Photo by よっち

暑寒別岳

出典: Wikipedia

暑寒別岳(しょかんべつだけ)とは、北海道空知総合振興局西部と、留萌振興局東部の3郡4町にまたがる、標高1492mの山。 暑寒別天売焼尻国定公園内にある。増毛山地の主峰で第三紀火山のなごりである。山名の由来はアイヌ語で「滝の上にある川」を意味する「ソー・カ・アン・ペツ」より。冬の季節風が厳しいため積雪が多く、初夏でも残雪が多い。平成20年の三角点標高改訂により1491.4mを1491.6mに変更された。 【登山道】 ・登山口は増毛町側の暑寒荘か箸別、もしくは雨竜町側の南暑寒荘から登山をする。 ・雨竜町側から登った場合は白竜ノ滝を経て、「北海道の尾瀬」とも呼ばれる雨竜沼湿原の中を通る。

このエリアについて

掲載されている山

雨竜沼湿原

  • 恵岱岳

    標高:1060 m

    体力度

  • 壮志岳

    標高:683 m

    体力度

  • 暑寒別岳

    標高:1491 m

    体力度
    3

    暑寒別岳(しょかんべつだけ)とは、北海道空知総合振興局西部と、留萌振興局東部の3郡4町にまたがる、標高1492mの山。 暑寒別天売焼尻国定公園内にある。増毛山地の主峰で第三紀(約400万-200万年前)に活動した火山。山名の由来はアイヌ語で「滝の上にある川」を意味する「ソー・カ・アン・ペツ」より。冬の季節風が厳しいため積雪が多く、初夏でも残雪が多い。山頂には一等三角点(点名は「暑寒岳」)が設置されており、平成20年の三角点標高改訂により1491.4mを1491.6mに変更された。日本二百名山、および北海道百名山と北海道の百名山に選定されている。

  • 東暑寒岳

    標高:1126 m

    体力度

    東暑寒岳(ひがししょかんだけ)は、北海道増毛郡増毛町と北竜町の境に位置する標高1126mの山である。日本二百名山に選定されている暑寒別岳(しょかんべつだけ・1491m)から東に伸びる稜線上にあるが、登山コースはない。国土地理院の地形図にも掲載されておらず、1125.9mの三角点のみ記載されている。詳細は暑寒別岳を参照。 https://yamap.com/mountains/3935

  • 信砂岳

    標高:927 m

    体力度

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す