夜叉ヶ池山

出典: Wikipedia

夜叉ヶ池(やしゃがいけ)は、福井県南条郡南越前町にある池。岐阜県揖斐郡揖斐川町との境界付近に位置する。1986年に「岐阜県の名水50選」及び「飛騨・美濃紅葉三十三選 」に選定されている。 【概要】 福井県南条郡南越前町(旧今庄町)と岐阜県揖斐郡揖斐川町(旧坂内村)との境の、夜叉ヶ池山と三周ヶ岳との鞍部である標高1,099 mの稜線直下北西側に位置する。周囲は原生林におおわれている。数十万年前に起きた地滑りによってできた窪地に雨水や周辺の山からの伏流水が溜まり、池になったと考えられている。 池からの河川の出口がなく、伏流水となって周辺に湧き出でるため、九頭竜川水系日野川の支流である岩谷川の源流部に位置する。昔より、雨乞いが行われていた池であり、畔には奥宮夜叉龍神社がある。岐阜県側の揖斐川町坂内川上の麓には、夜叉龍神社がある。

このエリアについて

掲載されている山

夜叉ヶ池山

  • 三周ヶ岳

    標高:1292 m

    難易度
    体力度

    三周ヶ岳(さんしゅうがたけ)は、岐阜県揖斐郡揖斐川町門入の越美山地西部の標高1,292 mの山である。 山頂は越美山地の主稜線から派生する支尾根を北に約500 m入ったところにあり、この山頂には一等三角点(点名:三周岳)が設置されている。「ぎふ百山」のひとつに選定されている。 三周ヶ岳という山名の由来については「あたりを三周したいほど眺望のすぐれた山」、あるいは「美濃、越前、近江の三国を見渡せる山」などと諸説あり定かではないが、古くから「藪山三周」という愛称で関西、中京の山岳家から親しまれてきたという。山の南西の尾根上には雨乞伝説で有名な夜叉ヶ池があり、この伝説をもとにした泉鏡花の戯曲が映画化されたことから、多数の登山者が訪れるようになった。

  • 難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 美濃俣丸

    標高:1253 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す