恵那山・大判山・神坂山

出典: Wikipedia

【注意】 2021年8月の大雨により登山道及び林道の崩落・土砂が発生しております。 以下ルートは現在通行止めです(2021年8月18日現在)。 ・黒井沢ルート 詳しい情報は中津川市及び阿智村にお問い合わせください。 恵那山(えなさん)は長野県阿智村と岐阜県中津川市にまたがる、木曽山脈(中央アルプス)の最南端の標高2,191 mの山である。日本百名山及び新・花の百名山に選定されている。

このエリアについて

掲載されている山

恵那山, 大判山, 神坂山, 富士見台, 南沢山

  • 体力度
    3

    恵那山は、長野県阿智村と岐阜県中津川市にまたがる中央アルプス南端の山。日本武尊や「日本アルプスの父」W.ウエストンゆかりの山で、『万葉集』や島崎藤村の『夜明け前』にも登場する。特徴的な大きな櫛形の山容は、濃尾平野や岡崎平野などからもその姿を望むことができる。山名の由来は、天照大神の胎盤(胞衣=えな)が埋められたことによる。登山道は、長野県側の広河原ルートと岐阜県側の黒井沢ルート、前宮ルート、両県境の稜線をたどる神坂峠ルートの4本。前宮ルート以外は、タクシーかマイカーでアクセスする。山頂に展望櫓があるが、周囲にトウヒやコメツガなどの背が高い針葉樹林があるため、展望はいまひとつ。

  • 体力度
    3

    富士見台(ふじみだい)は、岐阜県中津川市と長野県下伊那郡阿智村に跨る標高1,739mの高原で、富士見台高原が通称。中央アルプス国定公園及び胞山(えなさん)県立自然公園に含まれ、山頂からはすぐ南部にある恵那山を始めとして北アルプス、御嶽山、中央アルプス、南アルプス、日本百名山23座を望む360°の大展望を楽しめる。富士見台という名から山頂で富士山が見えると思われがちだが、実際には見えない。名前の由来としては、その昔「山伏岳」と呼ばれていたが、明治時代に富士遥拝所(遠く離れた所から神仏などを拝むために設けられた場所)が設けられたため、富士見台と呼ばれるようになったことから来ている。7中旬にはササユリ、10月には紅葉が楽しめる。

  • 体力度
    3

  • 千両山

    標高:1662 m

    体力度
    3

  • 湯舟沢山

    標高:1570 m

    体力度
    3

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す