大喰岳の写真
大喰岳の写真
読み方:おおばみだけ

大喰岳

3101 m

体力度
5
体力度とは?

大喰岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

大喰岳のモデルコース

大喰岳の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

大喰岳の基本情報

出典:Wikipedia

大喰岳(おおばみだけ)は、長野県松本市と岐阜県高山市にまたがる飛騨山脈南部に位置し、槍ヶ岳の南側に対峙する標高3,101 mの山。 山名は、群獣がこの付近に集まって山草を貪り食らったことにより、猟師の間で「大喰」と呼ばれたことに由来するとされる。山域は中部山岳国立公園に指定されている。 槍ヶ岳は東西南北に稜線を引き、北鎌尾根、東鎌尾根、西鎌尾根と呼ばれ、南側は鎌尾根とは呼ばないが3,000 m以上のピークが連続する稜線を引き、途中、大喰岳、中岳(3,084 m)、南岳(3,033 m)があり、穂高連峰へと続く。これらは氷食による圏谷地形と地盤の隆起の結果によるものである。 大喰岳は3,100 mを越え、日本で10位の高峰であるが、槍・穂高連峰の一峰で付属的な山とみなされ「…百名山」などに名を連ねることが無い。北側に間近に槍ヶ岳を望む。

大喰岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

大喰岳周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

大喰岳周辺の山

YAMAP STORE