平戸市 南エリア

出典: Wikipedia

平戸市(ひらどし)は、長崎県北西部の平戸島とその周辺を行政区域とする市。長崎県最西端の市である。中心の平戸地区は旧平戸藩松浦氏の城下町で、鎖国前は中国やポルトガル、オランダなどとの国際貿易港だった。 現在の平戸市は、2005年10月1日に(旧)平戸市と周辺の北松浦郡田平町・生月町・大島村とが合併(新設合併)して発足したもので、市役所は旧平戸市役所の建物が引き続き使用されている。(旧)平戸市は平戸島および度島など離島のみを市域としていたが、現在の平戸市域は九州本土にも跨っている。

このエリアについて

掲載されている山

平戸市, 奥平戸, 九州自然歩道

  • 難易度
    体力度

    志々伎山(しじきさん)は、長崎県平戸市の平戸島最南部にある山である。標高347.2m。九州百名山の一つである。 山体は古期安山岩からなるが浸食が進んで山頂部が円錐状に突出した露岩となっており、特徴的な山容を持つ姿が遠く九州本土や五島列島からも望めることから、古くから近海における航海時の標識としての役割を果たしてきた。 山頂には式内社である志々伎神社の上宮(かみつみや)の石祠がある。また、山腹部には照葉樹原生林が広がり、長崎県の天然記念物に指定されている。

  • 難易度
    体力度

  • 浜岳

    標高:234 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 佐志岳

    標高:346 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記