毛勝山・釜谷山・猫又山

出典: Wikipedia

毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。この三山[2]は、片貝川の源流でもある。登山道については後述。高山植物やハイマツなどの植物も多い。山麓の雪渓の近くには、多くの山菜が自生している。

このエリアについて

掲載されている山

毛勝山・釜谷山・猫又山・大猫山・赤谷山

  • 毛勝山

    標高:2415 m

    難易度
    体力度

    毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。この三山は、片貝川の源流でもある。登山道については後述。高山植物やハイマツなどの植物も多い。山麓の雪渓の近くには、多くの山菜が自生している。 中部山岳国立公園の北端に当たる山々で、毛勝三山の一つである釜谷山(2415m)は魚津市の最高峰となっている。毛勝山と猫又山は登山道が整備されているが、国土地理院地図には登山道が記載されていない。なお釜谷山は登山道が無い。 毛勝三山ではライチョウの生息が確認されており、立山連峰のライチョウ生息地では北端に当たる。

  • 釜谷山

    標高:2411 m

    難易度
    体力度

    毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。この三山は、片貝川の源流でもある。登山道については後述。高山植物やハイマツなどの植物も多い。山麓の雪渓の近くには、多くの山菜が自生している。 中部山岳国立公園の北端に当たる山々で、毛勝三山の一つである釜谷山(2415m)は魚津市の最高峰となっている。毛勝山と猫又山は登山道が整備されているが、国土地理院地図には登山道が記載されていない。なお釜谷山は登山道が無い。 毛勝三山ではライチョウの生息が確認されており、立山連峰のライチョウ生息地では北端に当たる。

  • 難易度
    体力度

    池平山(いけのだいらやま)は富山県中新川郡の立山町及び上市町と黒部市の3つの市町にまたがる山。標高は2561m。池ノ平山と呼称されることもある。 富山県登山連盟の富山の百山の一つ。 立山連峰の剱岳の北方稜線上にあり、大窓、小窓という険しい岩壁に囲まれている。この山の東側と南側には沢山のモリブデン鉱山(小黒部鉱山)跡があり、池の平小屋近くには今もキラキラ光るモリブデン鉱が残っている。また、池の平小屋自体もかつての鉱山小屋が山小屋に転用されたものである。鉱山の輸送においては、大窓から索道を使って白萩川と早月川沿いに滑川まで運んでいた。

  • 細蔵山

    標高:1551 m

    難易度
    体力度

  • 大猫山

    標高:2070 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す