Photo by noramimi

仙丈ヶ岳・伊那荒倉岳

出典: Wikipedia

※入山はお控えください ・北沢峠こぼれび山荘、仙丈小屋、馬の背ヒュッテ、長衛小屋、大平山荘は今年休業 ・シーズンを通して南アルプス林道バス運休 ・戸台登山口へ至る市道は通行止め 【情報元】 https://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/sangaku/index.html 甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は、南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)北端の山梨県北杜市と長野県伊那市にまたがる標高2,967 mの山である。峻険な山容をもち、半ば独立峰のような姿勢で屹立する日本アルプス屈指の名峰で、日本百名山、新日本百名山、新・花の百名山、山梨百名山、信州百名山、日本百景に選定されている。 仙丈ヶ岳または仙丈岳(せんじょうがたけ・せんじょうだけ)は、長野県伊那市と山梨県南アルプス市にまたがる南アルプス国立公園内の赤石山脈の北部にある標高3,033 mの山である。 【概要】 北東に小仙丈岳、南西に大仙丈岳の小ピークを従え、さらに大仙丈岳の南側には、南アルプス中部の塩見岳に至る長大な仙塩尾根が連なっている。また、尾根の間には、東側に小仙丈沢カール、北側に藪沢カール、南東側に大仙丈沢カールと三つのカール(圏谷)を擁し、山容は比較的穏やかであるが、西面は急峻で岳沢が沢登りや冬季の氷瀑登攀の対象となっている。高山植物の非常に豊富な山として知られている。男性的な山容の甲斐駒ヶ岳に比べて女性的ななだらかな山容から「南アルプスの女王」とも称されることがある。日本百名山、新日本百名山、花の百名山、新・花の百名山、山梨百名山に選定されている。山体は赤石層群の硬砂岩・粘板岩・チャートで構成されている。

このエリアについて

掲載されている山

仙丈ヶ岳・小仙丈ヶ岳・横川岳・南アルプス

  • 小仙丈ヶ岳

    標高:2860 m

    体力度
    3

    小仙丈ヶ岳(こせんじょうがたけ)は、山梨県南アルプス市と長野県伊那市の境に位置する標高2855mの山である。南アルプスの女王とも称される日本百名山・仙丈ヶ岳を北麓の北沢峠からめざす際に通るピークで、眼前にカール(氷河圏谷)を抱いた仙丈ヶ岳の優美な山容を望むことができる。詳細は仙丈ヶ岳を参照。
 https://yamap.com/mountains/15

  • 体力度
    4

    南アルプス最北の3000m峰。長野県と山梨県の県境にある北沢峠を挟んで甲斐駒ヶ岳と対峙するが、男性的な甲斐駒ヶ岳とは対称的になだらかな姿を見せ、「南アルプスの女王」とも称される。その全容を望むには、長野県の伊那谷側からでないと難しい。南アルプスでは北岳とともに花の名山として知られ、山頂南部の大仙丈カール(圏谷)、小仙丈ヶ岳南西部の小仙丈カール、山頂北部の藪沢カール周辺は7月上旬~中旬にかけて、みごとなお花畑が広がる。ただし、7月中旬前後まで藪沢周辺は残雪が多いので、雪上歩行に慣れていない人はこの時期、北沢峠~小仙丈ヶ岳~仙丈ヶ岳の尾根コースを往復するといい。また、日程と体力に余裕があれば甲斐駒ヶ岳往復を組み込んでも楽しいだろう。

  • 双児山

    標高:2649 m

    体力度
    3

    双児山(ふたごやま)は、山梨県北杜市と長野県伊那市の境に位置する標高2649mの山である。南アルプスの日本百名山・甲斐駒ヶ岳(2967m)を北沢峠から登頂する場合、前衛峰である駒津峰(2741m)をまずめざすことになる。仙水峠まで谷間を通り稜線を北上するパターンと、ジグザグの急登を経て双児山へ連なるパターンのふたつがあり、体力の消耗を考えて双児山ルートは下山時に利用されることが多い。ただしあくまでも尾根上、発雷時や強風時には仙水峠ルートが無難である。詳細は甲斐駒ヶ岳を参照。 
https://yamap.com/mountains/62

  • 栗沢山

    標高:2714 m

    体力度
    2

  • 大仙丈ヶ岳

    標高:2975 m

    体力度

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す