いおうだけ

硫黄岳

2,760 m

難易度
12345
1
体力度
12345
3
難易度・体力度とは?

硫黄岳の基本情報

  • 北面に大迫力の爆裂火口をもつ南八ヶ岳の一峰
  • コマクサはじめ八ヶ岳でも有数の高山植物群落をもつ
  • 初心者向けから経験者向けまで硫黄岳から様々なコース取りができる

アルペンムード漂う南八ヶ岳を構成する標高2760mの山。北面に直径1㎞、深さ550m、馬蹄形の爆裂火口が大迫力の景観をつくる。対して東・西面はなだらかな山腹がつづき、広々とした山頂からは横岳、赤岳、阿弥陀岳の南八ヶ岳の主稜線の大パノラマが広がる。また、硫黄岳南側の大ダルミから台座ノ頭の西斜面一帯にはコマクサの大群落が見られる。例年7月中旬から8月上旬の花期、高山植物の女王とも称されるピンクの花が斜面を覆う姿は八ヶ岳でも随一で、一見の価値がある。また稜線東側には、天然記念物に指定されたキバナシャクナゲの自生地があるなど、高山植物をめでることを目的に硫黄岳を目指す登山者も多い。峻険な岩稜が続く南八ヶ岳にあって、のびやかな稜線と丸みのあるピークをもつ硫黄岳は、南八ヶ岳入門の山としても人気が高く、天狗岳への縦走や、山慣れた人なら赤岳への縦走など経験と登山スキルレベルに合わせてさまざまなコース取りができる。

硫黄岳のモデルコース

難易度
体力度

標高1900mの桜平から夏沢峠をへて硫黄岳へ。峰ノ松目をへて桜平へ周回する。夏沢峠まで急登も特記するべき難所もない。1日目、オーレン小屋に宿泊するプランとすれば初日の歩行時間は1時間30分ほど。2日目はオーレン小屋に不要な荷物を置いて山頂を目指せる。またコース中には、夏沢峠にやまびこ荘、ヒュッテ夏沢、夏沢沿いに夏沢鉱泉など要所に山小屋もあり、緊急時にはエスケープもできるなど初心者でも安心の入門コース。初心者向けとはいえ、硫黄岳からは荒々しい光景の爆裂火口、八ヶ岳の主峰・赤岳から横岳へと続く稜線の大展望が望め、アルペンムードが満喫できる。

硫黄岳の活動日記

  • 55

    67

    27:29

    21 km

    1,604 m

    ありがとう!雪の八ヶ岳

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.21(火) 2 DAYS

     本当に素晴らしい2日間でした。21日の午後から素晴らしい景色が見られるのではないかと大いに期待し八ヶ岳に出かけました。赤岳鉱泉で宿泊手続き後、中山展望台まで登り、寒さを我慢しながら日の入りまで頑張り、素晴らしい夕焼けを心から堪能しました。😊私自身、これほど期待通りの景色に出会えた山行もそれほど多くなく、とてもラッキーでした。  2日目は硫黄岳に登りました。赤岳鉱泉に宿泊したほとんどの人は赤岳や阿弥陀岳にに向かったようで、硫黄岳に登って来る人はいませんでしたが、冬でも比較的楽に登れ、とても魅力的な山の一つでなのでお勧めです。(降雪直後はトレースがないこともあるのでご注意を)今日は、この山にしては珍しく風も弱く、周囲の山々を眺める余裕もありましたが、やはりとても寒いので早々に下り始めました(弱いと言っても10~15mくらいの風なので、山頂に長居はできません🤣)

  • 45

    20

    05:06

    8.5 km

    935 m

    硫黄岳-2020-01-20

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.20(月) 日帰り

    連休初日。初八ヶ岳です。 伺うは「硫黄岳」!なぜ硫黄岳と言うのかは、専門書を読んで頂きたい。 泊まった山小屋…ではなく、もはや温泉宿!『夏沢鉱泉』❗️ お湯ヨシ、人ヨシ、食ヨシ、寝るヨシてなもんで、泊まってホントによかった。 ただ天気が少し良くなくて、少しだけ残念でしたが、登山中にはたっぷりとアドレナリンが出たと思われるので、結果オーライ! 桜平で車中泊。桜平(中)までなんとかたどり着いたんです。道路は圧雪で、他に誰も上がってこなくて何度も上まで車で行くのを諦めかけた時、夏沢鉱泉のスタッフさんの運転する送迎車が勢いよく上がってきました!私は停車して先に行ってもらい、着いて行こうかと企みました。追い越される時に親切なスタッフさんは声を掛けてくださいました。ス「今日はオーレンまでですか?」私「いえ行けるどこまで行って車で寝ます」ス「そうか、気をつけてくださいね」笑顔で立ち去るテールランプを眺めて、「ヨシついて行きまーす!」 その後懸命に頑張り運転しましたが、テールランプは見えなくなりました。😱 そんなこんなで着いた次第でした。 早起きして準備。駐車場の所では天気は良いようだ。歩き始め目標は夏沢鉱泉。登山に不要な荷物をデポさせて頂き、準備を再確認し、いざ訪山。 登山中は写真でご確認下さい。

  • 11

    22

    10:17

    22 km

    2,035 m

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳)-2020-01-19

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.19(日) 2 DAYS

    初めての八ヶ岳。 初めてのソロテン泊。 初めての八ヶ岳は厳冬期硫黄岳と赤岳。 ほんとは赤岳から阿弥陀岳行って帰ろうと思ってたけど、ガスガスで行く気失せて早めに帰りました。 下山して電車から八ヶ岳を眺めるととても晴れていました。悔しすぎる。

  • 38

    68

    08:30

    21 km

    1,835 m

    厳冬期❄赤岳・横岳・硫黄岳縦走

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.19(日) 日帰り

    今シーズン、 八ヶ岳早くも5回目‼(•' '• ۶)۶ 12月に、阿弥陀岳から硫黄岳まで縦 走したが、まだ雪が少なかった、、 昨日降雪があり、 厳冬期の八ヶ岳へ٩(ˊᗜˋ*)و ルート 美濃戸口ー美濃戸ー南沢ー行者小屋 文三郎ー赤岳ー横岳ー硫黄岳ー鉱泉

  • 90

    91

    07:18

    11.4 km

    1,011 m

    硫黄岳(桜平より)-2020-01-19

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.19(日) 日帰り

    雪の硫黄岳❄️ もふもふの新雪の森を歩いてまずは夏沢峠へ。 夏沢峠は見晴らし良くて山頂の景色に期待が膨らみます🎵ここでアイゼンを装着し山頂へ向かいます。森林限界を越え標識が上がるにつれ、北アルプス、御嶽山や中央アルプスも見えてきました。 風で飛ばされた雪でトレースが消えてしまっているのでポールやケルンを頼りに登って山頂到着‼️ 目の前に南八ヶ岳オールスター⭐️これが見たかった😆爆裂火口の先へ進むと富士山も🗻😆 風もさほど強くないのでゆっくり景色を楽しめました😊 下山はふかふかの雪を滑るように下りてあっという間🎵夏沢鉱泉であったかおでん🍢と白玉ぜんざいのランチを食べて🅿️へ戻りました。 お天気良く風も穏やかで硫黄岳からの大パノラマ、新雪の森歩きを満喫できました。 夏沢峠から上はアイゼン必須です。風が弱いのでピッケルは使わずストックで登りました。 桜平🅿️(中)のトイレは冬季閉鎖中です。 🅿️への林道はタイヤチェーン必須です。車高の低い車では入れませんのでお気をつけください。

  • 19

    7

    07:08

    12.5 km

    1,200 m

    八ヶ岳(硫黄岳)-2020-01-19

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.19(日) 日帰り

    今年初登山は去年とおんなじルートで硫黄だけでした。天気も快晴で稜線に出てからも去年に比べればまだ優しい風でした。去年は行かなかった根石岳山頂にも行くことができていい山初めになりました

  • 16

    21

    11:39

    16.3 km

    1,243 m

    八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳)-2020-01-18

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.18(土) 2 DAYS

    迷いに迷って、一泊の雪山登山に。テント場までの道乗りは、重いザックできびしー!写真を撮る余裕もなく😭テント場⛺️について、荷物を整理して展望台に行く余力はなく。女子は、水汲みとお米の支度。男共は、マゾなのか?探検に。余りの疲労感に、明日は、ゴロゴロして帰ろうかと考え始める始末。豚汁とご飯を炊いて、ワインやら、焼酎を飲んで就寝。寝ても、足が痛いし心が折れるー!翌日、具合の思わしくない一名が、テントでお留守番。私も止めようかなの一言に。先輩が、わたしも行くから、行こうよ!って。初めての雪の☃️硫黄岳。行かなきゃもったいないって。私を奮い立たせ、出発!頂上に近づくと、ホントに滅多にないぴーかんで風もあまりない状況。ラッキーだよ、こんな日あんまりないよって。頑張ってよかったねって。冬の八ヶ岳ブルーを堪能しました。 帰りも、重いザックに、フラフラ。足もあがらず、何もない所で前から顔面ダイブ!重いザックが後ろから、体にのしかかる。すごい音で、みんなが振り向く。思わず、笑えてしまった。 私にとっては、大変な二日間でしたが、良い思い出になりました。次は、小屋泊だよねーと。

  • 42

    15

    11:32

    21.7 km

    1,819 m

    八ヶ岳(横岳・硫黄岳)-2020-01-18~19

    Yatsugatake (Akadake, Iodke, Tengudake) (Yamanashi, Nagano)

    2020.01.18(土) 2 DAYS

    丁度1年前 横岳~硫黄岳 アタックこころみた➰ 頂上山荘泊で 翌日爆風🍃&ホワイトアウト… 泣く泣く断念 今年リベンジ➰❗ 最高のコンディションで このコースクリア👊😆🎵 八ヶ岳🙌🙌🙌 最高⤴️⤴️に楽しかったです🎵

硫黄岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

硫黄岳周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 3.5
  • 平均気温 -8.7
  • 最低気温 -19.7

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.23(木)

    101

    102

    10%

  • 01.24(金)

    100

    6-1

    0%

  • 01.25(土)

    200

    4-2

    40%

  • 01.26(日)

    281

    5-3

    50%

  • 01.27(月)

    260

    4-2

    50%

  • 01.28(火)

    202

    82

    50%

  • 01.29(水)

    200

    93

    40%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(長野県諏訪郡原村原山)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

硫黄岳周辺の山