Harinokidake, Subaridake, Funakubodake

Nagano, Toyama

出典: Wikipedia

針ノ木岳(はりのきだけ)は、富山県中新川郡立山町と長野県大町市にまたがる標高2,821 mの山。中部山岳国立公園内にあり、後立山連峰の最南端の山である。 【概要】 大糸線信濃大町駅の西北西10.4 kmに位置し、針ノ木峠を挟んで蓮華岳と対峙している。大町側からは、蓮華岳が手前にあるため、針ノ木岳の方がやや標高が高いにもかかわらず、見ることができない。ピラミッド型の端正な山容で、日本二百名山及び新・花の百名山に選定されている。東西の主稜線は同じような勾配であり、白馬岳のような後立山連峰の特長である非対称山稜は見られない。高瀬川の支流である篭川の上流部に日本三大雪渓の一つ、針ノ木大雪渓がある。針ノ木岳の源流部の厩窪(マヤクボ)沢にはカール地形がみられる。山体は濃飛流紋岩型の溶結凝灰岩からなる。

このエリアについて

掲載されている山

Harinokidake, Subaridake, Funakubodake, Akazawadake, Narusawadake, Iwagoyazawadake, Rengedake, Kitakuzudake, Nanakuradake, Fudodake, Minamisawadake

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。

エリア近辺の天気

サポーターズクラブへの入会で、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

サポーターズクラブに入会

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す