金草岳 ぎふ百山編

2022.11.27(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 23
休憩時間
24
距離
7.9 km
上り / 下り
721 / 742 m
14
23
33
7
34
22
12

活動詳細

すべて見る

11/27(日)ぎふ百山を目指す。 12/1からR417冠山峠トンネル工事事務所以北が冬季通行止めになるので、ぎふ百山で未踏の「金草岳」と「釈迦嶺」。できれば2座行きたいと思い、早朝から活動した。 1座目の「金草岳」は「冠山」とセットで登られることが多いが、以前に冠山峠に来た時は雨天だったので「冠山」だけ登って帰った。今回は「金草岳」だけ登って、次の山へ向かう計画だ。 冠山峠~布滝の頭~桧尾峠~白倉山~金草岳  冠山峠から、まずトイレへ向かい、トイレの横を抜けて藪かき分けて登山道と合流。  前夜の雨で両側の笹が濡れているのと、落ち葉と泥と樹木の根でツルツル滑る。  桧尾峠まで150m下って登り返すが、ヘツデン頼りなので転ばないようにゆっくり下る。  登り返しは明るくなってきたが、霧で眺望はない。    桧尾峠から白倉山へは、登りの稜線歩きでしたが、遠くの山はガスで見えない。  ガスの先の白倉山目指して進む。  見えるピークが白倉山かと思い到達すると、そのガスの先にもピークらしき影がある。  何度も偽ピークを越えて、3度目のピークが白倉山。  白倉山から金草岳は、少し下って登れば山頂。  一瞬青空が見えたが、すぐに真っ白になった。風もあり、寒かったので小休止して下山。  白倉山まで戻ると上空は青空。桧尾峠までの稜線もはっきり見えて気分爽快。  布滝の頭からは冠山がその姿を現した。  冠山峠に戻ると車は4台になっていた。  すぐに「釈迦嶺」へ向かう。  Yamapの切り忘れを途中で気が付いた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。