• 18時間46分
  • 29.3 km
  • 3029 m

コースマップ

タイム

18:46

距離

29.3km

上り

3029m

下り

3029m

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 98
    45

    23:51

    32.7 km

    3131 m

    裏越後三山縦走 前泊1泊2日

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.21(金) 2 DAYS

    裏越後三山を縦走してきました 銀山平キャンプ場で前泊をして荒沢岳方面から中ノ岳、越後駒ケ岳を経て周回してきました 前日は銀山平キャンプ場でテント泊 人がいなくて貸し切り状態だった 施設が全体的に綺麗で快適だった 1日目 銀山平キャンプ場→荒沢岳→中ノ岳避難小屋 行動時間はまさかの13時間オーバー後半は完全にハンガーノックを起こし完全に体力の限界を超えました 最後は気力を振り絞ってなんとか中ノ岳避難小屋まで登りきりました 荒沢岳は鎖と梯子が連続する岩の山でなかなかハードでした 今年の鎖場は10月22日に撤去されたのでこれから登ろうと考えてる方は注意です 2日目 中ノ岳避難小屋→越後駒ケ岳→(銀山平温泉)→白光岩バス停 昨日の疲れが完全に後を引いてなかなかペースが上がらなかった越後駒ケ岳から先は道が整備されていてかなり歩きやすかった 全体的に紅葉を楽しめたのと上越のこの秘境感?は最高でした

  • 13
    24

    15:13

    29.6 km

    3069 m

    荒沢岳・灰吹山・灰ノ又山・源蔵山・巻倉山・兎岳・小兎岳・中ノ岳・檜廊下・天狗平・越後駒ヶ岳・小...

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.21(金) 日帰り

    この日は予想以上に暑く、兎岳の辺りで水の残量が 少なくなり、水の制限をしながら進んだ為、 思うように行動食も口にできずで、スピード⤵︎😅 越駒手前で、雪を食べて生き返ったよ🙌w 避難小屋の下の沢で水をたくさん補充できたので、 そこからは安心して🅿️にもどれました。 日の出、紅葉、夕陽の美しさは忘れられない!

  • 49
    40

    11:30

    30.6 km

    3106 m

    裏越後周回(荒沢岳・中ノ岳・越後駒ヶ岳)

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.20(木) 日帰り

    八海山から見る荒沢岳がかっこよかったので、裏越後三山周回ルートに挑戦。 天気☀無風、暑さ寒さもなく、最高のコンディション。 荒沢岳は最高にスリリングな岩場。 見ても登ってもいい心に残る名峰だと思う。 兎岳までは快適な縦走路。 中ノ岳の登り返しは険路でキツイ。 核心は中ノ岳〜駒ケ岳❗ (八海山の八ツ峰以上にロングで過酷) なんとか日のあるうちに駒ケ岳山頂に到着して一安心😅☕ 駒の小屋からはヘッデン下山となりました。 荒沢岳、中ノ岳、駒ケ岳縦走路は見晴らしのいい稜線で景色最高!ですが想像以上に険しく、過酷。走破後の達成感がたまりません😹

  • 69
    21

    10:57

    29.6 km

    3059 m

    荒沢岳・灰吹山・灰ノ又山・源蔵山・巻倉山・兎岳・小兎岳・中ノ岳・檜廊下・天狗平・越後駒ヶ岳・小...

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.20(木) 日帰り

    ♨︎ 銀山平温泉 白銀の湯 先週の未丈ヶ岳で弱音を吐いた自分に天誅を‼︎ この活動日記の座右の銘は「背水の陣」しか無い‼︎ そーです。 荒沢岳の下山が厳しいなら、荒沢岳から下山しなきゃいーのですΣ(╹◡╹) こんな簡単な事がわからなかったなんて…カナシイ… 未丈ヶ岳で、心を折られ、体は傷付いたけど、裏越後三山縦走ルート知ったら心がビンビンに治った‼︎体は痣あるけど、痣なんて駄菓子屋の消えるタトゥーみたいなもんよ 荒沢岳からの下山は無い‼︎つーか無理‼︎行くしかねーー‼︎ 天気は良い、紅葉は綺麗だし満足でございました。 あるハプニングを除けば… レインウェア脱いだ時に兎岳にスマホ置き忘れて、120mも登り返した… カナシーツライークダッテノボッテクダッタクダラネ- 20分休憩した事になってる…クウゥーシンドイ まぁでも3180mの登下降したと思えば‼︎ なんせ自己新記録なのだからイェイイェイ そーいえば、  中ノ岳〜越後駒ヶ岳はスタスタ歩ける様な箇所が少ない  しょうがないのはわかってる。白銀の湯、カメムシくせぇ笑 10/22に鎖撤去ー

  • 170
    42

    13:00

    30.0 km

    3069 m

    裏越後三山 雲海と大紅葉の世界

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.20(木) 日帰り

    未踏の200名山、荒沢岳の鎖が毎年10月中に撤去されると聞いて取り外される前に登ってきますた! 毎年取り外してるようだけどなんでだろか。 雪のためなら北アとかは厳冬期でも外さないし違いがよくわからないすな🤔 ついでに挑戦したかった裏越後三山へ! トレラン出来ないわしがギリギリ日帰り出来そうな最高難度の内容ざんしょ。 久しぶりにヘッデン着けて突撃! 標高上げると窪み地形にハマった雲海さんが漂っている。 朝日が差し込むと色づいた紅葉が綺麗すぎた。 鎖自体は難易度高くないが数が多く全くペースが上がらない。 日が暮れる前に下山が目標だったがいきなり怪しい😅。 そんなこんなで荒沢岳とうちゃこ! 快晴だったのにいつの間にか上空には広域に厚い雲の層が😭。 青空返して! 適当に休憩しつつ対面にある越駒までの道のりを眺める。てか遠くね🥺 気合い入れて出発。 兎岳まで辺りまでは歩きやすかったけど、中岳から越駒までは歩きにくいよね。 紅葉時期だなとは思っていましたが全山紅葉でどこ見ても美しかった。 まるでわしの心のような美しさなわけですよ🤗 てか越駒の銅像にあった剣が無くなってるんだがどこいったのやら。 簡単にレコ見る限り15日昼前まではあったようだが、16日朝にはもう無い様子 盗難か飛んでいったか?詳細は不明だけど。剣持ってない尊さん?不憫です。 なんだかなー、腹立たしいね🥺 そんなこんなで越駒時点まだ20kmしか歩いてなかった🥺。 何とかギリギリ暗闇になる前に無事下山! 持参した食料と水ほぼ無しになりましたが、達成できてよかった! 写真撮りまくるから時間かかるのかな(笑 同じような奴ばかりですな🥺

  • 58
    42

    15:16

    32.2 km

    3156 m

    裏越後三山周回

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.15(土) 2 DAYS

    紅葉の裏越後三山を楽しむため 金曜の夜中から銀山平に向かいました。 しかし、早朝3時頃にはすでに 荒沢岳登山口の駐車場はすでに満車。 しかたがないので銀山平遊覧船乗り場近くの 駐車場に止めて少し仮眠します。 翌朝、明るくなった6時半ころに出発。 荒沢岳登山口まで車道を歩き 登山道に入りました。 序盤から急登が続きます。 普段は軽い荷物のことが多いので テン泊装備のザックが重く感じます。 紅葉はちょうど盛りのようで 山の斜面が美しく色づいていました。 前山を過ぎると少し傾斜が緩まりました。 行く手を見ると岩壁が待ち構えています。 次第にハシゴやクサリが出てくるように なりました。このクサリは冬の間 取り外されるとのことです。 岩場の通過がしばらく続きます。 岩場区間を過ぎると、再び急登が続きます。 稜線に出て尾根伝いに進むと 荒沢岳の頂上に到着しました。 北側の斜面からガスが湧いてきていますが 南側は素晴らしい紅葉が見れます。 おにぎりを食べてから縦走を開始。 まずは下り基調で進んでいきます。 少し登り返して灰吹山を通過。 このあたりからはとても歩きやすい 縦走路が続きます。 まわりの紅葉も素晴らしいです。 中ノ岐川を挟んで平ヶ岳が眺められますが 残念ながら稜線はガスに覆われていました。 灰ノ又山から源蔵山と稜線歩きを 楽しみながら進んでいきます。 下った鞍部が今日のテン場です。 杜夢平と名づけられているようです。 鞍部から少し下った沢が水場になっています。 翌朝は、4時前に歩き出しました。 真っ暗な中、急坂を登り巻倉山を越えます。 いったん下り、登り返していきます。 東の空が少しづつオレンジ色に 染まっていきます。 登り切ったところが三叉路になっていて 少し南側に進むと兎岳の頂上です。 まだ暗く景色が見えなので先に進みます。 下って登り返すと小兎岳です。 だいぶん明るくなってきましたが 日の出まではまだ少し時間があるので 先に進みます。 これから向かう中ノ岳や越後駒ヶ岳の姿が 見えています。 昨日登った荒沢岳の美しい三角のシルエットも 眺められます。 この先もアップダウンを繰り返していきます。 目の前に見える中ノ岳に日が当たり 始めました。 いよいよ日の出の時間です。 色づいた斜面がさらに赤く染まります。 しばらく日の出の時間を楽しんでから 先に進みます。 中ノ岳へは急な登りが続きます。 ひーひー言いながら登っていくと 十字峡からの道と合流しました。 そこからは少し傾斜は緩まります。 展望を楽しみながら進むうちに 中ノ岳の頂上に到着しました。 すぐ先に中ノ岳避難小屋も見えています。 ようやく八海山も眺めることが出来ます。 越後駒ケ岳への縦走も、ひたすら アップダウンが続きます。 途中は樹林帯や岩場の通過もありました。 水無川真沢や北ノ又川の源流を 見おろしながら進んでいきます。 越後駒ヶ岳への最後の登りも 急登が続きます。 傾斜が緩まり十二平からの道と合流すると 山頂も近いです。 駒の小屋からの道が右から合流すると まもなく越後駒ヶ岳の頂上に到着です。 ここも360度の大展望が楽しめます。 八海山や中ノ岳の越後三山や ひときわ目立つ形の荒沢岳。 北側には守門岳や浅草岳も。 南側に上越国境の山々も見えています。 ここからは駒の小屋方面に下ります。 よく整備された歩きやすい道です。 駒の小屋からは少し急な下りになりますが すぐに緩やかな道になりました。 小倉山は頂上を通らずにトラバースします。 道行山の手前で枝折峠への道と分かれました。 道行山に登り返してからはどんどん下ります。 下りきると谷沿いの道となり、 まもなく林道に降り立ちました。 ここからは、しばらく林道歩きになります。 国道352号に出てそのまま石抱橋まで下ります。 あとは車道を駐車場まで歩いて終了です。 ようやく紅葉のタイミングとお天気に恵まれて 素晴らしい秋の山歩きができました。

  • 40
    62

    16:46

    30.2 km

    3107 m

    裏越後三山~自分史上最高の紅葉~

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.15(土) 2 DAYS

    山師匠の紅葉ハイキングに魅せられ、裏越後三山で紅葉を楽しもうじゃないかと行って参りました。 約1か月前の上ノ廊下以来、まともに歩いておらず体力面は少し不安でしたが、問題ありませんでした。やはり、上ノ廊下貯金は大きかったようです。 しかし、予期せぬ紅葉キレイ過ぎ問題で幾度も足を止めることに。これぞ核心。 今シーズンの夏は全て沢だったので人と会う機会がほとんどありませんでしたが、今回はいろいろな方とお話できて楽しい時間を過ごさせて頂きました。 これも山の楽しみの一つですね。

  • 36
    80

    13:24

    29.9 km

    3095 m

    裏越後三山

    越後駒ヶ岳・八海山・荒沢岳 (新潟)

    2022.10.15(土) 日帰り

    登山を始めた頃に荒沢岳から見た紅葉の稜線が忘れられず。 いつか周回するんだと心に決めた裏越後三山。 混雑を避けるため平日を含めた小屋泊を狙っていましたが、調整が上手くいかず数年経ってしまいました。 そうこうしている内に日帰りでも行けそうな体力がついてしまい… 憧れの裏越後三山を日帰りしちゃいました。😆 今日はモルゲン不発でしたが、明るくなると全山紅葉のボーナスステージが永遠に続き夢のような世界😍 残念ながら兎岳から暫くはガスに被われてしまい、道もドロドロで夢に出そうでしたが。🤣 今日だけで、1年分の紅葉を堪能したかも知れません。最高でした!😄 このコースは駒ヶ岳からの下山時にかなり巻けるので、予想より時間がおしていても取り戻せますね。 もちろん、20k2900mを消化後に足が残っているかは人によりますが…。 ちなみに荒沢岳の鎖外しは、22日(土)に行われますので、今年はほぼ終了です。来週土曜日の早朝アタックでも大丈夫とは思いますが、山行中にトラブルがあっても進むしかなくなるので自己責任でお願いします。