蒜山

出典: Wikipedia

蒜山(ひるぜん)は、岡山県の真庭市北部と鳥取県の倉吉市南部に跨って位置する火山である。

このエリアについて

掲載されている山

蒜山, 上蒜山, 中蒜山, 下蒜山, 皆ヶ山, 二俣山

  • 難易度
    2
    体力度
    3

    蒜山は岡山県と鳥取県にまたがり、のどかな蒜山高原の北に、上蒜山と中蒜山、下蒜山の3つの峰を並べ、「蒜山三座」の名で親しまれている。日本三百名山の那岐山や県下最高峰の後山(標高1,355m)とともに岡山県を代表する山で、日本二百名山や新日本百名山に選ばれている。ブナの純林がある最高点(標高1,202m)の上蒜山、笹原のユートピアにカタクリが咲く中蒜山、最も低いながらも展望は抜群の下蒜山とそれぞれ個性があって単独で登っても充分楽しめるが、これらの魅力を一度に満喫できる3山の縦走(約5時間半)がおすすめ。登山適期は一般的には4~11月にかけてだが、樹林が少ない山だけに盛夏は避けたい。

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    烏ヶ山(からすがせん)は、鳥取県東伯郡琴浦町と日野郡江府町との境にある山である。大山山系の一つ。標高1,448m。

  • 下蒜山

    標高:1100 m

    難易度
    2
    体力度
    3

  • 中蒜山

    標高:1123 m

    難易度
    2
    体力度
    3

  • 仏ヶ仙

    標高:743 m

    難易度
    体力度

    仏ヶ仙(ほとけがせん)(別名、半甲山)は、鳥取県と岡山県にまたがる山。岡山県側では湯原奥津自然公園に属している。 頂は3つ並んでおり、そのうち最東の山頂は両県の県境であり、一等三角点が設けられていて、日本海と瀬戸内海との中央分水嶺になっている。一つの山頂がこの3条件を備えている山としては、日本に8箇所しかない山の一つである。 花崗岩の基盤に流紋岩が乗った山体で、落葉広葉樹林が広がる。 山頂は鳥取県の旧関金町、岡山県の旧中和村および旧八束村の境界となっていた。関金町は倉吉市へ合併し、中和・八束の両村は真庭市へ合併したため、今は両市の市境となっている。南麓には岡山市中心部を流れる旭川の源流域があり、岡山県が水源涵養保安林として保護している。北西麓の倉吉市側には天神川支流の小鴨川の源流があり、また北東へ約1km進むと鳥取県三朝町では、天神川本流の源流の一つである福本川の源がある。 山頂の一等三角点は「半甲山(はんこうざん)」の名称が与えられており、山の別名となっている。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す