くが、植生がほとんどなく、火山灰で覆われた空間はまるで地球以外の星にいるような不思議な場所。さらに進むと涸れた浅い谷の登りになり、登り切ると、尾根伝いに火口を眺めながら歩くことができる。火口周辺は火山ガスの状況により立ち入り規制が行われ、火口見学ができないこともある。阿蘇火山西火口規制情報(火山ガス・濃霧等で火口周辺立ち入り禁止規制)をチェックしよう。

中岳(阿蘇山)の動画

中岳(阿蘇山)の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

中岳(阿蘇山)周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

中岳(阿蘇山)周辺の山

YAMAP STORE