藤原岳 孫太尾根ピストン・”ヒル”クライム

2022.06.24(金) 日帰り

活動データ

タイム

05:53

距離

10.1km

上り

1155m

下り

1159m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 53
休憩時間
57
距離
10.1 km
上り / 下り
1155 / 1159 m
31
27
26
23
17
33
37

活動詳細

すべて見る

(注:ヒルに関する細かい描写あり) ガスってて眺望悪いのも、ヒルが沢山いるのも、わかってたけど やっぱり、山でデトックスしたくて行ってしまった。 前から歩いてみたかった「孫太尾根」をチョイス。 結果として、かなりの“修行”でした。。。 まず、ジョニーが効かない。 次々にのぼってくるヒルたち。地面でうごめいているのが目視でも確認可能。 通りかかると、待ってました!とばかりにブーツに飛び乗ってきます。ヒルさん達、ヒャッハー状態。 追いジョニーも何度かしましたが分母が違う。 何匹かはジョニー噴射エリアを突破し、のぼってきます。 これが、梅雨真っ只中の山歩きのヤバさか。。。洗礼を受けます。 都度デコピンで飛ばして撃退してましたが、ついに1匹が腹に侵入。 気づいた時には私の血をたっぷり吸い、まるまると太って5センチくらいになってひっついてました。 でかくなった、やつらの気持ち悪さは、衝撃ですね。初めて体験しました。 急いではぎ取って、ポイズンリムーバーで毒抜きしたのが奏功したか、 血はあまり出ませんでしたが、終始足元が気になってペースが乱れます。 腹をやられては、シャツインパンツも気にしていられない。 丸山までは道は整備されてますが、そこから標高をあげていくと テープはまばら。劣化しているのも多数で、巻いてあっても倒木してたり、本当に花のシーズンはたくさんの人が入るのかな?と思いました。尾根を歩けばいいから極端に迷うことはないでしょうが、本当に道が合っているのか不安になるときもありました。(道標はところどころにあります) 10km以上とコースも長く、標高差も1000m以上、覚悟はしてましたがえげつない蒸し暑さ。 多志田山を越えてからの急登も、堪えました。地面も粘土質でぬかるみ、歩きにくく、危ないです。 ほとんど林道のため、休憩すればヒルがのぼってくるので進むしかありません。 素晴らしいはずの眺望も、もちろんガスっているのでほぼずっと無く、頂上についても虫(ハエ、蚊、カミキリムシ)が顔にあたりまくり、他ルートからのハイカーもゼロでした。(笑) 下りは、治田峠から青川に降りるルートを歩いてみたかったのですが、開拓心もしぼんでしまい、結局来た道を戻りました。 秋が来るまで、鈴鹿山脈の尾根ルートはもう控えたほうがよさそうかな。 過去の山行でもトップ3に入るしんどさでしたが、その分無事降りてこれた時の感動もひとしおでした。 本日も、鈴鹿山脈に感謝!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。