六甲山・長峰山・摩耶山

出典: Wikipedia

六甲山(ろっこうさん)は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山塊。瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、また新日本百名山、日本三百名山、ふるさと兵庫50山の一つでもある。 【時刻表】 - 六甲ケーブル https://www.rokkosan.com/cable/rc/timetablerc - まやビューライン https://koberope.jp/maya/price - 六甲有馬ロープウェー https://koberope.jp/rokko/price - 六甲山上バス https://www.rokkosan.com/cable/bus/timetablebus - 六甲摩耶スカイシャトルバス https://www.rokkosan.com/wp-content/themes/rokkosan/pdf/maya_timetable_faretable2018.pdf - 坂バス http://www.kobe-minato.co.jp/saka-bus.html - 六甲・摩耶急行バス http://www.city.kobe.lg.jp/life/access/transport/bus/event/2019kyuko_rokko_maya.html

このエリアについて

掲載されている山

六甲山, 長峰山, 摩耶山, 甲山, 石楠花山, ロックガーデン, 地獄谷, 有馬温泉, 六甲山全縦走

  • ごろごろ岳

    標高:565 m

    難易度
    1
    体力度
    3

    ゴロゴロ岳(ゴロゴロだけ)は、兵庫県芦屋市と西宮市との境にある山である。 平仮名で、ごろごろ岳と表記する場合もある。日本国内で唯一、標高から名前がついた山。計測当時は565.6mであったが、現在は565.3mとなっている。西から南斜面にかけては芦屋川の支流の源流部である。 名前の由来は、山に石や岩がごろごろしているからという説や、雷が多く雷の擬音「ゴロゴロ」から名付けられたという説などがある。また、阪神・淡路大震災前の標高が565.6mであったことから、語呂合わせ「5656(ごろごろ)」が名前の由来であるという説もある。 ゴロゴロ岳は六甲・淡路島断層帯の中に位置し、北側にある五助橋断層と、南側にある芦屋断層に挟まれた六甲山主稜線南側の段丘面ある。また、周辺の表層地質は花崗岩である。

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    旗振山(はたふりやま)は神戸市須磨区と垂水区の境界にある標高252.56mの山。 六甲山系の西端に位置し、南は大阪湾(明石海峡)、北は播磨平野に続く丘陵地となっている。山頂付近の地質は風化が進んだ花崗岩、植生はコナラ等の二次林である。山頂付近には、旗振茶屋や本州四国連絡高速道路の鉢伏無線中継所などがある。 山頂付近に設置されている四等三角点の基準点名は「鉢伏山」である。

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    長峰山(ながみねさん)は兵庫県神戸市灘区、六甲山系の前方に位置する標高687.7mの山。 長峰山は、六甲最高峰と摩耶山の六甲山系主尾根から南方に向かって派生する長峰尾根上の山塊である。山頂には天狗塚と呼ばれる巨岩がある。 主尾根から大阪・神戸を結ぶ阪神都市圏側に張り出した尾根上に位置することもあり、大阪湾を中心とする地域を広く展望することができる。 その展望は、足下に神戸市内を置き、西は明石海峡から南方は紀淡海峡、南東方に広く大阪平野を挟んで、生駒・金剛・紀伊葛城の山々を見渡すことができる。逆に、主尾根側には東方の六甲最高峰、西方の摩耶山を挟んで、六甲の山々の展望が良い。

  • 東お多福山

    標高:696 m

    難易度
    1
    体力度
    1

    東お多福山(ひがしおたふくやま)は、兵庫県神戸市東灘区と芦屋市との境にある六甲山系に属する標高697mの山である。東おたふく山とも表記される。 山頂付近は幅のある稜線でササの草原が広がり、三角点は設けられておらず、標識が山頂の目印となっている。頂上から少し下った場所からは六甲山主稜線や六甲山最高峰が一望できる。北側にある六甲山の主稜線とは大月断層・住吉川の谷で、南側にある荒地山やごろごろ岳とは五助橋断層の谷で隔てられている。六甲山地の多くは花崗岩が露出しているが、大月断層と五助橋断層に挟まれた東お多福山付近は砂岩・粘板岩・チャートなどが露出している。

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    神戸、芦屋市街の北側を東西30㎞以上にわたって続く山地の総称。ロックガーデンや魚屋道、青谷道、そして全行程56㎞におよぶ全山縦走など、広大な山域に魅力溢れる登山コースを多く持つ。またアクセスが良く、何本ものケーブルカーやロープウェイを利用した楽ちん登山も可能。ただし道迷いや急峻な岩場での滑落事故も多発しており、近郊の山ゆえの油断は禁物だ。冬には予想外の積雪もあるので注意したい。六甲最高峰(国土地理院の地形図では六甲山)の標高931mが最高地点。南端は大阪湾近くまで迫り、阪神地域にとってのランドマークでもある。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す