丹沢山・蛭ヶ岳は富士見日和

2015.11.21

活動詳細

詳しく見る
今年最後の連休に、多分今年最後になるであろう百名山遠征に出かけました。 21日に丹沢山・蛭ヶ岳 22日に天城山、万二郎岳・万三郎岳を登る予定です。 20日 21時30分 家を出発 中央道を相模湖ICまで、後は下道を走り清川村塩水橋へ 1時20分到着 塩水橋横に5台ほど停めらる路肩があり2台の車がありましたが、人の気配がしないので山小屋泊の人のようです。 21日 6時起床 近くの駐車スペースは埋め尽くされ、林道入口近くは路上駐車の車がズラリと並んでいます。 6時30分出発 ゲートを潜り、しばらくは舗装路を歩いて行きます。 紅葉も終わりになり、道路は落ち葉で覆われています。 10分ほど歩くと分岐があり、右側の橋を渡ると塩水林道→堂平→天王寺尾根コース、真っ直ぐ行くと本谷林道→天王寺峠→天王寺尾根コースとなります。 今回は本谷林道コースで行くことにしました。 7時5分 本谷林道出合 登山口に到着 いきなりの急な階段から始まります。階段を登り切ると右左の分かれ道が現れ、案内は無くどちらも同じくらいの踏み後があります。左は下り右はトラバースしています。右が正解かと行こうとしましたが、左の下をのぞき込むと、登ってきた階段と同じ階段が見えています。下りですが左が正解でした。ここは案内が欲しい所です。 周りは植林の森で目を楽しませてくれる物は何もありません。 7時30分 天王寺峠到着 尾根まで登り、少しは楽になるかと思いきや、まだまだ急な登りは続きます。 左側は植林の森、右側には鹿よけフェンスが永遠と続いています。ブナの大木などもあり、あまりジメジメ感も無く気持ち良い道です。沢山のカエデの落ち葉があり、もう少し早い時期なら綺麗な紅葉が楽しめたのかもしれません。 9時5分 塩水林道コースとの合流に到着 ここまで登ってきましたが、抜いたのが一組、抜かれたのが2名、下ってきた人が二組、割と人少ないですね。 少し登ると、木道階段あり、鎖場もありましたが、鎖は使わなくても登れる程度の岩場です。 鎖場を登ると、本日初のビューポイントでした。少し霞んではいますが関東平野が、薄っすらと高層ビ群も見えます。少し右に目を移すと、海も確認できます。 少し登るとまた、長い木道階段があり、登り切ると頂上まであと少しです。 9時50分 丹沢山 頂上 1567m 到着でーす。 大きな頂上看板の向こうには、待ってましたの富士山です。今日は最高の天気、青空に冠雪した富士山がとても映えます。 しばし富士山を堪能、ここから、丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ向かいます。 少し下ると、富士山とこれから向かう不動ノ峰への稜線が見え、右側に蛭ヶ岳の頂上山荘が見えています。 ここから、鞍部へとかなり下って行きます。 鞍部からは笹で覆われた不動ノ峰へと登り返します。 10時30分 不動ノ峰休憩所に到着 だいぶ足が辛くなってきたので、ここで休憩します。 東屋と大きなベンチ1個、外に大きなベンチが2個、丹沢山方面がよく見えます。 休憩所のすぐ上には、不動ノ峰のピークがあり、しばらく隠れていた富士山が見えるようになります。 下りの尾根をしばらく歩いて行くと、蛭ヶ岳が前方に見え、2連の鎖場があり鞍部まで一気に下ります。 登り返すと、頂上山荘が見えてきます。あと少しで頂上です。 11時30分 蛭ヶ岳 頂上 1673m 到着です。\(^_^)/ヤッター 頂上からは、小屋の裏以外は全方位の景色です。 富士山 南アルプス 八ヶ岳連峰 伊豆半島 さらに大島まで、最高の景色です。登ったのが今日で良かった。 何時ものように、お湯を沸かしカップ麺、コンビニおにぎり、食後のコーヒー、景色を堪能しながら美味しく頂きました。 12時10分 下山開始です 丹沢山まで、下りと登りを繰り返します。 13時30分 丹沢山まで戻りました。 見納めにと富士山をもう一度眺め、みやま山荘でバッチを購入して帰ります。 塩水林道と本谷林道への分岐まで戻り、今度は塩水林道コースを使います。 分岐から堰堤までの道はかなりの急坂です。堰堤を超えると比較的なだらかに下っています。 14時30分 塩水林道出合 まで降りてきました。 近道の入口が分からずウロウロしてしまい、観測所のすぐ横に踏み後を発見、そこを降りましがかなりの急坂です。 再び林道にでて、後はひたすら舗装路を歩きます。 15時30分 無事下山できました。 今回の山行は、蛭ヶ岳まで足を延ばしたので少し足にはきつかったのですが、丹沢山だけではわからない丹沢山塊の魅力を少し経験できました。 また、天気が良く、富士山を始め最高の景色を堪能できました。 明日は天城山を登る予定です。 はだの万葉の湯でしっかり休憩して移動します。
塩水橋から出発
林道前は路駐の列
このゲートを潜って入ります
頂上まで6.6km
今日の天気は上々
林道
キュウハ沢方面へ
本谷林道の紅葉
登山道入口
いきなり急な階段を登る
殆ど植林の森の中です
天王寺峠 尾根に出る
結構きつい登りです
紅葉
保護柵沿いを登っていきます
ウ根ウ根
塩水林道からの合流
木道階段
鎖場
大都会方面
摩天楼
木道階段
ここを登り切ればもう少し
頂上が見えてきました
頂上 お決まりショットですが枝が邪魔
丹沢山頂上 1567m 到着
今日は富士見日和
こっちのがいい感じ
丹沢最高峰へ向かいます。
少し下ったピークからの富士山
ここを下って登り返します
結構登りました
振り返って、丹沢山
不動ノ峰から右端が蛭ヶ岳
不動ノ峰休憩所
不動ノ峰からの富士山
富士山と愛鷹山
蛭ヶ岳がだいぶ近くなってきました
鎖場
枯れ木のようですが生きてます
蛭ヶ岳山荘が見えてきました。頂上はすぐそこ
来た~ 頂上
蛭ヶ岳 1673m 頂上
蛭ヶ岳からの富士山
蛭ヶ岳からの富士山
大涌谷の噴煙
伊豆半島と大島
富士山と南アルプス 八ヶ岳連峰 パノラマ
富士山と南アルプス 八ヶ岳連峰
蛭ヶ岳山荘
宮ケ瀬湖と大都会
丹沢山へ向かう縦走路
丹沢山へ戻って来ました。
最後にもう一枚 曇って来ちゃいました
塩水林道からの登山口
堂平雨量観測所
塩水林道を行くと5キロ 近道探してウロウロしちゃいました。観測所のすぐ横にありました。
チョットだけ紅葉
塩水林道
紅葉
ゲート到着
車も少なくなってます
塩水橋、無事下山できました。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。