大茶臼山・宗箇山から三滝寺、太田川放水路河川敷

2020.08.14(金) 日帰り
coboss
coboss

活動詳細

もっと見る

山登り6日目 今日は妻と長男の3人で、地元なのに登ったことのない山、大茶臼山へ登って、三滝寺でかき氷食べて、河川敷でデイキャンプをしに行ってきました。 始発のバスに乗って己斐峠バス停で下車してスタートしました。 登りがきつそうな金属の階段は案外サクサク登れました。階段の途中の眺めで満足出来そうでしたが、眺めが良いと噂の大茶臼山展望岩へ。 いきなり厳しい上り坂からのスタートでしたが、噂通りの眺めの展望岩について、確かな満足感を得ました。 大茶臼山から宗箇山への道中にある、鍬投げ峠の階段の頃には暑さも厳しくなり、何時もは先々進む長男もヘトヘトになっていましたが、途中で行動食のサラダチキンを食べて、どうにか三滝寺へ下りるルートと宗箇山へ登るルートの分岐点に到着しました。 宗箇山から三滝寺までは下りでしたが、Bルートのコンクリロードが膝にきてキツかったです。 三滝寺の空点庵で念願のかき氷をいただいて、金時うまーして河川敷へ。 河川敷で担いできたタープを張って、コンビニ弁当とビールでデイキャンプっぽいことをしてしばし休憩。 めちゃんこいい天気で暑すぎましたが、西広島駅までテクテク歩いて帰りました。 ルートは 己斐峠登山口→大茶臼山→畑峠→鍬投げ峠→宗箇山→三滝寺→三滝河川敷→西広島駅で。 沢山の人と道中出会うかなと思っていましたが、こんな暑さで登る人は少なかったのか、YAMAPユーザーとのすれ違いは妻だけでした。 例によって、GPSが飛びまくって距離が多いですが、妻のログでは8.7kmとなっていますので、ご参考までに。 しかしまあ、暑つかったです

活動の装備

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす