Photo by Hitoshi Nakashima

高祖山・飯盛山・叶岳

福岡市西区から糸島市にかけての低山を収録。代表的な山は高祖(たかす)山(標高416m)、叶岳(標高341m)、飯盛山(382m)。福岡市西区今宿上ノ原、福岡市西区生松台、福岡市西区飯盛、糸島市高祖など様々な方面から登ることができ、周回コースも整備されている。 高祖山には古代の怡土城跡と中世の高祖城跡(原田城跡)がある。

このエリアについて

掲載されている山

高祖山, 飯盛山, 叶岳, 鐘撞山, 高地山, 王丸山, 浦山, 西山

  • 体力度
    1 3

    福岡市西区に位置する、標高341mの山。主な登山口である今宿野外活動センターは、日帰りの野外調理やBBQ、宿泊キャンプ、川遊び、レクリエーション等さまざまなレジャーを楽しむことができる。叶岳に向かうまでの登山道は、最初に階段が続き少々きつい。山頂では周囲の木々の背が高く展望を得ることはできないが、叶岳から高地山(419m)、高祖山(415m)へと縦走でき、途中で開けた場所から眺望が楽しめるので周回がおすすめだ。また、山頂には立派な叶嶽神社の社がある。公共交通機関での登山なら、叶嶽宮前バス停からアクセスでき、白い鳥居の並ぶ参道を抜けて40分ほどで山頂へたどり着く。この山域へは福岡市西区今宿上ノ原、福岡市西区生松台、福岡市西区飯盛、糸島市高祖など様々な方面から登ることができる。

  • 体力度
    1 3

    福岡県福岡市と糸島市の境に位置する、標高419mの山。高地山という名称から眺望を期待させられるが、山頂は標識だけで眺望はない。山頂から100mほど叶岳側に下ったところに展望所がある。展望所からは飯盛山のほか福岡市内を一望でき、ベンチもある。遊歩道はよく整備されており歩きやすい。高祖山(415m)、叶岳(341m)までミニ縦走を楽しむことができ、周回がおすすめだ。途中の尾根から博多湾や福岡市街、西に可也山や浮嶽、羽金山、雷山など脊振山系の山々が眺められる。山麓には神社も複数あるので合わせて散策してみよう。

  • 体力度
    1 3

    福岡県福岡市と糸島市の境に位置する、標高382mの山。早良平野側から見るときれいな三角形をなす山容は、信仰の対象として古代から親しまれてきた。山裾には、弥生時代中期初頭の王墓として注目を集めた吉武高木遺跡(国指定史跡)に代表される豊かな埋蔵文化財が点在する。山頂からは、永久二年(1114)銘の瓦経が出土しており、信仰の古さを裏付けている。登山口は飯盛神社がポピュラーで、50分ほどで山頂にたどり着く。山頂は広く、一段下にベンチもありゆっくり休憩できるが、木々に囲まれており思ったほどの眺望はない。山頂から高地山へと登山道が続いており、その先には叶岳~高祖山の縦走路がある。

  • 高祖山

    標高:415 m

    体力度
    1 3

    福岡県福岡市と糸島市の境に位置する、標高415mの山。8世紀に築かれた怡土城の痕跡(国史跡)や、戦国時代この地域で勢力を誇った原田氏の高祖城跡が残り、歴史散策も楽しめる。その山容が、牛が長々と寝そべっている姿のように見えたことから、地元では「臥牛山」と言われ、糸島市内の広い地域からその山容を望むことができる。南の高地山(419m)、東の叶岳(341m)までミニ縦走を楽しむことができ、周回がおすすめだ。山頂は木が茂り眺望があまり良くないが、途中の尾根から博多湾や福岡市街、西に可也山や浮嶽、羽金山、雷山など脊振山系の山々が眺められる。遊歩道はよく整備されており歩きやすい。山麓には神社も複数あるので合わせて散策してみよう。

  • 体力度
    1 3

    福岡市西区の低山。山頂からの眺望が素晴らしい。今津湾や博多湾を望むことができる。山頂にはベンチやテーブルあり。 今宿上ノ原側から登る際は叶岳登山口駐車場に車を止め、舗装路を歩いて登山口にアプローチする。バスも同様に叶岳宮前バス停で下車。女原方面や周船寺方面から登るルートもあり。 低山ながらなかなかの急登で登りごたえあり。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す