白神岳の写真
読み方:しらかみだけ

白神岳

1235 m

体力度
3
体力度とは?

白神岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

白神岳のモデルコース

白神岳 蟶山(まてやま)コース

  • 7時間50分
  • 12.9 km
  • 1278 m
体力度
3

白神岳登山口駅から国道101号を渡ると登山口の標柱があり、そこから日野林道を歩くと登山口に至る。混交林の道を登っていくと大きな看板が立つところが二股分岐である。そこを左の蟶山コースへ進むと水場があり、急登が続く。森林限界を越えると山頂トイレが見え、道が平らになったところで十二湖分岐である。(ちなみにここから青池までは7時間ほどかかる)そこから進むと初夏にはニッコウキスゲ、チシマフウロなどのお花畑が広がる。一等三角点のある山頂には、360度の展望が待っている。

旧登山口-白神岳 周回コース

  • 7時間35分
  • 12.2 km
  • 1376 m
体力度
3

体力度
3

白神岳の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

白神岳の基本情報

  • 世界自然遺産・白神山地を代表する霊峰(最高峰は向白神岳)
  • 豊かなブナ原生林と日本海を眺めながら山頂をめざす
  • 山頂付近のお花畑と山頂からの大展望もすばらしい

青森県南西部から秋田県北西部にかけて広がる白神山地は、九州の屋久島と並ぶ日本初の世界遺産。その主峰である白神岳(標高1,235m)は、ブナ原生林とお花畑、山頂からの大展望など見どころが多い山で、日本二百名山に選ばれている。古くから津軽を代表する霊峰として親しまれ、山頂の北直下には白神大権現が祀られている。新緑の5月中旬と紅葉の10月初旬がベストシーズンだが、山頂付近の稜線がイブキトラノオやニッコウキスゲのお花畑になる6月下旬もおすすめだ。山頂からは360度の大展望が望め、日本海に沈む夕日と山並みから昇る朝日も美しい。登山道は最短コースである西面からの蟶山(まてやま)コース(登山口から約4時間半)がよく利用される。

白神岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

白神岳周辺の天気

8月の気温

  • 最高気温 30.2
  • 平均気温 20.6
  • 最低気温 12.5

年間の気温

最高気温 最低気温

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

白神岳周辺の山

YAMAP STORE