宝満山・三郡山・若杉山

出典: Wikipedia

宝満山(ほうまんざん)(標高829.6m)は福岡県筑紫野市と太宰府市にまたがる山であり、別名を御笠山(みかさやま)、竈門山(かまどやま)とも言う。

このエリアについて

掲載されている山

宝満山, 三郡山, 若杉山, 仏頂山, 砥石山, 九州自然歩道

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    宝満山は福岡県太宰府市と筑紫野市にまたがり、三郡山地の南端に位置する標高829mの山。古くから霊峰として崇められ、現在も多くの登山者が訪れる。登山道は数多いが、竈門(かまど)神社から修験道だった石段を登っていく正面登山道の利用者が多い(下山は山道の行者道をとれば周回できる)。四季を通じて登山者が絶えないが、春のシャクナゲと、秋の紅葉の時期が特におすすめ。 山頂の近くにあるキャンプセンターには休憩用のベンチやテーブル、トイレ、少し下れば水場もあり、休憩に最適。また、竈門神社そばにある九州登山情報センター「山の図書館」では、登山や自然、歴史など、さまざまな山に関する本を蔵書している。

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    福岡県筑紫野市と太宰府市にまたがる山で、三郡山地に位置する標高869mの山。信仰の山・宝満山から15分ほどの場所にあり、宝満山と合わせて登られることが多い。登山口はいくつかあるが、竈門(かまど)神社から正面登山道を登り、宝満山、仏頂山を目指すコースが人気。三郡山〜宝満山を縦走するルートにもこの山が含まれるため、多くの登山者が行き交う。詳細は、宝満山を参照。https://yamap.com/mountains/112

  • 前砥石山

    標高:805 m

    難易度
    体力度

    福岡県の中央を南北に貫く三郡山地の一座で、標高805mの山。砥石山の山名は『続風土記』に「砥石あり、故に山の名とす」とあり、実際に砥石が採れたようだ。三郡山地は、北の若杉山から南の宝満山まで縦走路が整備され、福岡県内でも人気のある山域。前砥石山はその縦走ルート上にあり、たくさんの登山者が通過するポイントとなっている。詳細は、砥石山を参照。https://yamap.com/mountains/12219

  • 難易度
    体力度

    篠栗町と須恵町の境界にある山で、標高は681m。三郡山地に属する。ここは九世紀に唐から帰朝した空海(弘法大師)が修法した土地である。1835年、尼僧慈忍が八十八カ所の霊場の創設を発願し、1854年にその全体の札所が整えられた。四国と同じく八十八カ所すべてをめぐると願いがかなうといわれる「篠栗四国霊場八十八ヶ所めぐり」で知られる。山は全体が杉林で覆われ、中腹より上部に大杉が点在。山頂に展望はないが、登山ルートの要所で展望を楽しむことができる。JR篠栗駅から登るルートなら、太祖神社や若杉楽園に立ち寄るのも良い。また、米ノ山~若杉山~岳城山を巡るミニ縦走コースも人気。米ノ山、岳城山は展望台があり福岡市街や玄界灘を望むことができる。砥石山を経て三郡山方面まで歩くことができるので、しっかり計画を立てて縦走するのもいいだろう。

  • 岳城山

    標高:381 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す