耳我の嶺? 細峠から高取城趾 壷阪寺へ 

2019.04.21(日) 2 DAYS Nara
sho
sho

活動詳細

もっと見る

山の会の例会で 万葉集にある天武天皇が作られた歌 『み吉野の 耳我の嶺に 時なくぞ雪は降りける・・・・・』の 耳我の嶺と思われる細峠から竜在峠 芋峠の稜線を歩いて高取城趾に行く。 わりとなだらかの稜線だが 所々に急斜面の昇り降りがある。 植林帯が続き 眺望はほとんどない。 天武天皇が歩かれた時は、眺めは・・・有ったのであろう・・・・ 三等三角点 城ヶ峯から竜在峠までは 少々バリエーションルートです。 これからの季節は 歩きにくいかも。。。 城ヶ峯へ入るところも少々わかりにくいです。 それ以外は 踏み跡もある程度しっかりしていて 迷うことは無いと思われます。 高取城趾は 初めてだったが、思っていたより 規模は大きく 凄い山城だったのだろうと思った。 日本三大山城の一城で 日本最強の城 高取城の登りが所々にある。 なるほど・・・と うなずけるような城跡だった。 五百羅漢をみて 壷阪寺へ ここで 本日の山行会は終了する。 私は 土佐街道の街並みを見て 駅まで歩いた。 参加者は ちっちょさん じゅんさん 寅さん M田さん まちゃみさん ヒノクマさん がりさん YAMAさん とんちゃん HIDEさん バイキッキさん もんたさん にっしゃんさん shoの14人でした。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。