三嶺(1893)

2021.01.10(日) 日帰り

活動データ

タイム

11:35

距離

10.3km

上り

1227m

下り

1233m

活動詳細

もっと見る

令和3年1月10日 三嶺(1893) 【日時】 2021 令和3年1月10日 【天候】 雪 曇 【コース】 菅生 三嶺(1893) 菅生 【記録】 いやしの温泉郷 発 4:41 --- 林用作業小屋跡 6:37 --- 1791m標高点 9:34 --- 菅生下山口標識 10:43 --- 三嶺 (11:37-12:22) --- 三嶺ヒュッテ前(中には はいらず)(12:50-13:00) --- 菅生下山口標識 13:07 --- 1791m標高点 13:43 --- 林用作業小屋跡 15:09 --- いやしの温泉郷 着 16:16 【山頂】 このところの寒波襲来で 祖谷谷は 真っ白。 しんしんと 雪が降る 未明の いやしの温泉郷を出発。 はじめの 樹林帯には トレースが残っていたが 新たに 新雪が 積もっている。 登っていくと 風が強い 標高1480mくらいの尾根に出るところで トレースは消え 以降 急に 雪が 増えてくる。 進む ペースも ぐっと 遅くなる。 標高1791m地点で 三嶺山頂は ガスで見えない。 登り返しのあと 山頂まで550mの標識地点 からの 稜線は 吹き溜まり 雪庇の発達が大きい。 シカ除け ネットフェンスは すでに かなり埋まってきている。 時間的に遅いので 三嶺ヒュッテには 立ち寄らず 菅生下山口標識から 三嶺山頂へ直行。 ガスの 切れ目に 見上げた 三嶺山頂は 雪庇の発達が著しく 白い城砦のよう。 寒波で 一気に増えた雪だけに まだ不安定な雪がフワッとついた感じ。 前週 矢筈山で 雪庇崩壊の痛い目に遭っているので ことさら 安全なルートを慎重に 選び、吹き溜まりの深い雪を 塹壕堀。 菅生下山口標識からは 54分で山頂へ。 ■三嶺 12:10 「マイナス11.4度 北3m 雪 曇り ガス 視界なし。時折 上空のガスが 薄くなって太陽が近づき 暖かく感じが すぐまた ガス 雪と 寒さ 目まぐるしく変わる。」(累計登頂回数 686回) ■今回も はじめは 縦走の予定だったが、三嶺山頂までの所要時間 積雪状況からして この先 縦走は まず無理。 念のため 縦走路を 行って 三嶺西峰から 北西尾根の下降も検討だが この積雪条件では かなりの時間が かかりそう。 今回は 素直に もと来た道を菅生へ 引き返すのが 一番リスクが少なく ともかく確実で 無難なようだ。 途中 三嶺ヒュッテ に立ち寄ったが、雪でドアまで一杯。 除雪したり 雪の後片付け などしていたら 冬山では 貴重な時間が たちまち過ぎていくし、もとより風雪を味わうために 雪山に きているので 小屋のなかで休むより 外で風雪を味わい 雪景色を眺めているほうが ずっといい。 中には はいらず、ヒュッテ前で 小休止後 すぐ立ち去る。 ■この日 山中で 出あった 登山者は無し。 2021 令和3年1月10日現在 累計山行日数 1917日(内 四国 1527日) 【写真】 flickr https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157717834323107 【趣深山ブログ】 https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/5a12bb510403f34598823dc6252b6fd8 ---------------------------------------------------------- 【2021年 安全登山方針】 ■アマチュア無線APRSにて登山中の現在位置公開 JJ5MDM http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400 http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400 https://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/ ■電子登山届「コンパス」にて登山届提出  http://www.mt-compass.com/index.php ■山中では常時「ヒトココ」携帯、「ココヘリ」加入  http://www.authjapan.com/ ---------------------------------------------------------- ■大雪のとき 三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意。 http://shumiyama.blogspot.com/2013/12/1893.html ■三嶺(1893)南面、雪崩リスクの高い斜面 http://shumiyama.blogspot.com/2011/12/1893.html ■三嶺(1893) 雪崩 徳島新聞 平成18年1月26日 http://shumiyama.blogspot.com/2006/01/blog-post.html ■三嶺(1893) 雪崩リスク 三嶺(1893)南面、雪崩リスクの高い斜面 http://shumiyama.com/nadare/2011/12/1893.html http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2011/02/1893-1.html http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/2006nadare.html ---------------------------------------------------------- ■ いやしの温泉郷 冬期休業中 3月31日まで ----------------------------------------------------------

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。