木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山

出典: Wikipedia

※入山注意 ・一部の山小屋は今年休業 【情報元】 https://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/sangaku/index.html 木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)は長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰。日本百名山、新日本百名山、花の百名山に選定されている。木曾駒ヶ岳とも表記され、また略して木曽駒と呼ばれる事もある。

このエリアについて

掲載されている山

木曽駒ヶ岳(木曽駒ケ岳), 空木岳, 越百山, 将棊頭山, 宝剣岳, 檜尾岳, 南駒ヶ岳, 糸瀬山, 池山, 風越山, 権現山

  • 難易度
    4
    体力度
    5

    中央アルプスのほぼ中央、長野県駒ヶ根市、飯島町、大桑村にまたがる空木岳(標高2,864 m)は、要塞を連想させるピラミダルな姿が印象的な山。深田久弥は『日本百名山』の中で「空木、空木、何というひびきのよい優しい名前だろう」と書いている。山頂への一般的なコースは東面の池山尾根の往復。池山林道終点を起点に、大地獄、小地獄などの難所を通過し、ダケカンバ帯を抜け、夏にはお花畑となる空木平を経て山頂へ。駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅からのコース(上級者向け)は、激しいアップダウンや岩場の通過があるダイナミックな縦走だ。山頂東直下に空木駒峰ヒュッテがあるが、素泊まりのみ(宿泊有料・寝袋は用意されている)。

  • 檜尾岳

    標高:2727 m

    難易度
    4
    体力度
    5

    檜尾岳(ひのきおだけ)は長野県駒ヶ根市と木曽郡大桑村にまたがる標高2,728 mの山。木曽山脈(中央アルプス)木曽駒ヶ岳から空木岳への主稜線の中間に位置する。 木曽川の支流の伊奈川及び天竜川の支流の太田切川の源流となっている。山体は木曾駒花崗岩の中粒花崗閃緑岩で構成され、周辺では周氷河地形と南側では線状凹地の二重山稜の地形が見られる。山頂付近は、森林限界のハイマツ帯で、高山植物が見られる。山頂には、三等三角点(点名が「梯子樽」)がある。

  • 宝剣岳

    標高:2931 m

    難易度
    4
    体力度
    5

    宝剣岳(ほうけんだけ)は長野県の木曽山脈(中央アルプス)にある標高2,931 mの山。 宝剣岳は木曽駒ヶ岳の南に位置し、東麓の千畳敷カールからは、大きな岩峰として望め、中央アルプスの代表的な風景に挙げられている。この千畳敷カールは国内有数の圏谷であり、付近はお花畑が広がる。急峻な岩峰であり、しばしば滑落事故が発生する。南には、極楽平、島田娘と呼ばれる雪形があり、その先の主稜線は空木岳へと続く。古くから信仰登山の対象であった。1795年(寛政7年)に麓の宮田村の小町谷文五郎と唐木五郎右衛門が山頂に不動尊を奉納した。

  • 将棊頭山

    標高:2730 m

    難易度
    3
    体力度
    4

    将棊頭山(しょうぎかしらやま)は、木曽山脈(中央アルプス)にある標高2730mの山。木曽駒ヶ岳の北に位置し、山体すべてが長野県に属する。 山の姿が将棋の駒に似ているところから名前がついた。 日本の分水界が山頂の間近まで迫っているが、将棊頭山の山頂に降った雨は、東は天竜川、西は木曽川へと集まり、いずれも太平洋へ注いでいる。ちなみに、分水界は、山頂の北西約1kmの胸突ノ頭付近で、日本海に注ぐ信濃川水系の奈良井川の源流となっている。 山頂の南側には、1913年(大正2年)に発生した長野県中箕輪高等小学校(現在の箕輪町立箕輪中学校)の集団登山の遭難事故(木曽駒ヶ岳大量遭難事故)を記念する碑がある。この遭難事故をもとに、のちに作家新田次郎が小説『聖職の碑』を著している。

  • 難易度
    4
    体力度
    5

    長野県南部に連なる中央アルプス(木曽山脈)の最高峰。登山者の多くが利用するロープウェイ・千畳敷駅がメインの登山口となる。標高約2600m、日本最高地点の駅前に広がる千畳敷は、日本でも有数のお花畑だ。ここから山頂へは、急登こそあるものの通過困難箇所はなく、天気が安定していれば初級者でもそう苦労せず山頂を踏めることだろう。コース沿いには中央アルプス固有種のコマウスユキソウ(ヒメウスユキソウ)が咲き、時間があれば中央アルプス唯一の氷河湖、濃ヶ池に立ち寄るのもいい。山頂周辺と宝剣岳北面には計5軒の山小屋もあって天気急変の際などは安心だが、一気に高度が上がるので高山病には注意が必要。水分をたっぷり摂ることとゆっくり歩くことが高山病を防ぐコツだ。なお、宝剣岳はクサリ場が連続する。岩場が苦手な人は立ち入らないように。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す