香川の山一覧

  • 難易度
    1
    体力度
    1

    飯野山は香川県・讃岐平野のほぼ中央に座す標高422mの山で、地元丸亀市と坂出市の市民にとっての憩いの場となっている。見事な円錐形の山容から「讃岐富士」とも呼ばれ、西行や高浜虚子などの句にも飯野山が登場する。山全体はマツで覆われているが、他にもコナラやクヌギ、アラカシ、ヤマザクラなどの広葉樹やシュンラン、ヤマアジサイ、ムラサキシキブ、ヤマラッキョウなどの山野草も見られる。登山道は、北面からの坂出ルート(西又道)と最も利用者が多い西面の飯野町ルート、南東の一王子神社からの飯山町ルートの3本。通年登れるが、春のモモやサクラの開花期がおすすめ。標高も低いだけに、盛夏の登山は避けたほうが無難だ。

  • 難易度
    体力度

    竜王山(りゅうおうざん)は香川県と徳島県の県境に位置する標高1059.8mの山である。香川のみどり百選に選定されている。別名は鷹山。 讃岐山脈の中央にある最高峰である。香川県側は高松市と仲多度郡まんのう町に属し、大滝大川県立自然公園に指定されており、徳島県側は美馬市に属している。2つの峰をもち、東の峰は讃岐竜王(東竜王)、西の峰は阿波竜王(西竜王)と呼ばれる。讃岐竜王は標高1,058mで三角点が設置されておらず、阿波竜王は標高1,059.8mで四等三角点が設置されている。阿波竜王の三角点はまんのう町に位置し、香川県の最高峰となっている。

  • 難易度
    体力度

    琴平山(ことひらやま)は、香川県西部に位置する山。別名、金毘羅山(こんぴらさん)。隣の象頭山(標高538m)と共に「象頭山」として瀬戸内海国立公園、名勝、天然記念物に指定されている。 古い溶岩台地が侵食されてできたメサ。 東麓を仲多度郡琴平町が、西麓を三豊市が占める。琴平町域の中腹に金刀比羅宮、山頂付近に同宮の奥宮が鎮座する。 地下を香川用水が貫いている。

  • 難易度
    体力度

    五剣山(ごけんざん)は香川県高松市にある山。 一つの峰を剣と呼んで、西から一ノ剣、二ノ剣、三ノ剣、四ノ剣、五ノ剣と山上に5つの大きな峰があるためこの名前がついた。また、地元では八栗山(やくりさん)とも呼ばれる。五の剣は1707年(宝永4年)の宝永地震で割れている。 これらの剣の山頂にはいくつもの祠が点在し、四ノ剣の中腹には岩窟があり修験道の行場となってる。 かつてはこれらの剣へ登れたが現在は岩が風化し脆く危険なため、南側中腹にある八栗寺本堂の左から石段で上がったところにある中将坊大権現堂からさらに上へは入山禁止とされている。そのため標高375mの最高点は四ノ剣であるが、366mの山頂表示がニノ剣にあり、四等三角点のある366.09m地点は一ノ剣の西端に位置している。また、八栗寺の多宝塔の右側にも登山口があったが入山禁止の立札がある。また、山中にある「岩越の大日」は空海が彫ったとされる約3mの摩崖仏で上部の黒い層と下部の砂の層の間の真っ白い層に彫られている。 八栗寺は、四国八十八箇所の第八十五番札所で、山号が五剣山である。 また山麓では日本三大花崗岩として有名な庵治石が採石され、墓石などの高級石材として加工されている。

  • 紫雲出山

    標高:352 m

    難易度
    体力度

    紫雲出山(しうでやま/しうんでやま)は、香川県三豊市にある山で、瀬戸内海に突き出た荘内半島内に位置する。瀬戸内海国立公園内にある。標高352メートルで、山頂の展望台からは東に備讃瀬戸や瀬戸大橋、水島臨海工業地帯、西に燧灘、南に四国山系、北は福山市や笠岡市の笠岡諸島などの山陽路と、360度見渡せる展望が広がっている。紫雲出山は頂上付近を除き、ほとんどを花崗岩で形成されている。山頂一帯に弥生時代中期の高地性集落の遺跡群があり、遺跡館が併設されている。山頂に至るドライブウェイのふもとには、竜宮城を模した公衆トイレが設置されている。1986年には林野庁などによる森林浴の森100選に、2004年には香川のみどり百選に選定されている。 「2019年行くべき52カ所の旅行先」としてニューヨークタイムズが第7位に選出し日本唯一ランクインした「瀬戸内の島々」の代表の写真が紫雲出山の夕暮れの桜であった。 詫間に伝わる伝説によると、浦島太郎が玉手箱を開けた時に立ち上った煙と似ているところからつけられたという。

  • 石清尾山

    標高:232 m

    難易度
    体力度

    石清尾山塊(いわせおさんかい)は、香川県高松市の高松平野北西部に位置し高松市街地に面した山塊である。 石清尾山塊は、高松平野の北西部に位置し、市街地に囲まれた周囲約16㎞・東西約3㎞・南北約4㎞に広がる独立した山塊である。北端の石清尾山(232.4m)・南側の浄願寺山(239.5m)・東側に位置する稲荷山(166m)と室山(199.8m)などと平坦な峰でなる。山塊の名称は、北東山麓の石清尾八幡神社に由来する。山塊の北側の山麓から瀬戸内海まで約1㎞で、西側の香東川は北流して瀬戸内海に注ぐ。 山塊の峰や尾根を中心に、古墳時代の前期から後期にわたる120基を超す積石塚と盛土墳が分布する。全長約96mの双方中円墳の「猫塚古墳」など20基を超す積石塚群は、「石清尾山古墳群」として国の史跡に指定され、全国の人々にも知られる香川県を代表する古代遺跡である。 山塊は香川のみどり百選の一つ。峰山には、高松市の峰山公園(丸山地区には芝生広場・わんぱく広場・ちびっこ広場ほか、西石清尾地区にははにわっ子広場・アスレチックコース・バーベキュー広場・キャンプサイト・展望台ほか、東石清尾地区には花木園・桜並木ほか)が整備されている。また登山やハイキングが楽しめる市民に身近な里山である。

  • 青ノ山

    標高:224 m

    難易度
    体力度

    青ノ山(あおのやま)は香川県丸亀市と宇多津町の境界にある標高224mの山である。別称は土器山。 円錐形の山容をしており、山頂一帯は公園化され展望台もあり眺めがよい。頂上近くまで車で行くことができ登頂は容易である。展望台からは坂出市や宇多津町、丸亀市の街並みと塩飽諸島、瀬戸大橋など、180度以上の視野を一望できる。市街地や海が近いため夜景にも優れており人気がある。香川のみどり百選のひとつ。

  • 江甫草山

    標高:153 m

    難易度
    体力度

    江甫草山(つくもやま、別称:江甫山、九十九山)は、香川県の観音寺市に位置する山。 江浦草山はサヌカイト(安山岩の一種)の山で、侵食により取り残された山が円錐形の山容をなし、別名有明富士と呼ばれ、讃岐七富士のひとつに数えられている。 瀬戸内海側は長年の採石で断崖になっている。

  • 琴弾山

    標高:58 m

    難易度
    体力度

    琴弾山(ことひきやま)は、香川県観音寺市に座する標高約70mの山で、三角点は標高58.3m地点にある。 瀬戸内海国立公園の中の琴弾公園にあり、最高地点の山頂には琴弾八幡宮があり、山麓には四国八十八箇所第68番札所である神恵院、第69番観音寺がある。三角点は神社のある山頂とは南西方向の別の峰である天狗山にあり標高58.3mである。 また、寛永通宝を描いた銭形砂絵を臨む象ヶ鼻岩展望台が山頂近くにあり、そこまで一方通行のドライブウェイで行け、4台(うち障害者用が2台)の駐車場が、一段下に12台の駐車場がある。

  • 難易度
    体力度