大峯奥駈道 その2(山上ヶ岳~太古ノ辻)

出典: Wikipedia

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)は、吉野と熊野を結ぶ大峯山を縦走する、修験道の修行の道。1000-1900m級の険しい峰々を踏破する「奥駈」という峰入修行を行なう約80kmに渡る古道を指す。 2002年(平成14年)12月19日、国の史跡「大峯奥駈道」として指定された。ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年〈平成16年〉7月登録)の一部。

このエリアについて

掲載されている山

山上ヶ岳, 大普賢岳, 行者還岳, 弥山, 弥山小屋, 八経ヶ岳, 釈迦ヶ岳, 仏生ヶ岳, 深仙ノ宿, 太古ノ辻

  • 七曜岳

    標高:1575 m

    体力度
    3

  • 体力度
    3

  • 弥勒岳

    標高:1687 m

    体力度
    3

  • 観音峯山

    標高:1347 m

    体力度
    2

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す