Photo by Hitoshi Nakashima

雷山・井原山

雷山(らいざん)は、福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境にある標高954.5mの山である。

このエリアについて

掲載されている山

雷山, 井原山, 獅子舞岳, 羽金山, 飯場山, 川原山, 八丁山, 白糸の滝

  • 体力度
    3

    井原山(標高982m)は、福岡県糸島市と佐賀県佐賀市の境に位置する山。典型的な断層山地のため、福岡県側は急崖となっており、洗谷や水無谷など、多数の渓谷や滝をもっている。ササ原が広がる山頂一帯は、コバノミツバツツジに彩られる。展望もすばらしく、金山や背振山地最高峰の脊振山(1,055m)をはじめとする山々が一望できる。その山頂に向けて、福岡県側、佐賀県側から多くのコースが延びるが、人気が高いのはオオキツネノカミソリ群落がある北東側の水無谷コースと、西方の雷山(955m)とセットで脊振山地をたどる縦走だ。通年登れるが、コバノミツバツツジの咲く5月上旬や、オオキツネノカミソリの咲く7月中旬~8月上旬が特におすすめ。

  • 体力度
    3

    福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境にある、標高955mの山。脊振山系に属し、同山系北部の分水嶺を成す。雷山は古来より霊峰として崇められ、登山ルートには雷神社上宮やほこら、古代山城の跡と考えられている「雷山神籠石」などがある。千如寺からの登山口を利用する人が多く、途中には「清賀の滝」があるので立ち寄ろう。山頂が近づくと傾斜は急になり、ブナの自然林を抜けて山頂にたどり着く。山頂は素晴らしい眺望で、脊振山地の山々はもちろん博多湾方面まで見渡せる。山頂からは脊振山地の第二の高峰である井原山への縦走路が整備され、二山を結ぶこのルートはとても人気。尾根道は、ブナの林やアカガシの木などの森林浴を楽しめ、ときおり展望の良いポイントなどを経由しながら歩くことができる。春はコバノミツバツツジのトンネルが美しい。

  • 二丈岳

    標高:711 m

    体力度
    3

    脊振山地より少し福岡県側に位置する二丈岳は、深江岳、城ヶ岳ともよばれる山城跡である。標高711m。糸島市西部にある加茂上流は二丈渓谷と呼ばれ、その入口にある「加茂ゆらりんこ橋」を起点に登られることが多い。二丈渓谷遊歩道は大きな岩などが見られ、野趣あふれる空間。山頂までの途中に「加茂神社」があるので、立ち寄って一息つこう。広い山頂エリアは巨岩が折り重なり、眼下に糸島の青い海が広がる最高のロケーション。時間に余裕があるなら、女岳や浮嶽まで縦走しよう。浮嶽山頂には浮嶽神社上宮が祀られている。山頂の展望は北側がわずかに開けている程度だ。

  • 体力度
    4

    金山は、福岡県と佐賀県にまたがる脊振山地の一座で、標高967mの山。主峰脊振山の北西約8kmの位置にあり、脊振山、井原山に次ぐ高峰だ。交通アクセスが良く、福岡都市圏からも多くの登山者が訪れる。断層地形の山域は、南の佐賀県側がなだらかで、北の福岡県側が急峻となり、多くの滝や深い渓谷が見られる面白い地形となっている。樹林に覆われ、展望は山頂部にならないと見えないが、尾根筋にはブナ林も残り、シャクナゲやミツバツツジのシーズンが特に美しい。尾根伝いに猟師岩山などの周辺の山へも縦走できるので、部分的な脊振山地縦走を楽しむのも良いだろう。通称「マムシ岩」といわれる展望台へは35分ほどで着き、金山がきれいに見渡せる。

  • 体力度
    3

    雷山〜井原山の途中にあるピークで、標高944m。尾根道の縦走ルートはほぼ林道歩きで高低差はあまりなく、歩きやすい。雷山、富士山、井原山ともに山頂からの景観は良好。詳細は、雷山を参照。https://yamap.com/mountains/9335

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す