たてやま

立山

3,015 m

  • Toyama
難易度
12345
3
体力度
12345
3
難易度・体力度とは?

立山の基本情報

  • 日本三霊山のひとつに数えられる古くからの信仰の山
  • 立山黒部アルペンルートを利用して初心者も3,000m級の山に挑戦できる
  • 難所の少ない半日コースから高山植物の宝庫を歩く縦走コースまでと幅広い

日本百名山の立山は、北アルプス北部に位置する富山県が誇る名山で、主峰の雄山(標高3,003 m)、最高点の大汝山(3,015 m)、富士ノ折立(2,999 m)の3峰からなる連峰の総称である。富士山、白山とともに日本三霊山のひとつに数えられ、古くから山岳信仰の山として栄えてきた。標高2,425mの室堂から雄山山頂をめざすメインコースは難所が少なく、初心者でも歩きやすいので、ファミリー層も多い。山頂からは眼前にそびえる大汝山をはじめ、剱岳、薬師岳、後立山連峰など360度の展望が広がる。より歩きたい人は、室堂を起点に浄土山(2,831m)、立山、別山(2,880m)のいわゆる立山三山をめぐる周回コースを取るといいだろう。

立山のモデルコース

Mt.Tateyama Three Peaks Circuit

  • 1泊
  • 10時間05分
  • 12.5 km
  • 1,339 m
難易度
体力度

マイカー規制があるので一般車両は立山駅まで。立山駅前の駐車場に車を置いて立山駅から立山黒部アルペンロードを使い室堂へ。室堂から一の越~雄山のピストンか雄山から別山を縦走し雷鳥沢~室堂と周回できる。縦走すると気持ちのいい稜線歩きができる。夏場は大汝小屋で休憩、軽食をとることもできる。宿泊はできないので、途中の内蔵助山荘や剣御前小舎で泊まると劒岳や朝日夕日をのんびりと楽しめる。危険個所はないが稜線でガスがかかると道外しや滑落の恐れがある。

立山の活動日記

  • 37

    54

    10:20

    9.8 km

    1,042 m

    雪の立山三山縦走

    Tateyama, Oyama, Jodosan (Toyama)

    2019.11.23(土) 2 DAYS

    友人に誘われ、雪山の立山三山縦走を行いました。 トラバースが多く、傾斜もきついので難しかったです。また、雄山や別山はトレースがあるのですが、大汝山前後はトレースが見えずらく、ガスもかかってきて道迷いの危険性も感じました。 冬山では夏道とは違うルートをあるいたり、天候やルートの状況で行動を変える必要があります。 一人では行かず、経験者をリーダーとして複数人で挑むことをお勧めします。

  • 50

    10

    24:45

    18.3 km

    1,675 m

    今冬初の雪山遊び2DAYS😊-剣御前・立山-

    Tateyama, Oyama, Jodosan (Toyama)

    2019.11.22(金) 2 DAYS

    ********************* ◆稜線はもう完全に雪山。 ・1日目は気温が高くべちゃ雪だったため、 ほぼスノーシューで問題なしと言うか無か ったら嵌りまくってました。 ・2日目は夜半から晴れて多少冷え込んだ ためカリカリ状態でずっとアイゼンで往き ました。でもカチカチでは無かったのでア イゼンが良く刺さって快適でした。 ・大汝山手前の岩場が嫌らしい感じで、安 全策で一部ウィペットピックでクライムダ ウンしました。 ・雄山手前からは前日室堂の登山指導員か らトラバースの状態が良くないときは直登 するようにとアドバイスがあり、その通り 直登しましたが、岩場が一部凍っていて慎 重にウィペットピックでフォローしました。 ・雄山から一ノ越の岩場も一部凍結あり。 ******************** 北アルプスも雪の便りがあちこちに届き 始めて、そろそろ本格的な雪山へ往きた いなぁって思ってたら、立山は今週末が 実質最終営業日。 ということで、振替休日を利用して立山 へ小屋泊まりで往って来ました。 1日目は1便でも室堂到着が10:00で遅 いので奥大日岳へ往けるところまで往っ てみようと登り始めたら、高度障害で心 臓バクバク状態が頻発してスローペース を余儀なくされる。 やっぱり、乗り物で一気に2500m近く登 っちゃうので心肺機能が付いて往けない。 😰 で、しかもガスが酷くなってホワイトア ウトになりかけてたので、予定のpm1時 折り返し地点で撤収。。。 「ま、メインは2日目なので無理せず戻ろ う~」 宿泊先は雷鳥沢CPの上にある雷鳥荘。 お風呂もあるし、トイレもウォシュレッ ト付き水洗だし、何と言っても食事が美 味い~😊 しかもモンベル、JRO会員なら割引あり でお得!!山小屋というよりまんま民宿 ですね! 2日目は2:30起床でゆっくり支度をして 外に出ると、満天の星空に🌙様。 「予報通り、やったね~😊」 昨日はスノーシューで往ったけど、今日 は若干雪が硬くなってたので、アイゼン で! 剣御前小屋までの急登は以前の山行で経 験済みとは言え、やっぱり長~い😓 でも、ここを登り上げれば後はもう極楽 稜線歩き~ 夜明け前の剱御前小屋で☕ブレイクして、 百高山の剱御前へ。 誰も来ないかなぁ~と思ったら帰りに単 独の方と行き違い。 そして、お楽しみの御来光は残念ながら 別山の陰に入ってしまい見えず。その代 わり周りの山々のモルゲン、特に剱のモ ルゲンは素晴らしかった😊 後は別山の稜線に戻って南峰から北峰へ。 ここも百高山。いつも素通りしてた😁 この後の雄山までの稜線は2パーティが 先行してて、3人組の1パーティは重そう なテン泊荷物でも早い!早い! 結構シビアなカチカチ斜面が続いて、ワ ンミスも許されない感じだったけど。。。 「アイゼン新品買っといて良かった😊」 最後は雄山、トラバースは微妙だったと いうより登山指導員のアドバイスで祠の 後ろからの直登を即選択! 念入りにお参りして無事を感謝しました。 立山神社には一ノ越から来られた方が7, 8名居たかな。 一ノ越へサクサク降りてそのまま室堂へ。 入れ違いに今日入山した方がたくさん上 がって往く。 室堂へ着くと相変わらずインバウンドの 観光客がわんさか。 でも、駅に入ると昨日到着した時の混雑 ぶりはどこへやら。帰りは乗客も少なく てゆったりできました。

  • 222

    210

    14:20

    17.5 km

    1,494 m

    快晴の立山を周回(北ア)

    Tateyama, Oyama, Jodosan (Toyama)

    2019.11.22(金) 2 DAYS

    【アクセス】  11月5日から立山黒部アルペンルートのケーブルカー始発便は8:40、高原バスの室堂到着は9:50、室堂発高原バスの最終便は15:30です。 アルペンルートの運行は11月30日までです。 【天気】 1日目 🌤〜☁️ 2日目 ☀️   【コース状況】  室堂〜一ノ越 雪は1m近くかな。吹き溜りではもっとありそう。BCの方が快適に滑走するにはまだ少なめ。  一ノ越〜雄山 雪はクラストしてアイゼンは良く効きました。凍結や岩の出ている箇所も多数。  雄山〜大汝山〜富士ノ折立 急斜面のトラバースが続く核心部。凍結箇所は無くクラストした雪なのでアイゼンは良く効きました。アイゼンの効きづらいパウダースノー、ガチガチの凍結だと滑落の恐れあり。気温が高くなる午後よりも午前中に通過する方が良いと思います。  真砂岳〜別山 クラストした雪が続くボーナスステージ。  別山乗越〜新室堂乗越 柔らかい雪なので登りはトレースがないと苦戦するかも。  時計周りに周回する方が多数いらっしゃいました。このコースの最大の核心部が大汝山〜雄山が後半になるので、撤退となるとその日に帰れなくなります。反時計周りに周回する方が良いと思うのですが。  18日月曜日は雨が降って新雪が溶けてその後再凍結してクラストし、一部の雨水は登山道で凍結していました。23日日曜日は大汝山に向かおうとした登山者が、お昼頃に雄山付近から400mほど滑落され亡くなっておられます。謹んでご冥福をお祈りいたします。やはりこの区間を通過する時には、雪質の見極めと細心の注意が必要です。 【感想/記録】  立山黒部アルペンルートの運行時間が短くなった今の時期だと、日帰りでは雄山ピストンがせいぜいです。でも白くなった立山を周回してみたいので連続ですが、今回は金曜日に一泊して立山周回にチャレンジ。金曜日の予報は曇り〜雪へと崩れる予報ですが、土曜日は回復しそう。この予報に期待して室堂山荘に宿泊し、未明から行動して雄山から先へ歩いてみることに。有給完全消化も兼ねて立山へ。 ■1日目  7時前に家を出発し、8時前に河川沿いの駐車場に到着したらまた車が1台もおらず、8時のチケット販売開始時でも売り場も先客は10人ちょっと。ほぼバックカントリーの方々でした。始発便のチケットを購入してら、いったん車に戻り準備をして立山駅に戻ると、少し人が増えていました。始発のケーブルカーも空いていて初めて座席に座りました。  室堂には9時50分頃に到着。準備をして外へ出ると雲が多いながらも、青空と立山が見えます。でも今日は午後からお天気が下り坂の予報。明日は雄山から周回する予定なので、新室堂乗越から別山方面にちょっと足を伸ばしてみます。雷鳥沢方面に下るとテントが見えます。野営場の管理棟は閉まっているのでトイレは使えませんが、大きなテントが見えるので、幕営されているのはグループの皆さんのようです。  雷鳥沢から称名川を渡りスノーシューのトレースを追って新室堂乗越を目指します。トレースを歩くと踏み抜かないので、アイゼンのまま登れました。斜度が少し急になってきたので登っていると暑く、途中でアウターを脱いで出発。標高を上げて稜線に近づくとちょっと風が吹いて寒くなってきました。少し斜度が緩やかになってきたら、新室堂乗越に到着。ちょっと別山方面に向かいますが、もうお昼近くなので昼食のパンを食べて休憩。到着時はまずまずだったお天気は、予報通り雲が広がってきました。  今日は美味しくビールを飲むための運動なので別山には行かず、逆方向の大日岳方面に向かってみます。幸いトレースがあったので、これを追っていくと12時45分頃に室堂乗越付近に到着。お天気も雲が広がって悪くなりそうなので、この辺で引き返します。帰りははサクサクと降りて雷鳥沢に到着。テントの数が増えていました。ここからの登り返しがキツいですが、雷鳥荘に到着したら近くのベンチでコーヒーブレイク。  お天気は下り坂で立山の稜線はガスに覆われてしまいました。室堂に到着するとお昼を過ぎため観光客もまばらで、閑散としています。空は雲が広がるもガスが晴れて立山が見えてきました。15時過ぎに室堂山荘に到着。アイゼンを解除して受付を済ませて、部屋に入ったら荷物の整理。あとは温泉♨️に浸かってビール🍺を飲んでもう極楽でした。20時前には就寝。 ■2日目  翌日は3時に起床し、軽く朝食を食べてトイレを済ませ、出発の準備をして、バラクラバ、ヘルメット、ピッケルを装備して4時頃に出発。星空が見える真っ暗の中をヘッデンの灯りを頼りに進みます。途中で後ろを振り向くと富山平野の灯りが見えます。トレースを追って一ノ越に到着。前回とは違い無風なので、ウェアは調節せずそのまま雄山を目指します。  新雪は溶けたようでアイゼンは効くものの、所々にある凍結箇所はなるべく踏まないようにして登り三ノ越到着。わずかに東の空が明るくなってきました。また岩と氷のミックス箇所も出てきますが、滑らない箇所を選んで5時50分頃に雄山に到着。ご来光待ちになると寒いので、アウターの上にインサレーションジャケットを羽織り、グローブも二重にして雄山神社峰本社へ。   山頂は無風で空は快晴のよう。東の空が徐々に赤みを帯びて明るくなってきました。ご来光を待ちながら朝食のパンを食べていたら、6時40分頃に蓮華岳の向こうからご来光🌅が上がりました。周りの山々も赤く染まり最高の瞬間です。撮影しながらコーヒー☕️を飲んで貸し切りの山頂を過ごしました。雄山からのご来光は3回目にして初めて成功。日が大分高くなった7時頃に大汝山へ向けて出発。夏道は雪で埋まり急斜面の山腹をトラバースします。幸いアイゼンはよく効いたので、ピッケルをダガーポジションにして慎重にトラバース。この後も同様のトラバースが続き気が抜けません。  7時半近くに富山県最高峰の大汝山に無事到着。ここからまたトラバースする箇所もありましたが、順調に進み富士ノ折立に到着。今度は下りになりますが、夏道が雪に埋まり分からないので、アイゼンで下り易い箇所を探して、急斜面の岩場をクリア。しばらくは快適な稜線歩きとなりました。後立山連峰を見ると鞍部から滝雲が流れ落ちています。真砂岳手前からは縦走者とすれ違うようになってきました。真砂岳付近に来るとちょっと風が吹いてきました。  別山が大きく見えるようになると、快適な稜線歩きが終わりまた登り返して、9時半過ぎに別山北峰に到着。白くなった剱岳が目の前にドーン。後立山連峰からは滝雲が溢れ出しています。この絶景を見ながらコーヒーを飲んで、剱御前小舎へ向かいます。稜線を歩いていると立山にも後立山連峰から溢れたガスがかかってきました。  剱御前小舎に到着したら、アウターを脱いで出発。雪稜を歩いて急斜面を下っていると、無風で気温も高く暑くなってきました。雪も腐り気味でアイゼン団子ができて歩きづらい。途中からまた風が吹き出して寒くなったので、昨日昼食を食べた岩でアウターを着て昼食を食べて休憩。  新室堂乗越に到着したらドンドン下って、称名川に到着したら給水してアウター、ピッケルをしまい出発。雷鳥沢野営場ではちょっと強めの風が吹いて、テントの皆さんは風対策に大変そう。また長い長い坂を登り返して、雷鳥荘を過ぎたら、また坂を登り室堂ターミナルに到着。今日は最後まで快晴の素晴らしいお天気でした。14時発の臨時便バスで美女平駅から3時過ぎには立山駅に到着。今日は下界は11月の北陸富山には珍しく快晴の良いお天気でした。 【注意点や反省点】  室堂山荘は一泊夕食付きで7,700円(安いかも)。夕食は18時~、朝食は6時半~でした。モンベルカードで350mlのビールが貰えます。館内はWiFiが使えて暖かく、部屋にはコンセントもあり、モバイルバッテリーは不要でした。トイレは水洗で広い温泉があり、夕食は美味しいともう極楽ですなぁ。平日だったので宿泊者は50人程度、十畳間を2人で使用できました。最大の難点は居心地が良すぎて外に出られなくなる事か(笑)。  2日目は500ccの山専ボトル1本だけでしたので、水分がちょっと足りなかった。  ワカンを持っていきましたが、トレースがあったので結局使用しませんでした。   【Apple Watch等による計測結果】 ムーブ(安静時を越える推定エネルギー消費量 / kcal)   1,244   1,603 エクササイズ( 活発に活動した分数 / 分)   175   213 スタンド( 1時間のうち1分以上身体を動かした時間 / 時間)   15   16 登った階数( 一階=約3mの高度を上昇 / 階)   100   197 ウォーキングの距離(km)  15.6  20.2 歩数(1日で歩いた歩数 / 歩)  23,876  29,663 心拍数 (1日で最低、最高の心拍数)  44〜147  51〜167 体重  62.9-> 62.4

  • 58

    98

    07:16

    8.5 km

    970 m

    立山(浄土山、雄山、大汝山)周回

    Tateyama, Oyama, Jodosan (Toyama)

    2019.11.03(日) 日帰り

    11月4月5月の立山はビーコンが必要ということで立山駅でレンタルの手配をしていましたけれど、この日はビーコンが必要なほど雪がないということでした。 立山駅7時始発のケーブルカーは、満車。美女平からバスは途中の滝などの見所を案内して8時過ぎに室堂到着。 バスターミナルに入るとすぐに登山届の受け付けがあり、登山道の詳しい状況を説明受けます。雄山までは軽アイゼン程度で行けるが、大汝山へ向かうトラバースはしっかりしたアイゼンとピッケルが必要。その先、昨日はアイスバーンだった箇所があるとのことでした。 予定通りに浄土山経由で雄山へ向かいます。浄土山の登り途中から雄山までは薄っすらと雪が積もっていましたけれど、アイゼンもピッケルも使わずに登りました。雄山の社(山頂)へ行った後、小屋前で昼食、アイゼンを履き、ピッケルを用意しました。 雄山からのトラバースは急な斜面を進みます。幸いなことに雪は凍っておらず、水平な足跡が続いていましたので、その後を追って進みました。 雄山からも大汝山からも富士山が見えていました。快晴ではないものの良い景色でした。 時間切れで別山を諦め、大走りから下りました。心配されたアイスバーンはありませんでした。トイレが閉鎖された雷鳥沢キャンプ場には10近いテントが張られていました。 下山したら雷鳥荘に宿泊です。バスターミナルまで行くよりは短いですが、長い階段を登ります。 雷鳥荘の夕食は6時から、温泉に朝7時まで入れます。床暖房なのか空調は見当たらないのに暖かい部屋でした。浴場にはシャンプーと石鹸が用意されていました。山小屋で一般的な消灯時間はありませんが、9時頃には部屋での宴会を切り上げ就寝しました。 やまのぼちゃおー企画 参加者6名 軌跡は自分のスマホの記録が乱れていたので、同行者から頂きました。

  • 42

    35

    14:56

    15.2 km

    1,521 m

    人生初の雪山登山🏔立山、奥大日岳

    Tateyama, Oyama, Jodosan (Toyama)

    2019.11.03(日) 2 DAYS

    ついに雪山登山に一歩足を踏み入れた。 これが雪山登山と言えるかどうかは分からないが雪がついた山に登るのは初めてのこと ピッケル⛏とアイゼン🥾を初使用にワクワク 山に行く度にどんどん山好きになる。 自分は一体どこまでハマるんだろう笑笑 山は、奥が深すぎる…🤔 今回もいろんな仲間との出会いや新しい経験をさせて頂いて、堪能することができた。 今までの山行の中で一番蜜であって、一番楽しかったと思う。色々と経験する度に山の知識も身につき山の楽しみ方も変わってきたんだなぁと振り返る。 山は人と人を繋げてくれる。仲間と助けあって登登山も単独登山と違って良いものだ。 大先輩のリーダーと4名の女性の大先輩方と登ったが個々の魅力ある一面も見る事が出来たり、女性のパワフルさに驚かされたりし、ほんと充実した笑顔が絶えない二日間でした🤣🤣🤣 同行していただいた先輩方ホント感謝してます🥰 またご一緒させて下さい🤲 山には自然の美しさよりも、人の心を惹きつけるものがあるがそれってなんだろうね🙄 ------ (山の情報は、ほぼありませんが感想みたいになってしまってすみません🙇‍♂️)

立山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

立山周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 3.5
  • 平均気温 -9.9
  • 最低気温 -19.9

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.21(火)

    111

    9-1

    20%

  • 01.22(水)

    203

    125

    80%

  • 01.23(木)

    203

    125

    70%

  • 01.24(金)

    200

    103

    40%

  • 01.25(土)

    200

    92

    40%

  • 01.26(日)

    202

    72

    60%

  • 01.27(月)

    202

    104

    50%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(富山県中新川郡上市町伊折)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

立山周辺の山