焼額山

出典: Wikipedia

焼額山(やけびたいやま)は、長野県下高井郡山ノ内町にある山である。標高2,009m。志賀高原を構成する山の一つである。 南東斜面に焼額山スキー場、北東斜面に奥志賀高原スキー場があり、志賀高原スキー場の一部となっている。西斜面は手付かずであり、山頂には「稚児池」と呼ばれる池と高層湿原がある。 時期によっては(主に夏休みや紅葉シーズン)山頂付近までスキー場のゴンドラリフトを利用して簡単に登頂することができる。

このエリアについて

掲載されている山

焼額山、竜王山

  • 体力度
    2

    岩菅山(いわすげやま、いわすごやま)は、長野県下高井郡山ノ内町にある山である。標高2,295m。日本二百名山の一つ。昔は岩巣護山と綴っていた事から「いわすごやま」とも呼ばれている。 横手山などとともに志賀高原を構成する山の一つである。安山岩で構成されており、西の雑魚川と東の魚野川に挟まれて西側は緩やかな樹林帯、東側は急な崖となって魚野川に落ちている。 北東の方角の峰つづきに、岩菅山より高い裏岩菅山(2,341m)があり、志賀高原の最高峰になっている。裏岩菅山の北東にはさらに標高2,100 - 2,200m圏の稜線が、烏帽子岳(2,230m)付近まで4kmほども続いており、この長大な頂上稜線が岩菅山の一つの特徴となっている。 頂上から北東に向かう前述の尾根は、烏帽子岳を経て長野県下水内郡栄村、秘境として知られる秋山郷の切明温泉に向けて落ち込んでおり、この尾根をたどるルートは志賀高原側のコースに比べて格段に山深い健脚向きのコースとなっている。

  • 裏志賀山

    標高:2037 m

    体力度
    2

  • 体力度
    2

    志賀山(しがやま)は、長野県下高井郡山ノ内町にある山である。標高2,037m。志賀高原を構成する山の一つである。この山の付近に四十八池湿原と呼ばれる高層湿原があるほか、周辺には大沼池、渋池などの湖沼があり、池めぐりをすることもできる。

  • 裏寺子屋山

    標高:2085 m

    体力度

    裏寺子屋山(うらてらこややま)は長野県下高井郡山ノ内町にある標高2,085mの山。志賀高原 寺子屋スキー場から岩菅山(いわすげやま)を目指す際に寺子屋山と共に通る。寺子屋山や岩菅山、裏岩菅山は志賀高原の最高高所となっており、ゴゼンタチバナやミツバオウレン、コイワカガミ、イワナシなどの高山植物が見られる。

  • 体力度

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す