兵庫の山一覧

  • 氷ノ山

    標高:1509 m

    • 兵庫
    難易度
    1
    体力度
    3

    兵庫・鳥取県境にそびえる氷ノ山(別名須賀ノ山・標高1,510m)は兵庫県の最高峰で、中国地方でも大山(標高1,729m)に次ぐ高峰だ。天照大神が朝日に映える樹氷を見て「ヒエの山」と呼んだことが山名の由来とされる。登山道の途中には、かつて因幡と但馬を結ぶ御伊勢参りの峠だった氷ノ越があり、この先にブナの自然林がある。山頂部にはドーム状の緩やかな斜面が広がり、一帯はチシマザサに覆われている。展望もよく、空気の澄んだ日には六甲から四国の山々まで、360度のパノラマを楽しめる。登山適期は5月中旬から12月上旬。雪山登山として登られることもあるが、冬装備は必須。登山道は兵庫県側、鳥取県側ともにダイナミックな周回コースが楽しめる。

  • 六甲山

    標高:931 m

    • 兵庫
    難易度
    1
    体力度
    2

    神戸、芦屋市街の北側を東西30㎞以上にわたって続く山地の総称。ロックガーデンや魚屋道、青谷道、そして全行程56㎞におよぶ全山縦走など、広大な山域に魅力溢れる登山コースを多く持つ。またアクセスが良く、何本ものケーブルカーやロープウェイを利用した楽ちん登山も可能。ただし道迷いや急峻な岩場での滑落事故も多発しており、近郊の山ゆえの油断は禁物だ。冬には予想外の積雪もあるので注意したい。六甲最高峰(国土地理院の地形図では六甲山)の標高931mが最高地点。南端は大阪湾近くまで迫り、阪神地域にとってのランドマークでもある。

  • 鉢伏山

    標高:1221 m

    • 兵庫
    難易度
    1
    体力度
    1

    兵庫県養父市と香美町にまたがる標高1,221mの山で、兵庫県最高峰の氷ノ山とは稜線でつながっている。山頂部に大きな鉢を伏せたような窪みがあり、その形状が山名の由来と言われている。一帯は「ハチ高原」として、スキーをはじめ四季を通じてレクリエーションが楽しめる。大規模な草原がなだらかに広がり、ハチ高原を見下ろしながら高原ハイクができるのがこの山の最大の魅力。危険箇所がほぼないことから、林間学校の集団登山の場ともなっている。おすすめの登山コースは南麓の鉢伏バス停を起点とする約5時間の周回。山麓に1泊して、氷ノ山とセットで登るのもいいだろう。一般的な登山適期は残雪がなくなる4月中旬から降雪前の11月中旬まで。

  • 氷ノ山(三の丸)

    標高:1464 m

    • 兵庫
    • 鳥取
    難易度
    体力度

  • 三室山(兵庫県)

    標高:1357 m

    • 兵庫
    • 鳥取
    難易度
    体力度

  • 後山(兵庫県宍粟市)

    標高:1344 m

    • 兵庫
    • 岡山
    難易度
    体力度

  • 船木山

    標高:1331 m

    • 兵庫
    • 岡山
    難易度
    体力度

  • 赤倉山(兵庫県)

    標高:1331 m

    • 兵庫
    • 鳥取
    難易度
    体力度

  • 鍋ヶ谷山

    標高:1252 m

    • 兵庫
    • 岡山
    難易度
    体力度

  • 青ヶ丸

    標高:1239 m

    • 兵庫
    • 鳥取
    難易度
    体力度