あきたこまがたけ

秋田駒ヶ岳

1,637 m

難易度
1
体力度
2
難易度・体力度とは?

秋田駒ヶ岳の主要ルート

片倉岳〜シャクナゲコース

  • 初級
  • 4時間30分
  • 6.3 km
  • 530 m
難易度
1
体力度
2

八合目を基準に、男女岳や男岳の山頂を捉えながら周回するコース。幅の広い道が続くので迷う心配はないが、初夏にはまだ残雪があるので注意しよう。八合目は、すでに森林限界を越えており、終始展望のいい山歩きが楽しめる。田沢湖などが眼科に見え、道はゆるくゆるくのびる。阿弥陀池小屋を基点に、高山植物豊かな階段の道を登っていくと、男女岳頂上である。阿弥陀池小屋に戻ったら、横岳、焼森と巡っていき、再び八合目に戻ってくる。

秋田駒ヶ岳の基本情報

  • 6月から8月にかけて次々に花を開く東北屈指の花の宝庫
  • 最高点に展開する田沢湖や烏帽子岳などの雄大な眺め
  • 山麓は田沢湖高原、乳頭、水沢温泉郷や国見温泉など名湯揃い

秋田・岩手県境の秋田駒ヶ岳(標高1,637m)は、最高点の男女岳(女目岳)をはじめ、男岳や女岳、横岳、小岳などを総称した火山地形の山。高山植物特別保護地区に指定される豊富な高山植物の宝庫で、ニッコウキスゲやタカネスミレ、コマクサなどが梅雨から夏の終わりまで開花する。火山地帯だけに温泉も多く、宿泊地に事欠かない。数ある登山道のうち、最もポピュラーなのは北面の八合目登山口から。1時間半ほどの登りだが、周囲を見渡す大展望や池の周囲に展開するお花畑など、この山の魅力が凝縮したコースだ。時間があれば、北東へ伸びる稜線をたどって烏帽子岳(乳頭山)まで行けば、より充実した山行になるはずだ。

秋田駒ヶ岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

秋田駒ヶ岳周辺の天気

6月の気温

  • 最高気温 25.8
  • 平均気温 14.5
  • 最低気温 5.2

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 06.01(月)

    102

    2416

    80%

  • 06.02(火)

    100

    2713

    0%

  • 06.03(水)

    201

    2614

    30%

  • 06.04(木)

    201

    2517

    30%

  • 06.05(金)

    101

    2415

    20%

  • 06.06(土)

    101

    2414

    30%

  • 06.07(日)

    101

    2314

    20%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(岩手県岩手郡雫石町橋場)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

秋田駒ヶ岳周辺の山