吉祥山 冬靴のシャンクを楽しむ

2024.01.08(月) 日帰り

活動データ

タイム

02:38

距離

5.0km

のぼり

433m

くだり

435m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 38
休憩時間
6
距離
5.0 km
のぼり / くだり
433 / 435 m
1 8
1 13

活動詳細

すべて見る

冬山に誘ってくれる仲間ができたので今年は忙しくなりそうだ。 今日は、久し振りに冬靴を出して冬装備の慣らし運転に吉祥山に登ってみた。 ややゆるめに紐を縛り、足首にゆとりを作る。ゆっくりと歩くもシャンクがカチカチで足裏の違和感が半端でない。長靴よろしく足首の上部が擦れる。しかも重い! ザックもスコップ、ゾンデ、細引き、カラビナ、ツェルト、テルモスと「フル装備」。実はテルモスは空、食料なしにしてとりあえずの「軽量化」。いつもよりやや重い程度にした。 頂上に着く頃にはようやく靴の重さと不自由さを感じなくなる。ゆとりができたこともあり直帰するのが寂しくなったので、ぐるぐると彷徨いながら下山することにした。 注.新城側のルートは、左右に向山コースと大谷コースがあり、林道コースが両コースを縫っているので、様々なコース設定が可能になっている。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。