鬼怒沼山・物見山・黒岩山

出典: Wikipedia

鬼怒沼(きぬぬま)は、栃木県日光市にある高層湿原である。標高は2020m前後。 【登山ルート】 ・奥鬼怒温泉郷からのルート 女夫渕温泉から谷沿いの道をおよそ2時間歩くと登山口である日光沢温泉に至る。ここまでの標高差は300m弱なのできつい事は無い。温泉を過ぎると暫くして一気に400m弱を登り切ると、オロオソロシの滝展望台があり、山の中をなだらかに流れる滝の姿が見える。そこからは黒い溶岩にシラビソやコメツガが茂る森のなだらかな登りとなる。日光沢温泉からおよそ2時間30分。 ・尾瀬大清水からのルート 大清水からのルートは急登コースであり、比較的荒れているためやや困難。 ・日光からのルート 金精峠から念仏平、湯沢峠、燕巣山を経由するルート。登山道は整備されていない。

このエリアについて

掲載されている山

鬼怒沼山、物見山、黒岩山、鬼怒沼、尾瀬沼

  • 温泉ヶ岳

    標高:2332 m

    難易度
    体力度

    温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村にまたがる標高2,332.9mの火山。日光白根山の北側、根名草山の南側、於呂倶羅山の西側に位置する。 温泉ヶ岳は、金精山の北側、根名草山の南側に在る山である。頂上は狭いが円く平らで、山頂付近まで針葉樹林に覆われている。山頂の見通しは悪くはなく、特に東-北-西側は開けており、燧ヶ岳や根名草山などが臨まれる。 古くは勝道上人が日光山を開山、今の奥日光に分け入って湯元温泉を発見し、その背後に聳える山に温泉ヶ岳と名付け、瑠璃光如来を祀ったとの伝承もある。

  • 難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 平五郎山

    標高:1699 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す