御座山

出典: Wikipedia

御座山(おぐらさん)は、長野県南佐久郡北相木村と南相木村とにまたがる山である。標高は2,112メートル。東京都・埼玉県・群馬県・長野県・山梨県にまたがり、関東地方と中部地方の境界をなす関東山地に属している。日本二百名山のひとつでもある。

このエリアについて

掲載されている山

御座山

  • 難易度
    3
    体力度
    2

    JR小海線が走る長野県東端、北相木村と南相木村の境に立つ孤峰。『先蹤者』(せんしょうしゃ)などの著書で知られる大正期~昭和初期の登山家、大島亮吉が日本山岳会の年報でその魅力を発信した山でもある。全山が深い森に覆われているが、岩峰となっている山頂部(行動に注意が必要)からは目の前の八ヶ岳や南アルプス、北アルプス、秩父などの大きな展望が広がる。また、例年5月下旬~6月上旬のアズマシャクナゲとイワカガミの群落はみごとのひと言だ。登山コースは数本あって、シャクナゲの群落を見るのなら北相木村側の白岩コース、より短時間で山頂に立ちたいのなら南相木村側の栗生コースがおすすめ。コテージのある北相木村・長者の森で前泊してここから登るのも楽しい。

  • 難易度
    体力度

    御巣鷹山(おすたかやま)は群馬県多野郡上野村にある標高1,639mの山である。 秩父山地の北部、群馬県南部の上野村に位置する。すぐ南側は長野県との県境の山であり、御巣鷹山はその山から群馬県側に突き出た尾根上に位置する。そのため御巣鷹山自体は県境にかかっておらず、標高も県境の山より低いため長野県側から当山を望むことはできない。山頂には「帝釈山」という名称の三等三角点が設置されている。 なお、山梨県の都留市・富士河口湖町にまたがる三つ峠にも同名の山が存在する。盛本昌広「軍需物資から見た戦国合戦」(2008年、洋泉社)によれば、巣鷹とは鷹狩りに使う鷹の雛のことで、巣鷹を取ってきて鷹狩り用に育成する関係から巣鷹を取る山は大名によって住民の立ち入りを禁止する等の施策がとられていた。

  • 垣越山

    標高:1797 m

    難易度
    体力度

  • 御陵山

    標高:1822 m

    難易度
    体力度

  • 男山(長野県)

    標高:1851 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す