だいぼさつれい

大菩薩嶺

2,056.9 m

  • Yamanashi
難易度
12345
1
体力度
12345
1
難易度・体力度とは?

大菩薩嶺の基本情報

  • 首都圏から近く、初めての日本百名山としておすすめ
  • 季節の花が咲く稜線からは富士山や南アルプスの展望がみごと
  • 山腹と稜線、北部の丸川峠には冬期も営業する山小屋がある

山梨県の甲州市と丹波山村の境界に稜線を延ばす大菩薩連嶺の最高峰。路線バスが走る上日川峠を起点にすれば初級者でも無理なく周回できるため、初めての日本百名山として人気が高い。深田久弥の『日本百名山』では最高点を大菩薩岳として紹介しているが、現在は大菩薩嶺と呼ぶのが一般的だ。この山頂はコメツガ林に覆われて展望が開けないものの、大菩薩嶺と大菩薩峠を結ぶ草原状の稜線は花の多いのびやかな道が続き、富士山を眺めながらの山歩きが楽しい。明治~昭和の小説家、中里介山の未完の大作『大菩薩峠』は、山小屋・介山荘の立つ大菩薩峠でのある事件から始まる時代小説で、峠西側の勝縁荘(建物のみ残る)は中里介山や深田久弥にゆかりのある山荘だ。

大菩薩嶺のモデルコース

難易度
体力度

登山口のある南西中腹の上日川峠までは車道が通じている。ロッヂ長兵衛の右手から登山口へ。少し登ったところにある福ちゃん荘が大菩薩嶺と大菩薩峠との分岐点になっており、ここを起点にそれぞれを周回する。大菩薩頂上には展望がないが、大菩薩嶺と大菩薩峠をつなぐ稜線は展望に恵まれ、開放的なハイキングを楽しめる。

大菩薩嶺の活動日記

  • 78

    27

    07:29

    12.7 km

    1,141 m

    得手不得手と大菩薩嶺

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.21(火) 日帰り

    記憶の奥の忘れ物 最近のこと、活動日記を見た方から頂いた「鮮烈な記憶が・・・」とのコメントに、ふと思うことが有り振り返ってみたのです。 誰にでも、苦手な物がひとつやふたつはきっとあり、それが私なら「簡単な、ものの記憶」だと躊躇いなく(ためらいなく)声に出す。 どんな?と聞かれると、なんでも!と答えてみるが、あまりに唐突であまりにも漠然とした話に、誰もが小首を傾げて笑うのだろうね。 例えば6桁の数字の羅列、これを一度には覚え切れず何度も見返してみるが、目を離した隙に幾つかの数字が頭の中から欠如して、また繰り返し見直している。それが4桁となっても時々は首を捻っている。考えると頭の中がモヤモヤとなりパニックになっていて、ん?ん?ん?とね。 これが最近の話ならば、老化とか呆けとか言われても、そうだねと誤魔化せるのだが、若い時から変わりなく苦手なものになっているのだ。 病気かな?と今なら言えるのか?実際の所はよくは分からない。それが人の名前だったり物の名で有っても容易に覚えることができず、仕事勤めの時には誤魔化すのに随分と苦労したことが何度もあった。 でも、山でのことならよく覚えていて、振り返って話すことにいくらでも肉付けが出来るのは何故なんだろうか?ピストンで先行する人の足取りを見て、帰り道での間違いを指摘することも良くあるし、昔辿った道を思い出しながらも歩いていける。 何年も前の画像を見て、昨日のことの様に話を膨らませる事ができても、肝心の数字だけは頭の中を泳いで潜りスッと消えてしまうのだ。 人それぞれに得手不得手は有るが、私には数字の記憶が大の苦手なんだなとつくづく思い、そして首を傾げる(かしげる)。何故なんだろうかなと。 さて、今日のお山は大菩薩嶺である。 日本百名山と名乗る山は、我が家の周辺には三座しか無い中の貴重なひとつ!山梨県人にとっては心の山として、季節を問わず多くの人達から愛されている名峰であることは、たぶん今も私は覚えている?はずだ。(^_^;) 登山当日、朝4時半に仲間と合流し、この日の朝昼ごはんを買いにセブンイレブンへ立ち寄る。何よりもおにぎりのご飯が特に美味しいと感じ、山に入る時には必ず立ち寄っていて、半ばルーティンに匹敵する決め事となっているのである。その極上のおにぎりを持って国道411号線をひた走り、山梨県の裂石からの登山口へと向かって行く。 朝6時30分、登山口となる丸川峠分岐駐車場から登山を開始して、冬季閉鎖された林道のゲートを潜り抜け暫くはこの沢沿いに登山道を進み上日川峠を目指すのだ! 今日の天候は晴れ、3日前に降った雪が其処彼処(そこかしこ)に残り気温マイナス5度とだいぶ肌寒く感じるが、それも歩き始めの少しだけ、後は緩やかに登り始めるにうちに額から汗が薄っすらと滲んでくるのだ。道すがら沢沿いに有る千石茶屋前のお地蔵さんに手を合わせ今日の登山の無事を祈る。登山道はここから徐々に高度を上げて行き、木々の隙間から覗く南アルプスの山並みを遠くに望みながら荒れた道を上日川峠へと進んで行くのである。 上日川峠である。 この峠に建つロッジ長兵衛前の展望台にて暫しの休憩を挟み、林道脇の分岐から大菩薩峠へ向かう登山道へと分け入いると、林の中ゆるりと歩みを進め福ちゃん荘前を通り介山荘へと向かって行くのだ。 大菩薩峠である。 峠に建つ介山荘の前を抜け直ぐに、大菩薩峠を示す大きな道標がそこに有る。その後方には短く刈り込まれて、芝生の様な緑の山肌が視界の先に現れて来てホーっと息を吐き見やる。その北側には、まばらに樹々を散りばめて丸みを帯びた小山が見えていて、登山道がその中心を割って向こうの賽の河原へと導いて行くのだ。この登山道の左手には足元から一気に景色が広がりを見せ、甲州市の街並みが霞むほどに遠くまで見渡せて、その奥には圧倒される南アルプスの山々が連なりを見せ見る度に歩みを遅くしている。さらに後方には登るにつれ富士のお山が裾野まで姿を現して暫し時を忘れ見入ってしまうのである。 絶景だ!県人が心から愛する山並みが一望でき、この先に広がる期待に疲れた足も少しだけ早くなってくる。 西の河原の休憩舎だ。 この小さなログハウス風な小屋で冷たい風を避けて暫し休憩を取ることに。温かなコーヒーを口に含み暫しホッとして傍らの友を見入る。 一休みの後は徐々に高度を上げ、神部岩から雷岩へと岩場を上って行くのだが、ここが標高2000m地点らしく塩山市が設置した標柱がそこに有った。 絶景である!言葉にはならない程の景色が、登るほどにずっと左手にず〜〜〜っと続いているのだ!南アルプスの端から端までもがず〜〜〜っとずっと。 いつ迄もここに居たいなと思う気持ちが分かる景観だが、残念ながら我々は大菩薩嶺の山頂へと振り返りつつ向かうのである。 大菩薩嶺の山頂だ! 雷岩からは樹々に囲まれた森の中を歩き山頂へ登頂したが、頂きからの景色などは全く無く、森の中の広場に山頂を示す道標が静かに立っていた。 季節を問わずに何度となく登っている大菩薩嶺だが、今迄に辿っていたのは今日のコースからでは無く、この山域から流れ落ちる命の水を辿ってのバリエーションルートから12時間を超えての登山がほとんどで、行く度に強く試練を与えてくれた山だった。それも今日はゆっくりと眺め見る景観を楽しみ、緩やかに下山へと足を運ぶのである。 今日の下山路は大菩薩嶺の山頂から北側へ向かい丸川峠からみそぎ沢沿いに登山口の駐車場へと向かう予定だ。 大菩薩嶺の山頂から下山を開始する。下山路は、北側からの道の樹々が密集した森を一気に下りながら、つづら折れの道を足早に進むのだ。この冬の時期には、陽の届かぬ北面の凍り付いた森を寒さに震えながら丸川峠へと向かうが、登山時とはまるで対称的な森に驚きながらも、豊かな森だなと足を止め目先の奥の森を静かに眺め見ている。やがて目の前に開けて明るい雪原が飛び込んでくる。 丸川峠である。 この峠には小さな山小屋があり、まだ中学生だった息子と共に槍ヶ岳に登る前のトレーニングで、裏ルートから大菩薩嶺に登った帰りに立ち寄って、飲んだ挽き立てコーヒーの味が今でも忘れられず、小屋の前を通る度にいつも思い出しているのだ。 丸川峠からは、凍りつき急で荒れた登山道を所々木々につかまっては一歩一歩慎重に、記憶の底を辿りながら登山口へと一気に戻って行くのである。 歩き始めから13kmを7時間30分も掛け無事に歩いて来たが、今日も良い山歩きだったなと振り返り思う。頑張ったご褒美に近くの温泉に浸かりリフレッシュして帰るのだ!また明日のために。 今日もおつかれ山〜 補足注意事項 東京方面から山梨県へ国道411号線を使い通り抜ける場合、柳沢峠手前と落合間で先日の積雪により路面凍結が酷く、暫くは注意が必要です。峠を抜けても裂石までの一部に路面凍結箇所が有りスピードに注意! 特に二輪車は要注意です。

  • 20

    10

    07:46

    14.8 km

    1,270 m

    意外と厳しい菩薩様。

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.20(月) 日帰り

    予定が二転三転して、来週になるはずだった雪山デビューを これまた予定外の大菩薩嶺へ。 はじめの一歩としては丁度いいかなと思いきや なかなかキツイ…… あれ、菩薩様、初心者向けのはずでは?💧 先週谷川岳天神平に行ったせいか、浅い雪、登りづら!!雪と石のミックスをアイゼンで踏むの、気持ち悪!! 20〜30センチ程度なら6本爪とかチェーンスパイクのが適してるんですね 初心者身をもって学びました。 ただ景色は最高だったし雪もめっちゃキレイでした❄️

  • 50

    22

    06:38

    13.4 km

    1,239 m

    雪の大菩薩嶺 丸川峠分岐~2020-01-19

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.19(日) 日帰り

    雪の雷岩から 富士山🗻を眺めたくて大菩薩嶺へ 行ってきました この時期に 大菩薩へ行くのは初めて 丸川峠分岐の駐車場🅿️からスタート🚶 みなさんの活動日記でも 丸川峠までが キツイ😵急登💦と有りますが 本当でした😵  歩き出しこそ 雪と青空を見ながら 気持ちいい⤴️と余裕でしたが 急登が始まるとすぐに汗😵💦汗😵💦 出会う方との 挨拶も「暑いね~」に変わりました💦 しかし 景色は最高😃⤴️⤴️丸川峠付近はゲレンデゲ🏂⛄みたい❗ 丸川峠から大菩薩嶺までは気持ち良く歩けました この辺りから所々 富士山🗻からパワーを貰えます⤴️ 大菩薩嶺は展望が無いので すぐに雷岩へ向かいました 一気に展望が開け 富士山🗻どーん⤴️景色バーン⤴️ 風もあり さすがに寒いですが ここからは尾根歩きなので景色は最高❕ 途中ガスで真っ白にもなりましたが すぐに晴れ 富士山🗻を見ながらお昼にしました 初めての雪の大菩薩❗天気にも恵まれ最高の山歩きでした🙌 ※丸川峠分岐の駐車場🅿️にはトイレ🚻ありません 少し手前に公衆トイレあります

  • 28

    24

    07:43

    13 km

    1,218 m

    大菩薩嶺-2020-01-19

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.19(日) 日帰り

    初めての雪山。初めてタウン以外で履く、チェーンスパイク。。 前日積もった程よい雪の量で歩きやすく、雪山初心者には調度良い山行となりました。 この日は、チェーンスパイクで十分でした。 帰りに乗る予定にしていたバスが、積雪のため運休となったのはアクシデントでした。 往路:電車でJR塩山駅まで→バスで大菩薩嶺登山口 復路:バスで大菩薩の湯からJR塩山駅まで→電車でJR塩山駅から帰宅

  • 34

    16

    08:43

    13.8 km

    1,169 m

    大菩薩嶺-2020-01-19

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.19(日) 日帰り

    休みが1日しか無いから、今日は近くの大菩薩嶺に決めました。しかし、新雪のため駐車場まで車が上がらず、仕方なく少し下の駐車場に車を止めました。出発して丸川峠の少し手前でチェーンアイゼンが片方だけ無いの気づき、取りに帰って10分ロス。でも、見つかったから良かった。 初めての丸川峠の天気は最高!風も無く、おだやか。富士山が良く見えました。 大菩薩嶺から大菩薩峠までは、少し風があり寒い。でも富士山や南アルプスが見え最高でした。どこで昼ごはん食べようかと考えて歩いてると、避難小屋が見えました。中は風無く、最高!お腹も落ち着いたので、頑張って下山開始。上日川峠から丸川峠分岐駐車場までが遠かった。でも天気が良くて最高の登山でした。

  • 61

    44

    07:45

    13.2 km

    1,121 m

    大菩薩嶺 丸川峠~上日川峠

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.19(日) 日帰り

    行きたかった冬の大菩薩嶺へ 県道201号線は丸川峠分岐から冬期通行止めなので、丸川峠分岐から丸川峠~大菩薩嶺~大菩薩峠~福ちゃん荘~上日川峠~千石茶屋~丸川峠入口の周回コース 前日に降った雪で駐車場にも積雪があります アイゼン、迷いましたが6本で 丸川峠までは森の中を初めはミゾ沢に沿って、途中より尾根を登って行きます 昨日の雪で白い世界❄️キレイです✨ かなり急な道、気温は低いけど暑い💦 初め暗かった登山道も陽が昇って明るくなります ゆっくり登って振り返ると木の間から富士山と南アルプスが! 早く見たい~けど長い道のり、焦らずのんびり登ります 傾斜が緩んでくると丸川荘が見えてきて…丸川峠に到着です 霧氷がとてもキレイ✨富士山展望所もあり、景色がとてもいいところですね~ のんびりしたいけど、まだまだ先が長いので進みます ここからは緩やかに登って行きます 時々、南アルプスの展望を見ながらもくもくと登り、傾斜が少しきつくなり、つづら折りの道になると大菩薩嶺山頂はすぐです 展望がない山頂、足早に雷岩へ 雷岩からは目の前に富士山と上日川ダム、南アルプスは雲の上に浮かんでいるみたい✨✨ しばらく撮影して大菩薩峠へ この稜線歩きはとても好きな景色 白くなった稜線もキレイだな~ 親不知ノ頭から少し登ると展望地 八ヶ岳と金峰山も見えました 大菩薩峠で休憩して上日川峠へ ほぼ下りの緩やかな道、いくつか建物を経て上日川峠 いつも賑わっている上日川峠も通行止め、誰も居ません 丸川峠分岐までは1時間20分の道のりを戻りました 夏は気軽に登れる大菩薩嶺 通行止めで少し距離が延びるけど、雪も少なく人も入っているので安心して歩けました 前日の雪、タイミングよかったですね お疲れ様でした🍀

  • 41

    9

    08:01

    12.6 km

    1,124 m

    大菩薩嶺〜丸川峠から周回-2020-01-19

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.19(日) 日帰り

    本日、我が奥様が別の用事のため友人を誘って大菩薩嶺へ。丸川峠入口の🅿️に駐車、時計回りに周回してきました。 前日に降ったにもかかわらず、雪は少なめ。12本爪のアイゼンを使用しましたが、オーバークオリティ…。 軽アイゼンやチェーンスパイクの方が歩きやすいでしょう。雪は深いところで20cm程度でした。 気温は-5℃くらい、日差しがあるとかなり暖かく感じました。(休憩時用のダウンは着ないまま) 雷岩からの稜線では、富士山をはじめ南アルプス・八ヶ岳などの好展望。 晴天に恵まれた、のんびり歩きを堪能した1日でした。

  • 26

    14

    08:11

    26 km

    1,264 m

    5年ぶりくらいの大菩薩嶺-2020-01-14

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.14(火) 日帰り

    今日の丸川峠入口駐車場は他2台の車。サングラスの落とし物ありました。日下部警察署神金警察官駐在所に届けました。隣に駐めてあった車の男性のかたの物と思いますが…

  • 26

    23

    04:33

    14.9 km

    1,242 m

    大菩薩嶺周回コース

    Daibosatsurei, Tosakayama, Omateiyama (Yamanashi)

    2020.01.13(月) 日帰り

    会社の同僚とテント泊込みで行こうとしてた大菩薩嶺に下調べを兼ねて行ってみました。 結論から言うと今の時期はテント泊するには寒いかな〜笑 大菩薩峠から雷岩までは富士山や南アルプスを眺めながらかなり気持ちの良い稜線歩きができました! ロッヂ長兵衛を過ぎてから軽アイゼン装着、丸川荘から軽アイゼン外しました。外した後にぬかるみで何回か滑りましたが… 帰りのバスが11:57の次は15:00と間が空くため下山した後は少し歩いて大菩薩の湯でのんびり。 そこから塩山まで行ったけど特急待ちで50分… というとで車で行くのが1番!チェーンなくても丸川峠の駐車場まで全然大丈夫そうでした!止まっている車が多かったので手前の裂石駐車場に止めた方が無難かも。

大菩薩嶺の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

大菩薩嶺周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 9.6
  • 平均気温 -3.5
  • 最低気温 -14.3

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.21(火)

    111

    10-1

    10%

  • 01.22(水)

    212

    121

    50%

  • 01.23(木)

    200

    147

    40%

  • 01.24(金)

    200

    135

    40%

  • 01.25(土)

    202

    112

    50%

  • 01.26(日)

    202

    81

    50%

  • 01.27(月)

    202

    82

    50%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(山梨県甲州市塩山上小田原)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

大菩薩嶺周辺の山