これから登る横岳〜硫黄岳方面👀‼️
山頂方面は寒さで岩が白い🪨‼️ヒィーッ☺️💦
登ってきた赤岳を振り返る👀🎵
富士山🗻が左側に👀❗️青空になってきた🎵
横岳付近から、硫黄岳・蓼科山方面・遠く遠くに北アルプス👀✨
硫黄岳の爆裂火口!
【周回】 赤岳・横岳・硫黄(美濃戸)の写真
【周回】 赤岳・横岳・硫黄(美濃戸)の写真
行者小屋到着🐾 看板下に水場有り🌟
【周回】 赤岳・横岳・硫黄(美濃戸)の写真
硫黄岳から下山中、振り返り撮影。

モデルコース

【周回】 赤岳・横岳・硫黄(美濃戸)

コース定数

標準タイム 09:30 で算出

きつい

38

  • 09:30
  • 15.1 km
  • 1576 m

八ヶ岳最高峰の赤岳と、それに連なる横岳、硫黄岳を縦走するコース。登山拠点は美濃戸口で、南沢と北沢をそれぞれ往復で使用し、周回するように歩く。美濃戸口へは茅野駅からバスでアクセスできるほか、そこから林道を入った先にある赤岳山荘エリアには大きな駐車場があるため、マイカーであればここまでアクセスできる。ここが実質の登山口となっており、南沢と北沢に分岐する。登山道の途中には、北沢であれば赤岳鉱泉、南沢であれば行者小屋などの中腹の山小屋を経由し、硫黄岳山荘や赤岳天望荘、赤岳頂上山荘など稜線の山小屋も充実している。日帰りも可能だが、それは比較的健脚者向きで、それよりもどこかの山小屋で1泊してゆっくりと歩くことをおすすめしたい。なお、稜線の岩稜帯(特に横岳周辺)は、高度感があり足場の狭い箇所が連続するため、慎重に歩こう。

コースマップ

タイム

09:30

距離

15.1km

のぼり

1576m

くだり

1576m

標高グラフ

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースの登山口

  • 駐車場

    赤岳山荘 駐車場 Google Map

    約80台、1日1000円。赤岳山荘で料金を支払う。 ここよりも先の美濃戸山荘の駐車場は、山荘の宿泊者しか利用できないので注意。

    美濃戸登山口 Google Map

    美濃戸山荘の目の前にある登山口。南沢と北沢の分岐点でもある。 赤岳鉱泉や硫黄岳方面へは北沢、行者小屋や赤岳方面へは南沢から入ると近い。

このコースを通る活動日記

  • 50
    122

    12:30

    16.3 km

    1548 m

    赤岳・横岳・硫黄岳周回

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 2 DAYS

    今回はパイセンの山小屋初体験したいを叶えました。今回硫黄岳山荘泊。 天気予報では1日目の天気は👍、2日目の天気が👎なので、初日に赤と横をやっつけよう、で行者小屋から半時計周りにトライ。2日目は予報が変わったら天狗までのピストンを計画。たがしかし、スタート2時間のみ晴れww赤横は雲の中。。。パイセンのスピードが人並みなら間に合ったかもなー(文三郎尾根40分待ち笑)、というのはさて置き、後半の横岳はもう強風と寒さにやられました。が、なんと奇跡的に日の入は山荘から拝めました!! 翌日は硫黄岳名物爆風。赤横阿弥陀はバッチリ拝め、北八ヶ岳方面も綺麗に見えました。天狗ピストン過りましたが、冷静に西の空を眺め下山を決意。案の定下りはパラパラと降り始め、美農戸に着いた瞬間に雨降り始めました。 結果ヤツはやっぱ良いすね。権現岳リベンジしないとなぁ。硫黄岳山荘も綺麗だし暖かいし水洗だしシーツ綺麗だし最高すわ。 パイセンへ。毎日踏み台昇降して鍛えてください。また7割ガスるというジンクスなんとかしてくださいませ。

  • 57
    28

    14:36

    21.7 km

    1795 m

    南八ヶ岳縦走ー赤岳〜横岳〜硫黄岳

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 2 DAYS

    あこがれの八ヶ岳縦走に挑戦しました。息子と登山を始めた時の目標だったコースでもあり、期待と喜びとともに、本当に大丈夫かという不安もありましたが、ともかく出発です。 去年赤岳単独で登山した経験より、山上で一泊を計画。当初は中間での天望荘の宿泊を計画しましたが、天気予報から日曜日に横岳を抜ける必要ありと判断して硫黄岳山荘の宿泊に直前で変更。日曜日宿泊で空きもあり無事宿泊できました。結果これが正解で体力的にはきつかったですが、無事三峰を登頂できました。昨日の日曜日は晴天ではないですが、登山には問題なく、硫黄岳山荘まで縦走。今日は爆風の中を硫黄岳経由で赤岳鉱泉へ下山。今日の爆風では、横岳・赤岳の岩稜は無理でした。 今回の登山は計画力含めて色々と勉強になり、息子と二人であこがれの八ヶ岳縦走に成功したのと合わせて、喜びでいっぱいです。

  • 27
    38

    10:17

    20.3 km

    1750 m

    赤岳(八ヶ岳)・地蔵ノ頭・石尊峰・横岳(三叉峰)・横岳(無名峰)・横岳(奥ノ院)・台座ノ頭・硫...

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 2 DAYS

    夏山に向けて足慣らしに赤岳周回🥾 日帰りもできるけど、のんびり小屋泊で😊 いつもの登山口からスタートして、南沢で念願のホテイラン✨✨ かわいくてつい足が止まってしまう🤩 沢沿いを歩くので、シャッタースピードをゆっくりにしての撮影に挑戦😎めっちゃブレて難しい😓 行者小屋手前からは大好きな赤岳❤️ 今回は7月に甥っ子と歩きたいと思っているルートの確認も兼ねているので、阿弥陀岳は寄らずに文三郎尾根からそのまま赤岳へ🥾 日本アルプスに囲まれてサイコーすぎる✨✨✨ でも、マムート階段はやっぱりキツイ🤣🤣 へばっていた頃電波復活して、LINEのメッセージで元気復活😆 阿弥陀岳との分岐を超えたら鎖場突入⛓️ あと少しの看板に背中を押されて赤岳登頂✨✨ ひと休みしたら横岳へ🥾⛓️🪜 赤岳→中岳→阿弥陀岳が素敵すぎて振り返ってばっかり❤️ とはいえ鎖と梯子の連続でそんなことは言ってられない🤣🤣 ツクモグサは残念ながらあんまり開いてなかった😓 横岳を通過して難所を通過しきった頃、下から雲が湧いてきてあたりは一気に真っ白に🥲 硫黄岳からは大好きな赤岳は全く見れませんでした😭 赤岳鉱泉まで下山したら1日目の行程は終了‼️ ゆっくりお風呂に入って、ビールとワインと赤岳鉱泉名物のステーキでお腹も心も満たされました❤️ 2日目は早く起きて下山‼️ 北沢からサクッと😆 1日目より沢の写真がうまく撮れた❤️ 雨降るみたいだから、さっさとおりて温泉満喫♨️

  • 62
    37

    10:42

    21.2 km

    1777 m

    布袋とモフモフに会いに八ケ岳へ🐤

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 日帰り

    今ならツクモグサとホテイランが同時に見れるという投稿があったので、6月に予定してたツクモグサ目的の赤岳~硫黄岳周回を急遽前倒しして行ってきました。見事にどちらも咲いてる姿にお会いすることが出来ました🥰 ホテイランはポツリポツリと咲いておりとても状態の良い咲き具合と美しさに暫しみとれてしまいました。 ツクモグサのモフモフはたまらないです。まだ寒いの?と話しかけたくなるような姿に癒されます。今日は気温が低めだったからかお日様が足りないのかどれも半開きな感じでした。それもまた良い😊 ツクモグサを見に毎年来られているという方がおられ、今年は花が小ぶりで花の数も少ない印象と仰ってました。 歩いたルートには軽アイゼンが必要な残雪はありませんでした。暑くもなく寒くもなくカラッとしていて、動いても夏のように汗だくにならず、熱中症による頭痛もなく、虫たち(アブとか)もいないし、人も空いてて、とてもとても快適な登山でした。この僅かな時期の八ケ岳、良いかも。来週もまた行きたいくらい😆 野鳥の観察もしました🐦️ (今回は生態とかをちょっと予習) 目で確認出来た鳥…ミソサザイ、ルリビタキ♂♀、あと青い鳥(コルリだと良いけど…)コンタクトレンズ着けて0.9くらいの視力だと細かいとこまで見えず…💧 鳴き声は色々聞こえるのに…😅 鳴き声でも分かるようになりたいなぁ。 ◼️茅野駅発 15:00美濃戸口行き アルピコバス(¥1500 IC不可現金のみ、CC決済はアプリ内で事前購入可) ◼️八ケ岳山荘 仮眠室前泊(¥2000現金のみ) MILLET化繊ダウンパーカ メリノウールのネックウォーマー Finetrack 防水手袋

  • 30
    30

    10:38

    16.3 km

    1702 m

    阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳 〜八ケ岳堪能コース〜20240526(日)

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 日帰り

    今回は赤岳山荘から阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳を周回するコースに行ってきました。 午後は曇ってしまったものの、午前中は晴れてくれ、阿弥陀岳や赤岳からの景色が最高でした! 【コースのポイント、注意点】 ・このコースの最大のポイントは、森林限界より高い標高  を歩く区間が非常に長いことです。  阿弥陀岳から硫黄岳までの稜線はずっと景色が開けて  いるため、たんまりと景色が堪能できます! ・今回も車で行きましたが、赤岳山荘へ行く道は私道の  ため、カーナビやGoogleマップでは案内してくれま  せん。  八ヶ岳山荘付近に、赤岳山荘へ続く道がありますが、  舗装されておらず、かなりのでこぼこ道です。  ゆっくり進みましょう。 ・山道は全体的に岩がゴロゴロしている箇所が多いです。  ただし阿弥陀岳山頂前と赤岳山頂前以外は比較的  緩やかな坂なので、登りやすいと思います。 ・阿弥陀岳山頂前と赤岳山頂前、あと横岳の一部は鎖場  です。ただし鎖などしっかりと設置されているので、  そこまで登りにくさは感じなかったです。 【道中詳細】 昨年硫黄岳を登りましたが、山頂から見た横岳〜赤岳の稜線を見て、ずっと登りたいと思っており、今回実現。 欲を出して阿弥陀岳も登りました。 阿弥陀岳〜硫黄岳までずっと森林限界の稜線で、素晴らしい景色をずっと見ながらの登山となり、控えめに言って最高でした! 残念ながら横岳奥の院に着いたあたりから曇ってしまい、硫黄岳では何も見えませんでしたが…、赤岳山頂では幸い晴れてくれ、景色を堪能することができました! 赤岳の険しい岩場よりも、横岳のアップダウンの方が、ボディーブローのように効いてきてしんどかったですが、とってもよい山行になりました。 来年もリピート確定です。八ヶ岳すばらしい!     

  • 73
    62

    08:38

    15.7 km

    1519 m

    南八ヶ岳縦走

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 日帰り

    四国の山に行く計画してたけど、色々検索した結果、八ヶ岳がヒット せっかく行くたら、日本100名山と縦走したいなってことで、南八ヶ岳縦走😊 良い天気に恵まれ、雲海と富士山に感動✨✨ とにかく素晴らしい山行となった😆

  • 34
    27

    12:05

    14.6 km

    1489 m

    美濃戸から赤岳周回、時々ツクモグサ&ホテイラン

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) (山梨, 長野)

    2024.05.26(日) 日帰り

    ヤマップの方の活動日記を見て、ツクモグサに会いに行ってきました。そこで、せっかく八ヶ岳に行くのですから赤岳にも行こうと周回コースにしました。念願のツクモグサのほか、ホテイランも初めましての感激です。 久々の長時間歩行でしたが、脚の疲労が心地よい充実した一日でした。