ぶながたけ

武奈ヶ岳

1,214 m

  • Shiga
難易度
1
体力度
2
難易度・体力度とは?

武奈ヶ岳の基本情報

  • 爽快な稜線や高層湿原、滝など多彩なコースが選べる
  • 山頂南東のコヤマノ岳に広がるみごとなブナの二次林
  • 琵琶湖やその周辺の山々、霊峰白山などを見渡す山頂からの展望

滋賀県大津・高島市境にある武奈ヶ岳(標高1214m)は琵琶湖西岸に南北に連なる全長約20kmの比良山地の最高峰で、日本二百名山に選定されている。山名の通り、山中にブナの林が広がっている。かつて比良ロープウェイ・リフトがあったが、2004年にこれらが廃止されたことにより、関西の貴重な高層湿原である八雲ヶ原は往時の姿に戻りつつある。南西側の葛川坊村(かつらがわぼうむら)からが最短コースとなるが、登り始めから急登が続き、思いのほかハードな道のりだ。他には琵琶湖側のイン谷口からのダケ道や正面谷経由、北東側のガリバー青少年旅行村から八淵ノ滝経由のコースなどがある。登山適期は4月中旬から11月下旬にかけて。

武奈ヶ岳のモデルコース

西南稜(坊村〜ワサビ峠)コース

  • 初級
  • 5時間10分
  • 8.1 km
  • 1,050 m
難易度
1
体力度
2

武奈ヶ岳の登山道は多いが、コースによっては行程が長く日帰りが難しいものもある。ここでは比較的無難で登山者も多い西南稜コースを紹介する。坊村バス停に降り立ってほど近くに登山口はある。マイカー利用時は、付近の駐車場を利用できる。独標846まではいきなり急登なので、ペースを上げすぎないようにしよう。その先しばらくは尾根の巻道となり、再び急登となって登り切ると御殿山に着く。御殿山の山頂は小さな広場となっていて、豪快な西南稜から武奈ヶ岳が目に飛び込んでくるだろう。一見すると遠いようだが、この先ワサビ峠からは比較的ゆるやかな起伏の道を快適に進むことができる。武奈ヶ岳山頂からは遮るものがない大パノラマが広がり、東側の比良山地の稜線越しの琵琶湖と、西側の高さが揃った京都北山から高島トレイルの山並みが対照的でおもしろい。下山時は、基本的に登りと同じ道を辿るだけだ。

武奈ヶ岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

武奈ヶ岳周辺の天気

4月の気温

  • 最高気温 23.4
  • 平均気温 11.4
  • 最低気温 -0.8

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 04.09(木)

    201

    128

    20%

  • 04.10(金)

    101

    146

    10%

  • 04.11(土)

    200

    136

    40%

  • 04.12(日)

    202

    116

    60%

  • 04.13(月)

    202

    148

    50%

  • 04.14(火)

    101

    166

    20%

  • 04.15(水)

    201

    167

    30%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(滋賀県大津市葛川細川町)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

武奈ヶ岳周辺の山