三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山

三ッ峠山へ、富士急で行こう! ↓モデルコース・アクセス情報はこちら↓ http://www.yamanashibus.com/hiking-bus/fujikyu-hiking 三つ峠(みつとうげ)は、山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の境界にある標高1,785mの山である。峠ではない。三ッ峠山と呼ばれることもある(国土地理院の地図や山岳関連図書では三ッ峠山と紹介されている)。 開運山(1,785m)、御巣鷹山(1,775m)、木無山(1,732m)の3つの頂上の総称であるが、最高峰である開運山を指すこともある。 【概要】 古くは奈良時代から修験道の霊山として知られた。江戸時代後期、天保3年に善應空胎上人によって開山された信仰の山である。 神鈴峰、仙泉山とも呼ばれる。現在の三つ峠の由来として、山頂付近にわき水があることから水峠と呼ばれ転化したという説、三つの尖峰(トッケ)があることから、ミツトッケと呼ばれ、それに文字あてたという説がある。また、この三つの尖峰は木無山、御巣鷹山、開運山を指すという説や、開運山の三つの尖峰を指すという説にも分かれている。 山頂からは眺望に恵まれ、富士山、御坂山地、南アルプスが一望できる。条件が良ければ、飛騨山脈の槍穂高連峰を遠望することも出来る。この眺望の良さは大正時代に大町桂月が紀行文で紹介している。 頂上付近からは貝の化石なども発見されている。山頂直下の屏風岩では、ロッククライミングが行われる。 日本二百名山、日本三百名山、都留市二十一秀峰に選定されている。

このエリアについて

掲載されている山

三ッ峠山(三ツ峠山)、本社ヶ丸、鶴ヶ鳥屋山、清八山、御巣鷹山、木無山、霜山

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    富士五湖のひとつ、河口湖の北東に立つ日本二百名山。三ツ峠という山名の由来には、山頂部の開運山、御巣鷹山、木無山の三山の総称という説や、開運山の山頂にある小さな3つのピークを総称したもの、などの説がある。古来、修験者が行き交う信仰の山で、富士急行・三つ峠駅から山頂に延びる古道(表参道)には、往時を偲ぶ旧跡がいまも残る。最高点である開運山の山頂直下の屏風岩は、ロッククライミングの歴史あるゲレンデ。かつては、三ツ峠=岩登りだった時代もあるほどだ。太宰治『富嶽百景』のなかの一節、「富士には、月見草がよく似合ふ」は三ツ峠山南西麓の天下茶屋に滞在した際の情景を描いたものだが、彼は師の井伏鱒二と三ツ峠山にも登っていて、同著にはその様も記される。

  • ナットウ箱山

    標高:1412 m

    難易度
    体力度

  • 庭洞山

    標高:1000 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 競馬山

    標高:685 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す