東京都国分寺市 地名発祥の地

2019.03.13(水) 日帰り Tokyo, Kanagawa, Saitama
ちゅうた
ちゅうた

活動データ

タイム

01:07

距離

2.3km

上り

13m

下り

13m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

お寺の名前がそのまま地名になる事も多く、ここ東京都国分寺市も例外に漏れず、お寺の名前が由来。 JR国分寺駅から南西方向に歩いて1.4キロほどのところに、そのお寺はあります。奈良時代に創建され、一時は繁栄していた国分寺も、今は現存していているのは一部のみ。ほとんどは更地になっています。 山の無い地域に引っ越し、今は遠くのお山に行く気力もない。かと言って何もしなければ、運動不足で体力は落ちるし体重は増えるし…。なので、頑張って行ってきました😙 ※いずれはお山にカンバックしたい💕(山にこもりたい⁉️🙄)

スタートをどこにしようか迷いましたが、ここ「史跡の駅」に決めました。名前の通り史跡の案内の他に、喫茶もやっていますよ😀
すぐ横は資料館。昔の建物を利用しています😌
すぐに国分寺跡(更地)に到着です😃
到着すると同時に、でっかい「国分寺」の石碑😓
葉っぱも落ちてしまって今は寂しいですが、これからが楽しみですね☀️
こんな「国分寺」と書かれた石塔や石碑がいっぱい💦
金堂跡らしいです。それよりも、正面のデッカイ木がスゴい❗️
南門跡らしいですが、形跡が無いので、この看板が無ければ素通りしちゃいそう💦
このだだっ広さ…。ここも国分寺跡。余裕で野球やサッカーが出来ます😅
この周辺から奥の高台の麓まで国分寺「跡」です。麓と高台の周辺に、今も国分寺は現存してます。
ん⁉️ 部分的に畑として利用されてます。古墳の上に畑があったり神社があったり寺があったりするので、それと同じですね。
また開けた場所が見えてきた😀
七重の塔跡です。でもこの石垣は最近のやつだな、こりゃ💦
中門跡です。基礎の部分だけは、わかるようにしてあるのね…😓
また金堂跡に戻ってきました。やっぱり、目の前の大きな木が気になります
金堂の基礎石だけあるけど…。この基礎石は、本物っぽいですね。
樹齢は何年ぐらいなんだろう
講堂跡。さっきの金堂跡と見た目がそっくりで、見分けがつきません💦
春の息吹💕
ここも基礎石のみの形跡…🙄
春の息吹第二弾❗️ このお花みたいに目立ちはしないけど、人の心を和ませる存在になるのがジブンの理想です😊
現存している、国分寺に向かいますよー❗️
本殿前の楼門。市の重要文化財らしいです。
国分寺本殿。何故か人の気配がしませんでした😓
薬師堂に向かいますよー❗️
仁王門。仁王様にご挨拶です💕
薬師堂までもうすぐ❗️
ハッキリと姿が見えてきたヨ😃
薬師堂です。薬師如来が鎮座しているとの事ですが、何か催しでも無かったらお姿は拝見出来ないんでしょうね😢
すぐ脇の10等身のお地蔵さん。頭をナデナデされすぎて頭がちっちゃくなったのかも。薬師堂前のお地蔵さんですから…😉
それでは帰りますよー❗️
帰りは、お寺の横の「お鷹の道」経由で…😌
無事に史跡の駅に到着しましたー❗️
史跡の駅内のカフェ「おたカフェ」でお茶しました。ヨーグルトムースとアイスティーのセットをいただきました。美味しかったです😋
オマケです。帰り道で、キレイなお花を見つけました。ほっこりするひと時💓
国分寺と国分寺駅の、ちょうど中間あたり。木の奥にある高層マンションが国分寺駅です。今日もいい日ありがとう!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。