体力度
3
体力度とは?

和賀岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

和賀岳のモデルコース

体力度
3

和賀岳山頂往復コース

  • 7時間10分
  • 10.7 km
  • 1386 m
体力度
3

高下岳への登山口と同じく、高下側沿いの林道を行くと山域案内の図のある登山口に着く。駐車場、水場がある。登山口から尾根を急登し、赤沢分岐、高下分岐を経て登ると、和賀川渡渉のために下りになる。この先のこけ平までは標高差は600mもあり急登が続くので、しっかりと休息をとりたい。こけ平からの稜線に広がるお花畑は美しく、山頂は目の前だ。夏の山頂一帯は、ニッコウキスゲやハクサンシャクナゲが広がる。下山は往路を通ろう。

和賀岳の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

和賀岳の基本情報

  • 真昼山地の最高峰となる日本二百名山
  • 風衝草原に広がる高山植物のお花畑を求めて
  • 山頂部はニッコウキスゲの大群落と全方位の壮観な眺め

和賀岳(標高1,439m)は秋田県と岩手県にまたがる真昼山地の主峰であり、国の自然環境保全地域に指定されている。ひと昔前は獣が多い山域で、仙北マタギが活躍していた。薬師岳~和賀岳間の風衝草原はニッコウキスゲの大群落をはじめとする高山植物のお花畑となっているほか、寒冷地の蝶であるベニヒカゲの姿も見ることができる。主な登山道は秋田側の真木林道から薬師岳を経由するコースと、岩手側の高下登山口からこけ平を経由するコース。いずれも急斜面のある登りがいのあるコースだが、ブナ林やお花畑が疲れを癒してくれる。登山道開通記念碑のある山頂からは、真昼山地や岩手山などが一望できる。ニッコウキスゲの最盛期は7月中旬。

和賀岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

和賀岳周辺の天気

8月の気温

  • 最高気温 31.1
  • 平均気温 19.5
  • 最低気温 8.6

年間の気温

最高気温 最低気温

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

和賀岳周辺の山

YAMAP STORE